« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

 朝日新聞6月25日夕刊に、柴田トヨさんの次の詩が掲載されました。

 トヨさんは、この詩にもあるように、息子の健一さんの勧めで、90歳を過ぎてから詩を作り始めて、昨年、詩集を出版し、大ベストセラーになって皆さんに親しまれています。

 100歳になったのを記念して第2集を出版されるようです。楽しみです。

      手紙

      ―天国の両親に―

 おとっさん おっかさん

 トヨは百歳になりました

 二人が見守っていてくれた

 おかげです

 

 連れあいも そちらに逝って十八年

 一人暮らしは きついけど

 多くの人に支えられて

 とても幸せ

 健一も 元気ですよ

 六十六歳になったの

 私に詩作を教えてくれた

 だから寂しくはないわ

 おとっさん

 焼酎ばかり 呑んでいてはダメよ

 おっかさん

 働きすぎないでね

 

 連れあいは どうしてます?

 私のこと

 心配してくれてるかしら?

 郵便配達の そよ風さんが

 外で待っているわ

 ペンを置きます

追伸

 トヨはもう少し

 こちらで がんばります

 まだ 連れには

 来ないでね

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

第2回名古屋華マジカルグループ合宿セミナー

 名古屋華マジカルグループ第二回合宿セミナーとして8月27日(土)、28日(日)を予定をして計画を進めています。

  第一回は2年前、岡崎市の山荘で他グループと合同で楽しみました。小高い山頂から見下ろす風景は、眼下に三河湾を眺め、夜はマジック談義のあれこれ、緑に包まれた森の中の早朝は、小鳥たちのさえずりで目が覚めた事、昨日のことのように思いだします。

 第二回合宿セミナーは、知多半島のホテルにゲストとしてTAMC(東京アマチュアマジッシャンズクラブ)会長の坂本圭史先生をお迎えすることになりました。TAMCは、100人規模の男性会員を有し、国内ではその規模と活動ぶりからマジック界のエリート集団とも言われています。会長の坂本先生におかれましては、全国的にマジック講演活動を展開しておられ、光栄にも先生のご厚意により、名古屋華グループでの講演が実現の運びとなりました。

 5月5日に常任講師の鈴木元さんが、ヤクルトホールで出演された折、会場で観客としてご覧になった坂本圭史先生が、その演目の中の「物品拡大機」をご覧になって大変感銘を受けられたそうです。考案者のマジック研究家坂本種芳さんを(坂本先生のお父様)偲び、今年のTAMCの発表会の演目の一つとすることをお考えのようです。

 坂本先生の講演が楽しみですね。知多半島の磯の香りの中で、夜は潮騒を聞きながらの情報交換やマジック談義等、今から期待が膨らみわくわくします。人々の出会いによるご縁とは、不思議なものですね。今年のTAMCの発表会は10月23日(日)です。ご一緒にTAMCの発表会を観に行きませんか。

Photo

| | コメント (0)

2011年6月21日 (火)

長野マジック発表会レポート

5月18日(土)は名古屋華グループの例会でした。その翌日長野マジック第4回発表会が若里ホールありました。長野マジックとして設立スタートは、私たちより一年早く、何かと学ぶところが多く、名古屋華の先輩クラブとして見つめてきました。会長ご夫妻のマジックに取り組む積極的な姿勢に魅力を感じ見習ってきました。

当グループ会長と常任講師のSさんがゲスト出演をさせていただいておりました。第三回発表会はクラブ同士連携してサンフランシスコより「ジェード」をゲストとしてお招きをし、マジック界の話題を集めました。

今年は若手東大卒弁護士のマジシャン外岡潤さんがダイナミックに傘のプロダクションを演じられました。そして来年のゲストはジョージ本田さんの予定だそうです

常任講師のSさんと2人早朝8時の特急しなの号で出発して、5時出発のしなの号に飛び乗り、8時ごろ着の旅でした。帰路は松本マジッククラブ会長や、一宮マジッククラブクラブ会長達と4人のマジック談義となり、情報交換の貴重な時間となりました。

今日のプログラムの中で、会長ご夫妻の出し物は「ひまわり」をテーマとした新しい作品で、華やかさがひときわ観客の目を引きました。また、小学6年生のお孫さんも出演して、カードやステッキを使った少年らしいきびきびとした演技に、会場からのたくさんの拍手が印象的ででした。どちらも全国的コンテストに何度もチャレンジされて、高い評価を収めらておられます。

