« ワールドマジックショー出演,レポート ① | トップページ | アルプスコンベンション参加出演レポート ① »

2011年9月30日 (金)

ワールドマジックショー出演レポート ②

 ワールドマジックショーは、各地元のマジッククラブが中心となってチケットの販売や当日会場の進行など一連の役割を担っていた。

 長野市若里ホールでは、9時の開館に合わせて地元の長野マジッククラブの皆さんが勢ぞろいで出演者を出迎えて下さった。

 長野市に於いては、今回が初めての第一回ワールドマジックショーとのことでしたが、出演者のマジック道具を楽屋あるいは舞台そでへと運搬の補助など、各々の会員達はてきぱきと気配りが行届いていた。

 午前中はリハーサルとなっているので、順次出し物のセットの準備に取り掛かる。浮世絵の場合は舞台天井のバトンに「浮世絵絵巻]の吊りものセットが大変である。

 先ずは他の出演者のリハーサル前に合間を見て、舞台監督立会の下、関係者にバトンを下してもらい、実際に浮世絵絵巻を吊って、迅速に定位置を決めなくてはならない。

現地では二人の吊りものの綱を引くアシスタントをお願いしてあり、どのタイミングで引くのか下すのか、その打ち合わせや練習などで、特別細心の注意が必要な個所でもあり神経を使った。

その他マジック道具のセットや、自分自身の衣装替えやリハーサル前の照明の選択や場ミリ設定など、結局開館9時から午後1時30分開演まで、一息つく間もなくオープニングとなった。

司会進行はテレビでお馴染み「ナポレオンズのボナ」さんであった。いつものように名調子で「僕はナポレオンズの男前の方の植木です」と始った。

 トップは浮世絵でスタート。セットの都合上トップは好都合であった。その後マジッシャンによるマジックあり、アメリカからのゲストによるパフォーマンスあり、世界ジャグリング大会一位のジャグラー天平による演技も素晴らしかった。

天平さんは名古屋市瑞穂区にお住まいとのことであった。名古屋華マジカルグループに機会をみて遊びに来て下さることを楽しみにしている。

                            大曽根みずほ

 

|

« ワールドマジックショー出演,レポート ① | トップページ | アルプスコンベンション参加出演レポート ① »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

みずほ会長の浮世絵の舞台いっぱいを使ってのマジックは昨年5月の名古屋華マジカルグループで初めて拝見しました時の感動がよみがえってきました。舞台の上から見ていましたので、舞台裏の御苦労がよくわかり大変に貴重な体験をさせていただきました。

投稿: fumiko | 2011年9月30日 (金) 09時58分

 マジックの舞台出演は、その前段階のセット準備に気苦労が多いのは皆同じですね。セットミスなど準備が十分でないときは、期待したような結果が出ず悔やまれることになります。出演のそのたびに、緊張感を持ってやっていますが、観客には悟られないようににこやかに演じるように努力しています。アルプスコンベンションに出向かれた名古屋華グループの皆様、本当にお疲れ様でした。                       
                          みずほ

投稿: 和やかステージ | 2011年9月30日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールドマジックショー出演,レポート ① | トップページ | アルプスコンベンション参加出演レポート ① »