« マジックと私―②― 三上直 | トップページ | マジックつれづれ独語――高見民司 »

2009年5月28日 (木)

マーカ・テンドーさんの訃報に接して

Tendo01  先週の土曜日例会日に、講師鈴木元先生より日本を代表するインターナショナルマジッシャンとして紹介がありました、闘病中のマーカ・テンドーさんの訃報が入りました。26日早朝死亡、28日10時30分より告別式とのことでした。その道は半ば、49歳と云う若さでした。残された最愛の奥様と幼少のご子息の今後をを考えると、なんと悲しいことでしょう。

  彼は一宮市のご出身ですが現在は茨城県のつくば市にお住まいです。舞台上の彼は日本人離れした長身、風貌で、海外でも一流のカードマジッシャンとしての存在を世界中の人々が認めるところでした。数々の世界的な大舞台を踏んでいらっしゃいます。

 記念すべき第一回テンドーコンベンションINつくばには、私もゲストとして出演をさせていただきました。素晴らしいゲストショーがあり、彼のようなマジッシャンを夢見る若者達がコンテスタントとして多数チャレンジして、コンベンション全体としてそのレベルの高さはマジック界に一石を投じました。

 彼の死は、日本のマジック界にとって、大きな損失でしょう。年代的にも、マジッシャンとしてのこれからの活躍に大きな期待がかけられていました。映画界の石原裕次郎の存在を思い出させるような、マジック界の”石原裕次郎”と言っても過言ではないような、日本を代表する大スターでした。彼のマジック界への偉大なる功績は、次の世代に語り継がれていくことでしょう。

 次回の6月第1土曜日の例会では、名古屋華マジカルグループの会員一同、彼のビデオを拝見しながら元気な頃を偲びたいと思っています。闘病生活はさぞお辛かったことでしょう。テンドーさん、どうぞ安らかにお眠りください。

                     大曽根みずほ 

 Cimg0001_2                                          

|

« マジックと私―②― 三上直 | トップページ | マジックつれづれ独語――高見民司 »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジックと私―②― 三上直 | トップページ | マジックつれづれ独語――高見民司 »