606席は例年のように満席でした。会員たちは出演のみならず、会場整備や舞台の運営に大忙しの対応に追われていました。遠方からは名古屋方面の他、仙台、東京、千葉からもきていました。会長ご夫妻のご活躍ぶりがうかがわれました。名古屋華グループ一同も先輩クラブにあやかって、今後益々の成長を目指して頑張りましょう。

| | コメント (5)

2011年6月17日 (金)

おひとり暮らし給食会のマジックボランテア

 notes以前、会長が地域の民生委員としてお世話になった民生協議会より、名古屋華マジカルグループのマジックショーをやってほしいとボランテア依頼の話がありました。女性会や、民生委員会、他の役員さんなどがお世話係をする地域の独居老人の為の給食会です。4~5年前から地域のコミニテイセンターで、年一回依頼を受けて給食会の後、マジックシヨーをしてきました。

 notes毎年、独居で65歳以上の方々約80名や、老人会の方々も参加しておられました。女性会(約20名)の皆さんが作られた手料理を、民生委員会(約10名)の皆さんが配ぜんや後片ずけ等を手分けしてお世話していた。限られたスペースの中で、エレベーターの無い1階と2階に分かれて上り下りをしながらの給食会です。朝は8時から午後の3時頃まで長時間のお手伝いです。

 notes当日は雨天でもあり、約60名の参加者でした。出演者は二人の予定でしたが、元民生委員の会長にも来て交流を深めて欲しいという話となって、会長も参加しました。

 notes私たちボランテア3人も同じ給食をいただきましたが、ハヤシライスにスープにサラダとゼリー等、とても美味しくいただきました。会長挨拶の後、最初は日進市から来たMさんでした。白の燕尾服が良くお似合いで、何回見てもついうっとりしてしまいました。勿論観客からも、たくさんん拍手いただきました。嬉しい瞬間ですねhappy01

 notes次は、数か月前に入会されたIさんの演技でしたが、トーク付きのショーでこれが面白かったです。私はIさんとは初めてボランテア同行です。演技力の中にその人の個性が良く出るなどと、マジッシャンの先輩からは聞いてはいたが、そのことを思い出しました。気合の入った迫力満点のトークに、観客から拍手喝さいでした。happy01

 notes15分延長で、全員参加型のトレーシングペーパーを配ってのお遊びに興じました。初めての体験に、参加者たちは口ぐちに「不思議だねー」と何回も裏返して楽しんでいました。高齢者を支援する地域のコミニテイの中に大家族を思わせるような暖かい雰囲気がありました。給食会関係者の皆様、お疲れ様でした。happy01

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

Mr.クロッキーさんから聞いた素敵なコトバ―あいうえお―

 先日、名古屋華マジカルグループで東京からプロのマジシャン、クロッキーさんを招いて公開講座を開きました。

  会が終わってから一部の人たちと、近くの喫茶店に行ってコーヒーブレイクをしました。そのときにMr.クロッキーさんから聞いた話の中に、「あいうえお」を大切にしているというのがありました。

  「『あいうえお』って何のこと?」と思って聞いていましたら、「愛・命・運・縁・恩」のことだそうです。クロッキーさんは、この言葉を数年前に聞いて、いい言葉だと思ったそうです。

  「カキクケコ」とか「サシスセソ」とか五十音を頭につけたよいコトバは聞いたことはあると思います。でも、「あいうえお」をつけたのは初めてでした。

それでインターネットで、この言葉を誰が最初に言ったのかを調べてみましたが、わかりませんでした。この言葉がよいとか座右の銘にしているというはたくさんありましたのウェブログを作ってください。

  その中に「むかーし昔聞いた」という女性のがありましたのウェブログを作ってください。ということはかなり以前からあったようです。多分どこかのお坊さんが言ったのかも知れないと推測します。

最近では、堀北真希という若いタレントがテレビで話したのを聞いたとか、綾瀬はるかが言っていたとか何とかいう歌手がラジオで言っていたなどというのもありました。

2月23日の朝日新聞のフロントランナーで村松俊亮ソニーエンタープライズ社長が座右の銘にしているのから知ったというのもありました。大黒摩季の父親が最初に言ったと書いてあるブロッグもありますが真偽のほどは分かりません。

