« 常盤幼稚園同窓会に出演 | トップページ | TAMC会長坂本圭史先生をお迎えして (合宿セミナー) その2 »

2011年8月30日 (火)

TAMC 会長坂本圭史先生をお迎えして (合宿セミナー)  その1

 8月27日~28日の両日、一泊二日の予定でTMC(東京アマチュアマジッシャンズクラブ)会長坂本圭史先生をお迎えし知多半島のビラ・マリーンホテルに於いて、名古屋華マジカルグループ主催の第2回合宿セミナーが開催されました。

 半島の突端の山の上に小高くそびえる建物は、その名のように大きな豪華客船を思わせるような外観のホテルでした。60才以上は大変格安に宿泊できる福祉的な意味合いの宿泊施設でもあります。

 客室からの眼前の風景は、きらめく広い海原に浮かぶ篠島、日間賀島、竹島を望み、夜は潮騒を聞きながらの寝入りは誠に贅沢な気分で、眠るのも惜しいくらいでした。

 当グループの講師である鈴木先生の所蔵するマジック拡大機(考案者はマジック研究家坂本種芳師で講演者はご子息))が取り持つ御縁のお礼にと、名古屋華グループに講演をして下さるお申し出をいただきました。

 今回の合宿セミナーは当グループだけの単独の計画でしたが、著名なゲストをお迎えするには会員だけではもったいないとの発想から、友人知人にもご紹介をし外部参加者や宿泊客も含めての会議室は受講者で溢れていた。

 坂本圭史先生におかれましては、日本のベスト講演者として上位にその名を連ねておられます。マジックを取り入れた経済論から人生論まで、幅広い分野での講演活動は延べ数800回以上とのことでした。

 今回の合宿セミナーでの講演テーマは、人生は90年時代として「趣味と人生~ 人生にリセットボタンはない~」で、趣味と共に歩む人生論を訴えていた。夕食後は、ショートタイムでマジックの小道具のご紹介演技もあった。

 年齢を感じさせない張りのあるなめらかなお声とメリハリのある語り口調で、さすがベスト講演者と納得です。参加者から講演者への賞賛の声をお聞きする度に、主催者としては今までの気苦労も忘れて共に喜びを分かち合いました。                                

                                   続く

Cimg1904

 

 

|

« 常盤幼稚園同窓会に出演 | トップページ | TAMC会長坂本圭史先生をお迎えして (合宿セミナー) その2 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常盤幼稚園同窓会に出演 | トップページ | TAMC会長坂本圭史先生をお迎えして (合宿セミナー) その2 »