« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

マジックとの最初の出会い

  マジック―昔は手品と言っていました―を初めて見たのは、小学校5年の頃だと思います。近所のおじさんが紙巻煙草(古臭い言い方ですね。当時はキザミの煙草を小さな道具を使って紙に巻いていたのです)を耳から出したり、反対側のl耳から出したり、鼻から出したりする手品を見せてくれました。子ども心に凄いなあと驚いたものです。

 次に見たのは、高校3年の正月に友人の家に友だちと行った時のことです。友人のO君の父親が、正月のお酒の徳利を紐で吊り上げる手品を見せてくれました。その父親の得意そうな顔を今でも思い出すことができます。この手品のタネは後に本で知りました。

 大学生の時には、三越の前身のオリエンタル中村という百貨店が栄にあり、手品売り場がありました。あるとき実演販売を見ていて、欲しくなりました。誰にでもできるか聞きましたら、いとも簡単にできると言ってやって見せてくれました。

 それは、スポンジを切って作った小さなウサギで、オスとメスのウサギが出たり消えたりした後、一つの手に入り、たくさんの子どもが生まれてくるというものでした。他にもシンプルとか四つ玉とかリンキングピンなどがセットになっていて、確か600円ぐらいだったと思います。

 そのセットは今でも残っていますが、ウサギは今はできますが、四つ玉もシンプルもいまだにできません。解説を読んだだけでは簡単にできるものではないからです。

 同じく大学生の時、近所にSさんという手品で有名な方がいて、バス停でバスを待っているときに簡単な手品を見せてくれました。

 ポケットから緑の小さな木をだして私に一つ渡し、自分も一つ持って同じようにやるように言いました。ところが私の方はそのようにはできないのです。では、取り替えてやってみようと言って取り替えたのですが、取替えのテクニックで結局同じ物を持たされるのでできませんでした。

 Sさんは、やり方を教えてくれてその手品をくれました。いつでもどこでも手品を見せるので有名でした。

 Sさんと父が知り合いだったので、いつでも手品を教えてあげると言ってくださったそうなのですが、なんだか厚かましいような気がして遠慮が働き結局そのときは習いに行きませんでした。

 就職して、ある日大須演芸場に見にいたことがあるのですが、そのとき、男性の手品師がリングを演じたのを見ました。ほとんどかぶりつきで見ていたのですが、どうしてリングがつながったり離れたりするのか分からず、とっても不思議でした。今思うとリングの基本の形を演じていただけなのですが、その不思議さは今でも鮮明に覚えています。

 手品を目の前で見たのはそれだけでしたが、それだけに強く印象に残っています。

 手品という言葉は今は余り使われなくてマジックと言っていますが、私は「手品」というアナログな言い方が好きです。

 デジタルの時代、CD技術を駆使して見事lなマジック的な映像をふんだんに見ることができますが、私は、アナログな手品が大好きです。

                               ―H.S―

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

伊勢ヶ浜部屋千秋楽パーテイー参加レポート

club7月24日(日)6時からクラウンホテルにて、伊勢ヶ浜部屋の名古屋場所千秋楽打ち上げパーテイーがありました。350人の参加者で会場は熱気ムンムン、どの顔も笑みにに包まれていた。優勝パレード凱旋中の今場所の立役者日馬富士関を、今や遅しと会場入りを待ちかねていた。

club日馬富士関は、会心の相撲により横綱白鵬を破り、二年ぶり二度目の優勝賜杯を手にされた。思えば大関に昇進後は肩、足首、膝と怪我のため不本意な結果が続いていました。今回の優勝に続き最高位昇進も夢でなく、更なる夢の実現のためにと、会場に集まったフアンの皆さんの気持ちが逸っていた。

club会場の一角に、テレビで度々拝見するお馴染みの役者さん、大の相撲フアンで知られている大村昆さんが一足先に席に就いておられ、ご祝辞を述べられた。幸い我々マジッシャンと同テーブルで、たまたまお隣でしたので、ご一緒に写真に収まっていただいたり、ちょっとした小話もできました。「もう80才だからね」と言って立ち上がる時など足元を気にしておられ、ネールアーテストの奥様の近況は(現在は歌手としてカンツオーネを歌っておられる)などお話になられた。お帰りには関係者の皆様と一緒に、ホテルの出口までお見送りしました。

  club7-8年前から名古屋華マジカルグループの会長や講師が、打ち上げパーテイーのアトラクションにマジックシヨーを依頼され、出演させていただいている。今年も当グループの副会長のIさんと特別会員のIさんが出演しました。出演後、元旭富士伊勢ヶ浜親方さんからは、マジックについて耳寄りな小話をされました。さすが親方、マジックの知識は玄人はだしと耳にしてはいましたが、なるほど納得でした。

club日馬富士関の優勝パレードなどにより、開始時間も遅れ遅れになりテレビ局やマスコミの取材などで、例年にない大賑わいの会場でした。参加者達は、応援するごひいき筋の悲願達成による喜びを分かち合い祝賀ムードに酔いしれていた。