そういうのを聞いていい言葉だと感じて座右の銘にしたり、毎日口ずさんだりしている人がいるようです。

  クロッキーさんによると、「愛」は大きく包み込むような愛のことで、「嫉妬」はいけないが、本当の愛があれば嫉妬は抱かなくなると話していました。

   「命」の大切さは言わずもがなで、これがあっての全てです。

  「運」は、生まれること自体運です。人生には絶えず運がつきまといます。

仏教では「縁」を説きます。実際私たちの身の回りのいろいろなことは縁でつながっております。「因縁生起」とか俗に言う「袖摺りあうも多少の縁」などというのもあります。運と縁は非常に近い関係にあると思います。その縁を大切にするということです。

最後の「恩」は、儒教で「父母の恩」とか「師恩」とか「君恩」とか「社恩」・・・・などといい、恩には君恩のような嫌なものもありますが、現代ではそれはさておいて、縁によって人は他者からの恩を少なからず受けるわけです。

 だからそれへの「感謝」が大事なことになります。クロッキーさんはそう言っておられました。

なかなかよい言葉だとは思います。を読んでいますと、この言葉によって運がよくなるとか、人生が好転するとか書いてる人もあります、一つの生き方の指針として捉えればよいのだと思いますのウェブログを作ってください。幸せになるとかならないとかいう捉えかたは宗教家とか占い師のすることです。        H.S記

| | コメント (2)

2011年6月 3日 (金)

Mr.クロッキーさんのレクチャー・・・・魔法のリング・・・・

  前回ブロッグのように、5月28日(土)午後に名古屋市女性会館で名古屋華マジカルグループの公開講座が開催されました。

   講師は東京から招いたプロマジシャンのさん。クロッキーさんの  レクチャーは、100 円ショップのダイソーで販売している」 おもしろ手品シリーズ」 の中の「魔法のチェーンとリング」でした。

  これは左手にかけたチェーンの輪に下からリングを入れてリングを放すとリングがチェーンの結ばれているという手品です。とても面白い不思議なマジックです。でも、以前にオレンジ百円ショップで買ったとき、偶然性が高く、やりにくいのでやるのをやめて仕舞い込んでいました。

  ところがさすがは講師でプロ・マジシャンのクロッキーさんは100発100中で演じました。そしてやり方を講義してくれました。

  150名の人が女性会館の大研修室に集まっていましたが、その間を歩きながら説明をしてくれました。話術が巧みで面白く話をされました。

  なかなか難しくてすぐに出来る人はあまりいませんでしたが、懇切丁寧に教えてもらったり、ワイワイガヤガヤを教えあったりして、最終的には99%の人ができたようです。

  レクチャーは、単にやり方だけではなくて、演じ方も教えてくれました。音楽を3種類用意して、最初は初めて覚えた人のやり方、次がラスベガスのプロのように演じました。3つ目も音楽でこんなに違うということを見せるものでした。

  音楽が大事だというクロッキーさんらしいとても参考になるレクチャーでした。

   魔法のチェーンとリングが成功する秘訣は、4点あります。

①  リングを右手中指に乗せて人差指を添え、親指で挟むこと。

②  左手の親指と人差指に掛けたチェーンの幅が約4cmのにすること。

③  左手は掌を客側に向けて、チェーンを掛けた親指に対してと右手のリングを持った親指が十字にクロスするような位置にすること。(非常に大事)

④  右手親指だけを手前に1cmのぐらい離すようにしてリングを落とすこと。

  以前にオレンジ100円ショップで買ったリングとチェーンと全く一緒でしたが、説明はダイソーの方がきちんとしています。

   後でクロッキーさんから直接聞いた話では、中国で作らせるときに、リングとチェーンの関係をいろいろと実験をして決めたそうです。

ダイソーの箱には、「物理の手品」と書いてあります。ロッキーさんに、「物理的な手品だから理屈が分かれば必ず出来るようになりますね?」と尋ねましたら、その通りだと言われました。

   練習をすれば必ずできるようになることと他人に見せることが大事だと話していました。私は、クロッキーさんに直接教えていただいて、できるようになりました。

   ちなみに、100円ショップ・ダイソーの手品はみなクロッキーさんが関わっているそうで、製品はとても厳しくつくり、説明もお客さんによく分かるように解説しているそうです。

  これまでに世界で1000万個以上売り上げたそうでギネスに申請をしているとのことです。それほど売ってもやり方がわからないという質問はたったの13件だけだそうです..               

                                                                                                 (H.S記)

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »