« ボランティア慰問 | トップページ | 中部国際空港 セントレアにてマジックショー »

2010年4月14日 (水)

ボランティアで慰問

 4月12日、瑞穂区の「セントラル堀田」にマジックで慰問をしました。セントラル堀田は、1階に部屋の壁いっぱいの大きな鏡をはめ込んだ広い集会場があり、まるでバレーのスタジオのような感じでした。鏡の前にマットの台があり、そこで一部の人たちはリハビリをしてもらっていました。

 今回はデイケアに来ている人たちが対象でした。 マジックは定刻の2時に始めました。観客は25名ぐらいで、男性の方が多い感じでした。

 私たちは 、8名で行き、それぞれの得意のマジックを披露しました。

 Oさんがパラソルのプロダクションを見せて、みなさんを驚かせていました。

 Mさんは、フラワーのプロダクションを中心に披露をして華麗な演技に大きな拍手が湧きました。

 HさんとOさんのコンビは、小学生に扮してコミカルなマジックを見せて、皆さんを楽しませました。

 Sさんは、お札の印刷器や大きな拡大器を使って、ちょっとH?なマジックで男性の笑を誘っていました。

 Mさんは、長いロープを使って結び目ができたりなくなったりする不思議なマジックを見せて、観客を煙にまきました。

 Iさんは、筒からシルクを出すマジックなどの最後にきれいなテープを出すファンタジックなマジックで観客を魅了しました。

 セントラル堀田慰問は2回目でしたが、今回は規模の大きいマジックで楽しんでいただきました。

Cimg0055

Cimg0048

 

  

|

« ボランティア慰問 | トップページ | 中部国際空港 セントレアにてマジックショー »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボランティア慰問 | トップページ | 中部国際空港 セントレアにてマジックショー »