続きを読む "伊勢ヶ浜部屋千秋楽パーテイー参加レポート"

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

私の消夏法

今年の梅雨は例年より2週間近く早く明けて、ほぼ連日真夏日が続いています。歳を取って暑さに弱くなったので、子どもの頃と違い夏が嫌いになりました。

 その上、今年は電力不足が喧伝され、節電がやかましいので、自然と節電を心がけるようになりました。節電の対象は何と言ってもエアコンです。なるべく使わないようにしていますが、使うときは28度に設定しています。

 活躍しているのが、扇風機です。2台ある扇風機を使い分けています。

 私の子どもの頃は、扇風機は金持ちの家にしかありませんでした。その扇風機も真っ黒で風を起こすのが目的みたいなものでした。

 私が初めて扇風機を買ったのは、就職をして初めてボーナスをもらったときでした。その頃教員の初任給は、忘れもしない11310円でした。扇風機はというと、9300円もしました。最も、高さが1mぐらいあって、首振り角度を変えられる三洋電機のものでした。

 買ったとき、とっても嬉しかったことを今でもはっきりと覚えています。その頃は、祖母の家にいましたが、扇風機などあるはずがなく、珍しがられてみんなで使いました。

 そうは言っても、当時は窓とか戸等は開けっ放しでしたし、夕方からは夕涼みをしましたから、扇風機の出番は夜寝るときぐらいでした。

 ところで、本題に戻して、家にいるときには、半ズボンに裸かTシャツです。小さなタオルを濡らして絞り、それで汗を拭いたり、頭や首にのせたりします。時々は、水で顔を洗います。水冷式です。

 むかしの川柳に、「夕涼み よくぞ男に生まれけり」というのがありましたが、昔は男は褌だけの裸で過ごしました。女性でも子供がある女性はたいてい上半身裸でした。老人は女性でも腰巻で完全に裸ででした。

 最近は、ステテコや褌が売れていると聞きます。そのよさが見直されたのかもしれません。

 暑いときは水分補給が大切だといわれます。それで水で出せる麦茶パックを買ってきました。1パックで1リットルの麦茶が作れます。それを冷蔵庫に入れておいてこまめに呑むようにしています。

 テレビや新聞では、高齢者は温度感覚がなくなるか鈍くなり、汗が少なくなると言っています。私の場合、そういう自覚はありません。むしろ汗を物凄くかくので困っています。暑さも若いときより感じるように思います。最も、昔は今ほどは気温が高くはなかったといわれますが。

 いずれにせよ、節電を兼ねて少しでもエコで暑さを凌がなければなりません。それには昔の消夏法を思い出して取り入れるのもよいかと思っています。

         H.S

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

合宿セミナーの講師、坂本圭史先生来名される

flag 8月27日(土)28日(日)の合宿セミナー講師TAMC会長坂本圭史先生が、7月13日(水)に講演先の岡山から帰京の折,名古屋駅に途中下車されセミナーの詳細について打ち合わせ後帰京されました。

flag いつものように、愛用の帽子にスーツ姿の長身、英国紳士を連想させるような出で立ちで出札口に現れました。語り口はソフトで風格の漂うお人柄は、さすがエリートクラブTAMC 会長と納得しました。

flag 駅前のキャッスルプラザで、セミナーについての打ち合わせをしました。合宿セミナーは、東京方面では其々のクラブで研修行事の一環として行われているようです。名古屋華グループは2回目でもあり、まだまだ経験不足。今後取り入れたい有意義な情報が数々ありました。

flag マジック合宿セミナーは、日頃の例会では充分できない自己啓発の研修会でもありますが、講師を囲んで開放的な雰囲気の中で集う参加者の交流の場としても、楽しんでいただきたいと思います。

flag 講師のTAMC会長坂本さんは、講演者としてのみならずカード、シンブル等のコレクターとしても知られております。マック研究家の坂本種芳さんの御子息であられます。親子2代のマジック人生論等、合宿セミナーをお楽しみに。

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

NHKK「あなたの寿命はのばせる」から―長寿遺伝子を働かせる―

 録画しておいたNHKの「あなたの寿命は延ばせる}を見て驚きました。”長寿遺伝子”が発見されたというのです。

 発見したのは、レオナルド・ガレンテ  マサチューセッツ工科大学教授で、2000年のことだそうです。最初は、ある酵母菌からみつけたのだということです。その後、研究されて、ほとんどの生物から見つかっているという話です。

 私は、長寿遺伝子があることは知りませんでした。NHKがなぜ今頃取り上げたのかは不明です。

 その遺伝子は、サーチュイン遺伝子と呼ばれています。この遺伝子が働くことによって、活性酸素が取り除かれたり、発生がおさえられるそうです。また、生活習慣病や糖尿病や心臓病なの100種類もの病気などを改善するというのです。

 今述べたさまざまな病気や老化は、ミトコンドリアの減少や免疫細胞の変質によってもたらされるというのですが、サーチュイン遺伝子が働くことによって、ミトコンドリアが増加したり、免疫細胞がよい働きをしたりするそうです。

 ミトコンドリアはエネルギー工場のようなもので、元気・活力の源だというのですが、歳をとるのつれミトコンドリアの数は減少し、40歳を過ぎるとかなり少なくなるようです。

 免疫細胞は、もともとは病原菌などと戦うのですが、加齢で働きが変わり、私たちを攻撃し始めるのだそうです。

 ですから、サーチュイン遺伝子を働かせることによってミトコンドリアを増やしたり、免疫細胞の働きを正常化させることが大事だといいます。

 サーチュイン遺伝子は、誰でも持っているのですが、多くの人はそれを使っていないのだといいます。それは、食べ過ぎるからです。つまり、宝の持ち腐れになっているのだそうです。

 では、サーチュイン遺伝子を働かせるにはどうすればよいかと言いますと、30%のカロリー制限をするのだそうです。

 アメリカのウィスコンシン大学で、赤毛ザルを使って実験をしたところ、カロリー制限をしたサルは、毛並みや色艶がよく、生存率も高いが、普通の食事をしたサルは老化をして早く死んだというのです。

 金沢医科大学では次のような実験をしました。さまざまな年齢と生活環境の人を5人集めて、先ず、サーチュイン遺伝子が働いているかどうか調べました。全員駄目でした。

 そこで、それぞれの人が日常生活をしていくカロリーを測定しました。それを元に30%カロリー減の食事をしてもらいました。その結果、3週間で2人の人に効果が見られました。さらに4週間続けると全員に効果が確認できました。サーチュイン遺伝子が働くようになったのです。

 昔から「腹八分目に医者要らず」といいますが、ここでも証明されたようです。

 ところで、アメリカには、カロリー制限は面倒だからと言って、薬剤で同じ効果が期待できないか研究され、レスベラトロールというものが開発されたそうです。これは薬品としての許可は得ていないので、サプリメントとしてドラッグストアで何種類も売られています。

 調べてみましたら、日本でもその薬がいろいろ売られていることがわかりました。でも、私たちには、食べるカロリーを減らすことで、サーチュイン遺伝子のスイッチをオンにすることがよい方法だと思われます。

               H.S

 

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

先輩マジッシャン、先輩クラブに学びましょう

 happy017月2日、名古屋華マジカルグループの例会がありました。当日はマジッシャンの先輩のKさんが訪問、ロープマジックのあれこれを演じて見せてくださいました。さすがに!お見事でした。

 happy01見学者が3人ありました。小学一年生のS君とお母さんのOさん、学生時代に大竹先生に教えていただいたことがあったTさんと、会場は賑やかな雰囲気に包まれていました。

 happy01レクチャータイムでは、見学者席の近くの会員たちは見学者のサポートにあたり微笑ましい光景でした。

 happy01最近入会された会員たち二人の演技もありました。ボランテア活動に熱心に取り組んでいるマジック大好き人間のTさん、フレッシュで溌剌とした演技のIさんなどで、演技後に指導者からのアドバイスを求めていました。

 happy01休憩のティータイムの後は、講師持参のプロジェクターによるビデオ観賞会でした。東北のあるクラブの発表会を見せていただきました。

 happy01テーマは[鹿鳴館」で、当時の衣装で着飾った会員たちがダンスに興じる華やかなステージで開幕です。プログラムの中で特に印象的だったのは、高価な大輪の花の数々の出現で、舞台が花一杯になっている演技でした。

 happy01衣装も小道具も演出も、相当な年歴を重ねたクラブならではの見事な目を見張るような舞台でした。

happy01名古屋華グループの発表会は、来年の5月13日(日)予定しています。会員たちの一人ひとり個性を尊重しながら指導者の下、独自のスタイルを築き上げていきたいと思っています。機会があるごとにたくさんのマジックイベント会場に足を運びましょう。演技、舞台演出、音楽等、ビデオ鑑賞会も貴重な演技研究の時間となるでしょう。

Photo

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »