« ボランティアで瑞穂小トワイライトへ | トップページ | 東北関東巨大地震の恐怖 »

2011年3月14日 (月)

バルーン教室参加レポート

 3月13日(日)午後一時から、刈谷市レクレーション協会主催のペンシルバルーン教室があり、名古屋華マジカルグループからは小学生を含む3名参加した。最近にない温暖な好天に恵まれて、会場であるウイングアリーナ刈谷運動場公園には、スポーツを楽しむたくさんの子供たちの歓声が響き渡っていた。

 30名の参加者の中には親子連れの方々も多く、初心者と経験者の二グループにに分かれて教えていただいた。100本のペンシルバルーンと空気入れポンプ一本が渡されて参加費は1500円となっていた。ネズミ、プードル、キリン、たこのはっちゃん、刀、花など童心にかえって楽しむことができた。

 一緒に参加した小学生の円ちゃんは、プードルがお上手、お姉ちゃんのお土産にと各色のプードルを集中的に作っていた。作品は大きなビニール袋に二つ、軽いが中身はカラフルで夢一杯の風船の作品で大きく膨らんだ。終了後は、10分ほどマジックのショータイムを楽しんだ。

 帰り道には、行き交う子供たちに一つずつ風船のプレゼントをしながら帰宅した。何歳になっても、子供のようにはしゃぐ大人たちを周囲に感じながら、自らも久しぶりに我を忘れて夢中になった春の良い一日でした。

|

« ボランティアで瑞穂小トワイライトへ | トップページ | 東北関東巨大地震の恐怖 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボランティアで瑞穂小トワイライトへ | トップページ | 東北関東巨大地震の恐怖 »