« マジックつれづれ独語―④―高見民司 | トップページ | 玉手箱 »

2009年6月23日 (火)

長野マジッククラブ第二回発表会に参加して

 去る6月21日(日曜日)、長野マジッククラブ第二回発表会に、我が名古屋華マジカルグループ講師鈴木元さんが特別ゲストとして招かれ、手伝い方々、来年度第一回発表会開催勉強のために会長も同行した。オリジナル的な独自の構想で、歩んでこられたお馴染みの”アヒルの元さん”がコミカルな演技を披露した。

 走る車に乗ったアヒル?が目の前にスイスイと、又、何処からともなくガアガアと次々とアヒル出現、羽ばたく様子に子供から大人まで拍手喝さいでした。ラストシーンでは、舞台一杯に広がったジャンボシルクからピーコックの出現演技に、観客からどよめきの声が聞こえた。ちなみに、今年の中部奇術連合会のゲストとしても、11月8日に名古屋市金山市民会館で出演されるそうです。お楽しみに!!

 昨年の第一回の発 表会同様、長野市民ホール606席は満席の大成功であり、来年度5月30日(日曜日)に初めて発表会を計画している我が名古屋華マジカルグループとしては、先輩クラブに学ぶところがたくさんあり、貴重なアドヴァイスもいただいた。

 先ず、会長ご夫妻、或るいはお孫さん兄弟、どちらも国内の主なるコンベンションにおいて、コンテストに数多くチャレンジして入賞され、マジック界の「ちょっとした有名人?」として話題となっている。会員の演技も、二回目の発表会とはとても思えない出来映えで観客を魅了した。

 チラシ等印刷物は全て会長の手描きだそうで、最近のイベントの広告類ではめったに見られない味わいある独自なものばかりで、こればかりは他では真似できそうもありません。又、会長以下ボランテアに取り組む姿勢には、その実績に並々ならぬ意気込みを感じ、身の引き締まる思いだった。

 ジェードさん特別友情出演の名古屋華マジカルグループ来年度発表会に、数多く学んだノウハウを生かしたいものです。その折には東文化小劇場に是非お出かけください。            

                                                     会長

Cimg0102  

|

« マジックつれづれ独語―④―高見民司 | トップページ | 玉手箱 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジックつれづれ独語―④―高見民司 | トップページ | 玉手箱 »