« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

マジックに学ぶ②―三上直―

 時々自分を振り返ってみる。前とは考えが変わってきたことも多い。それは歳のせいばかりではないと思う。

 マジックを習い始めた頃、その不思議さに驚くばかりであった。なんでも吸収しようと貪欲だった。マジックと聞けば興味をもって近寄った。いろんな人から教わった。書物も集めた。少しやれるようになると、発表会にも出た。子ども会にも呼ばれたりした。たくさんの道具を用意して、準備万端整えて、せいいっぱい時間の限り演技した。見ている人たちに、「どうですか。どうですか。不思議でしょう。」と一生懸命にアッピールした。力を抜くことがなかった。

 今になって思う。きっと見ていた人たちは力のはいったマジックをリラックスして見ることはできなかっただろうと。道具をいっぱい用意して次から次へと繰り広げる不思議さにうんざりしていただろうということである。

 十のマジックを用意して七で止める。これはマジックの心得である。もう少し見たいなあというところを残して止める。その余韻がマジシャンを快く印象づける。

 いつも全力投球、一生懸命の頑張りはお互いが疲れきって、もうたくさんという気持ちになる。縁あってこの場にいるのです。お互い力を抜いて少しの時間を楽しみましょう。ちょっと時間が余りましたが、またの機会に私のマジック見てくださいと引き下がる。

 何事も腹七分目がよいようである。

 

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

ボランテイア日記ー⑨-

10人程のデイケアセンターに、いつものように運転手として、男性1人と女性2人の会員を乗せて、ボランテア活動にいってきた。久しぶりの雨の中、1台の車に相乗りをして行った。閑静な住宅街の一戸建てが施設となっていた。出演者の会員達はそれぞれ、入口付近の廊下の隅で着替えをしたり、ながら準備をしたりして、「さあ!スタート」。程よい緊張感の中、始りました。

 マジックの演技中に、前列の女性の一人の方が、「あれは種も仕掛けもあって、そのように作られているんだよ。」と、同じことを何回となくお隣の方に説明していた。お隣の方からは、[お静かに!」と度々ひんしゅくをかっていたが、止まる気配はなし。又、一人の男性の方は、雨の戸外が気になり、玄関に行っては靴を探して外に出ようと何回も試みていた。もう一人の女性の方は、「もっと手早くやって見せて!」と注文を付けるなど、いろいろな言動があったが、拍手と笑いの中でのマジックショーの30分は、あっという間に終了となった。

 しかし、その都度スタッフの皆様の根気よい適切な対応やお心使いに、頭が下がる思いでした。ボランテア経験の浅い女性会員の二人でしたが、最後まで笑顔を絶やさずに終えることができた。終わってからは、みなさまとお茶をご一緒しながら、マジックの楽しみ方等の話をして交流が進んだ。

 帰りには「又、マジック見せてね!」というみなさまからの一言に、[またお会いしましょうね。」と、今日も充実したボランテア活動の一日でした。お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

リフレ陽明慰問―ボランティア日記⑧―

 10月20日、デイケアの「リフレ陽明」を慰問しました。通りに面した小さな施設でしたが幅広い建物入り口の前にいろいろな花の鉢を置いてかざってありました。

 入り口を入ると、そこがホールで、テーブルが置かれ、利用者の皆さんが集まっておられました。男性が一人と女性が7人でした。こじんまりとした感じです。スタッフは、女性が4人、男性が一人で利用者の割りにはスタッフが多いようでした。

 行ったときは、まだ入浴サービスを受けておられる方がいたので、揃うまでちょっとしたお話をしました。

 Sさんが、自分の実践にもとづいた健康法の話を10分ぐらい、その後会長が5か条の長生きのキーフレーズを話しました。

 最初に、Sさんがやりました。1本のロープから輪ができる手品でスタートでしたが、「オー」という声が上がりました。シルクをはずす手品やカード手品、赤い箱をつかって当てる手品などどれも「オー」とか「エッ」とか声が聞かれ、マジックに興味を持って見ておられることが伝わりました。スポンジボールでは皆さんに参加したもらい不思議さを楽しんでいただきました。

 続いて、利用者と同じぐらいの高齢のNさんが、ロングドレスに黒い帽子のステージ衣装で登場しました。虹のロープで始まり、紙の袋からきれいな箱を幾つか出したり、品物を出して驚かせていました。筒から傘を取り出し、更につながった傘を取り出すと、大きな歓声が上がっていました。長い虹のシルクを出すのもベテランならではの演技でした。他には、生卵の手品や袋卵を披露して不思議がられていました。

 最後に、Oさんが演じました。3個のコップを使ったカップアンドボールは、手練のいるマジックですが、今日が初めて演じたというのに、鮮やかに演じて、「どうして?」「どうなってるの?」などの声が上がりました。お得意のレコードの色変わり、白い紙をお札にする手品。そして、使ったシルクを袋に入れてロープを出し、利用者さんに輪を作ってもらい、できた3つの輪をつなぐマジックなどどれも大きな驚きの声が上がっていました。

 終了後みなさんとお茶を頂きました。スタッフの中にマジックを目の前で見るのは初めてという方が2人いました。新鮮な驚きがあったようです。利用者の方々もマジックを集中して見て下さり、声をあげて反応してくださったので大変やりがいがありました。

 Sさんは、「男性としては、こういう素敵な女性スタッフがたくさんいるところにお世話になるのがいいですね。」と言ったら、たったひとりの男性利用者さんが大きくうなずいておられました。

Cimg0070

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

秋祭り東山タワーマジックショー

 11日、東山動物園の秋祭りの一環として、隣接する東山タワー展望室でのマジックショーに出演させていただいた。マジックキャリアの長い大ベテランのKさんとOさんの二人で1時と3時の2回出演した。東山タワーは初出演の二人でしたが、Kさんのマジックはド迫力満点、素晴らしいの一言。Oさんもいつもより気合十分、拍手喝さいに熱演の二人だった。

 3連休の中日でもあり、朝10時半ごろには駐車場は早くも満車の看板が置かれていた。秋晴れの最高の日和となり、若い家族連れであふれていた。開演の時間になったら、身動きがとれないほどの大勢の観客であり、大変な混雑ぶりであった。

 その、観客の中に高校生らしい男性がいて、ショーが終わっても席を立たずに、あれこれマジックに関する質問をされた。そして、席を立たずに2回目のマジックショーも続けて見ていた。マジックに強い興味を持って独学で勉強し、2ー3年前からボランテア活動もしているとのことであった。

 24日の例会日には、クロスアップマジシャンも来られる予定なので、見学にいらっしゃいとのお誘いをしたら快諾されて、入会希望との話であった。11月8日には、名古屋華マジカルグループの講師鈴木元先生が、金山の市民会館で開催されるコンベンションに出演されるご案内をしたら、ぜひ見に行きたいとのことであった。

 マジック大好き少年との思わぬ出会いや、大勢の観客の拍手をいただき、今日も良き思い出に感謝、感謝の一日であった。

                               

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

松本、飯田マジック公演を終えて

 10月8日の木曜日に、松本市でワールドマジックショーが、9日は飯田市にてデナーショーが、そして10日は同じく飯田市でワールドマジック・コンベンションが開かれた。今回それらのマジックショーに出演を依頼された。

 一週間ほど前から大型の台風18号が接近するということであった。当日の10月8日は台風が日本に上陸し名古屋近辺を通過する可能性が高いと天気予報では報じていた。それで、もし高速道路が通行止めとなったら大変と前日の7日に名古屋を出発した。やはり予想が的中して、8日は鉄道の運休や高速道路の通行止めが相次いだ。台風は飯田地方や松本付近を通ったのだ。出発を一日早めたので難を逃れることができたが、この一週間は、祈るような思いの日々であった。

 松本のマジックショーは、夕方6時からだったので台風一過のさわやかな秋晴れの下、観客のみなさまは会場に足を運んでくださった。マジックショーは盛会のうちに無事終了となりほっと胸をなでおろした。

 ゲストの顔ぶれは華やかで、ロスアンゼルスからはバルーマンご夫妻が来られた。他には、ブラボー中谷さんとはるちゃんや、ふしぎ良さん、アガックさんやミスター元さん(名古屋華マジカルグループ講師)、それにみずほであった。

 飯田での前夜祭デナーショーは、9日飯田市街を眼下に見下ろす風光明媚な立地条件の、宿泊ホテル「グランビュー大宮ホテル」大広間で行われた。夕方6時より松本のマジックショーに出演したゲストや主催関係者も出演されて、大変にぎやかで和かな雰囲気の中で行われた。

 10日は同じ飯田市でのコンベンションで、コンテスト午前中に開かれた。午後はリハーサルがあって、4時からゲストショーであった。ゲストショーでは、午前の観客とは別に一般の観客もあり、ほぼ満席となった。地方でのコンベンションとしては、独自の工夫の中で成功裏に終えられたことに学ぶことが多かった。

                   みずほ

                                                 10月の第二回例会について

 会場の予約の関係で、第3週の土曜日が確保できませんでしたので、第4週の10月24日に、いつもの名古屋市女性会館で開催いたします。お間違いのないようにお気をつけください。

 

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

ボランテイア日記‐⑦ー

 10月2日は、朝から最近にない土砂降りの雨の日でしたが、瑞穂フォーラムの取材もあり力が入った。

 この日は、瑞穂高校の文化祭の日でした。文化祭に初めてマジックショーを取り入れたいから来てほしいと、依頼が入っていたので行って出演した。久しぶりに学生たちの歓声高らかな校舎に入り、何か身の引き締まる思いであった。

 マジックショーでは,可愛いOさんはロープとカラーダックの演技も軽やかにとても若々しく感じた。また、タキシードにハットがお似合いの、やはりOさんも鳩だしなどを手慣れた手つきで演じ、若い生徒たちからの拍手にご満悦の様子。会長は初めてすだれパラソルに挑戦したがまずまずの出来にほっとした様子だった。 都合により、欠席の続いているDさんもこられた。

 帰りには生徒たち手作りのドライカレーなどのお弁当を売店で買って食べた。生徒たちの笑顔と、どこからともなく聞こえる歓声は、とても懐かしく心に響いた心地よい一日でした。

 にこやかに応対してくださった担当の先生、有難うございました。

                                        会長

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »