« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日 (土)

マジックボランテア日記-3-

happy01最近、吹上二ある有料老人ホームへ4人で慰問しました。note玄関を入るなり、中の雰囲気が活気にみなぎっているのを感じました。若い職員の人たちが50人ぐらいでしょうか?全員黄色のハッピを着用一人ひとり、挨拶するされる職員達のさわやかな笑顔が印象的でした。bell一階の大広間には、職員手作りの飾り物やアーチがたくさん飾られていてホームの夏祭りの日とのことでした。

  私たちグループは、3階の談話室へと案内されて、そこにはジュースや紅茶の飲み物、大皿に盛られてお菓子のふるまいがありました。notes何より感心したのは、職員のみなさまがソーラン節などの盆踊りを稽古をされて、自前の小道具の演出が盛り沢山で感心しました。karaoke今日は、全職員が出勤と聞きその心意気には感動しました。

  腹話術のKさん、袋卵やロープのMさん、電動の鳩だし2羽などなどのOさん、進行係の4人にも拍手をたくさん有難うございました。happy01入居者のみなさまいついつまでもお幸せに。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

マジックボランティア日記―②―

 8月26日、栄にあるラ・モーレ栄という、有料老人ホームへ慰問しました。

 参加したのは、会長、Oさん、Sさんの3人でした。今回は会長が進行役を務めました。

 最初は、Sさんで、ロープのマジック、カードを使ったマジック、カッププロダクション、選んだ色を当てる不思議な箱、袋卵などをやりました。

 ついでOさんが、鳩だし、新聞と水、色が変わるレコード、すだれから次々に傘が出るマジックなどを演じました。

 ホームの観客は、約40名ほどでした。みなさん、演技に集中して見てくださいました。中に元気のいい方が1人おられ、大きな声を出して反応してくださり、とても励みになりました。

 締めくくりは、会長が健康を維持して長生きする上で大事な5つのことを分かりやすく話しました。

 40分ほどのボランティアでしたが、皆さんに喜んでもらえたのでよかったと思います。

 Cimg0017                            Cimg0007                                                          

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

教育にマジックを②―三上直―

 マジシャンは、これから起こる出来事をよく知ってはいるが、観客は何も知らない。マジシャンは練習してきたように表現すればよいが、観客はその表現、メッセージ、動きを受け止めなければならない。

 人が30分間、じっと動かずマジックを見続けるのはかなり忍耐力がいる。マジックは楽しいというのは見る側にとってではなく、やる側にとってであることが多い。マジックを見るというのは意外に疲れるものである。

 だから、私はマジックショーに種明かしの時間を設けている。それによって、このときばかりは、見る側からやる側になってもらうのである。

 公開してはいけない種明かしはしないのはもちろんである。

 原則として全員に行う。種明かしによって疑問が解ける。「うーん、そうだったのか。」教わった通りにやってみて、うまくいったとき、ささやかな感動を味わう。「ほう、なるほど。」お互いが教えあい、演じあうことで場が和む。少なくともこの時、観客が主体である。

 私は、お客さんに楽しんでもらえるマジックを心がけている。また、見ていただいて有難うございますという気持ちでやっている。楽しんでいるのはマジシャンなんだから。しかし、マジシャンだけが楽しんでいてはいけない。

 これは、授業における教師と児童生徒の関係に似ていると思う。

素材ナンバー 56585 : 「トランプ」

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

教育にマジックを―三上直―

 ここに箱とサイコロとふたがある。マジシャンは後ろを向いている。子どもが箱の中にサイコロを入れてふたをする。マジシャンは後ろ手に箱を受け取る。前に向き直って箱を見つめる。ふたをしたまま、マジシャンは箱の仲のサイコロの目を当てる。

 このマジックを何回かやってみせる。何度やっても当たる。どうして当たるか考えさせる。どの面を見ても正方形である。マジシャンは自然の動きの中で、堂々とサイコロの目を盗み見ているのである。

 このマジックは教材になると思う。牛乳パックの底面は一辺7cmの正方形である。これを使って箱を作る。サイコロとふたは厚紙で作る。サイコロは一辺6.5cmの立方体が丁度よい。

 道具を作るという過程で、長さや形、立法図形を理解してくれたらいい。色塗り、ニス仕上げで補強をして立派なマジック道具の完成である。

 さて、この道具を使ってマジックをする。このマジックは、相手にどんなことをして欲しいか、どんな不思議いさを見せたいのかを分かりやすく、的確に説明する必要がある。これが実は難しい。しかし、これも何度も何度も練習する中で精選がなされる。

 このマジックは形を学び、言葉を学ぶことができる。

 lovelyコメント by H.Suzukiwink

 このマジックは、H.Suzukiが合宿で披露したのとほぼ同じです。H.Sがやったのは立方体が色分けしてあり、色を当てるものでした。

 先日、ある所で学生のが参加したマジック勉強会を覗きました。すると保育科の女学生が、自分で工夫して牛乳パックで作り、サイコロには動物の絵が描いてありました。工夫をして自分の対象者に合わせて作ったのが素晴らしいと感心しました。

Cimg0038

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »