« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月23日 (水)

YMG 第48回横浜マジカルグループ発表会レポート

 日曜日2月20日第48回(YMG)横浜マジカルグループの発表会に行ってきました。5~6年前よりご縁がありまして、毎年参加させていただき交流を重ねています。会員さんは約50名だそうで毎回満席です。発表会の内容はもとより運営についても、演出や照明、音響等、スムースに運び、終了時間も予定時間ぴったりで、長年の歴史を感じました。

 5月の名古屋華マジカルグループの特別講座の講師クロッキー(マジックアーテスト)さんは、渚晴彦さんとYMG の特別会員でいらっしゃいます。今回の発表会では、出演者全員の演技指導を依頼されたそうで、打ち上げパーテイでも演技面について講評をしておられました。パーテイでは、今は亡き高木重雄先生の奥様や山田会長から、10月には鎌倉の発表会にとお誘いのお話をいただきました。昨年は都合できず参加できなかったが、今年は是非参加してご報告したいと思っています。

 開場までの時間は、クロッキーさんと合流して講座の詳細について、打ち合わせを致しました。東京都内でプロマジッシャンとして定期的にライブなどを行っておられます。彼は、語学堪能でバイリンガル、パーテイ会場ではいつの間にかステージ上で、ノリノリの独自のスタイルに皆が引き込まれてしまうのです。ダイソーやドンキホーテのマジック用品開発部門等ビジネスマンとしての顔もあり、エンターテーナーとしての彼の存在感は、皆が認めるところです。5月の講座をお楽しみに。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

貴重な経験ができました

 sun 最近に無い穏やかな天気に恵まれて、待ちに待った例会のひとと時もあっと夢のように過ぎ去ってしまいました。プロマジッシャンンと他講師2人をお迎えして、なんと贅沢な時間だってことでしょう。

 club レクチャーの後も見事な手さばきと実演にたくさんの拍手が送られました。会員たちからの質問にも丁寧にお答え下さり感激しました。

 bell プロジェクターによる映像では、海外男性マジッシャンとのコラボレーションで、マリリンモンローのあの有名な「7年目の浮気」に扮した女性が次々に瞬間的に衣装チエンジをして行くもので、めったに見られない貴重な映像だと驚きました。

 clock ティタイムでは会長から差し入れのおいしい煎餅をいただきながら、和かな雰囲気の中で交流も進み、マジックを愛する仲間たちの至福のひと時は静かに流れていました。

                                     

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

例会にプロマジシャン訪問予定

 連日厳しい寒さが続いていますが、体調はいかがですか。体調管理に心がけて、19日の例会参加をお待ちしています。

 名古屋華マジカルグループ例会に、嬉しいことにKプロマジッシャンが初めて訪問して下さることになりました。会員の皆様のために、何かレクチャー(演技)をお願いをいたしました。

 又、カードマジッシャンのIさんも来られますよ。豪華メンバーお二人の訪問客は、めったにないことです。会員の皆さま19日例会をお楽しみに。

                                     

                   

                                      

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

刈谷マジッククラブ「マジック発表会2011」

 2月6日(日)の午後1時から刈谷マジッククラブの発表会がありました。「マジック発表会2011  楽しく・不思議に・華やかに」とプログラムに書いてありました。

 会場は、新しくできた「刈谷市総合文化センター 小ホール」でした。名古屋華マジカルグループから見に行く人たちは、11時にJR金山駅に集合して、11時6分の快速電車で行きましたが、20分程度で刈谷駅に着きました。

 駅の南口から道続きで行った所に会場があり、大変便利でした。私たちが着いたときは開場の1時間も前でしたが、すでに並んでいる人たちがいたので驚きました。

 開場時刻までに多くの人が並びましたが、春日井とか多治見とか名古屋とか遠方から来ている人がたくさんいました。歴史の古いマジッククラブなので皆さんが楽しみにしてこられるのだと思いました。

 会場に入ったところのロビーには、バルーンアートが飾られていて刈谷マジッククラブに歴史などを紹介してありました。

 定刻の13時ぴったりに、会が始まりました。280名収容の会場は既に満席でした。

 演技は、3部に分かれていました。第一部幕開きは会長の加藤年一さんで、イリュージョンなどの演技でしたが、箱からアシスタントのきれいな女性が出てきたので初めて見たKさんは、「どうやって箱に入ったの?」と驚いていました。入れ替わりもスムースで本当に驚きのパフォーマンスでした。

 ファウンテンシルクとかコッププロダクションとかカードとかリングなど多彩な演目が巧みに演じられました。シルクが左右に飛んだり、会場を渡ったりする刈谷マジッククラブのお得意の見せ場もふんだんにありました。

 第一部にはコミカルなものもあり、楽しく見ることができました。

 第2部は、これも刈谷マジッククラブ恒例?のコミカルな劇仕立てのマジックをみんなで楽しむものでした。みんなは笑って心がほぐれました。

 休憩の後の第3部は、会に長く所属しているベテランが中心だということでした。

 魔女に扮してのマジック、珍しいシガレットのマジック、CDを巧みに使ったマニュピレーション、ハンガーの脱着、若い女性の柔らかなダンシングケーン、火を使ったシンプルや火の玉のゾンビ、大きなフラワーの取り出しなどなど・・・・バラエティーに富んでいて楽しい演技に時間を忘れました。

 昨年も行った人たちは、今年はさらによくなっていると感心していました。

 来年の2012は同じ刈谷市総合文化センターの小ホールで、2月19日(日)に開催予定だそうです。

 また、サロン&テーブルマジック発表会を10月23日(日)13時から、同じ場所で開催する予定だそうです。とても意欲的な取り組みです。

Photo

 

 

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »