« オリエント エクスプレス(急行]の旅-⑤ | トップページ | オリエント エクスプレス[急行)の旅-⑦ »

2011年10月24日 (月)

オリエント エクスプレス(急行)の旅-⑥-

 12日朝、ルームサービスの朝食の後で車内ブテイックに行った。オリエント急行に関する土産物の販売をしており、乗車記念にオリエント急行の歴史本を購入した。

 ブタペスト10;02分着。下車後、ホームではマーチングバンド音楽隊の出迎えがあった。日本語ガイドと共に少しの時間市内観光した後、ドナウ川のランチクルーズだった。

 ベルギーの心臓外科医ご夫妻と会話を楽しんだ。ご主人が「結婚40年の記念にどんなプレゼントがいいか」と尋ねたら、奥様が「オリエント急行の旅が長年の夢だったの」と云われたので、結婚40周年記念旅行であるという

 話を聞くと、オリエント急行に乗車前のホテルが「ペラ・パレスホテル」で私たちと同ホテルだった。その上、アガサ・クリステイのオリエント急行殺人事件の小説を読んで、いつか乗ってみたいと思っていたオリエント急行の夢が実現したというのも共通していた。それを知ってお互い共に喜んだ

今晩はオリエント急行の旅最後のホテル泊だ。日本の浮世絵講師からメールがあった。「皆さんにマジックを観てもらいましたか、友人はたくさんできましたか。」しかし、いまだにテーブルマジックは苦手意識が強くて、マジックの話も一切していなかった。今晩のパーテイでは勇気を出そうと決心をする。

 ホテルチエックイン後、歴史的な建造物、ハンガリー文化アカデミーへと移動した。普段はクローズされているが、今日は特別に解放されたとの説明があった。自分の一生の旅の中では、2度とありえない経験を思い出として刻み続けた。

 さて、ウェルカムドリンクに続き、テーブルにはお互いに気の合う者同士が誘い合い着席した。ベルギー人のご夫妻、アメリカ人のご夫妻が両隣、オーストラリア人のご夫妻と私たち日本人の8人でした。

  宴もたけなわ、アルコールも入り、お互いに身の上話が弾んだころ、ステージマジッシャンであることを話した。「何かやって見せて!」まず公開講座のレクチャーだったリングと鎖のマジックを披露した。その後,両隣の人たちに教えてあげた。ふたりとも最初は失敗したが上手にできた。アルコールも入り調子もうなぎ昇り、持って行った小道具を其々にプレゼントした。

 次々のマジックに拍手を受けたり、「私にも教えて!」と言われたりして、大はしゃぎだった。マジック交流が実現できた!万歳。内心はようやく約束が果たせたことに安堵していた。言葉の壁があったのに、なんと素晴らしいマジック外交であろう。この時ばかりはマジックができることに感謝。

 

Newimage001_2

|

« オリエント エクスプレス(急行]の旅-⑤ | トップページ | オリエント エクスプレス[急行)の旅-⑦ »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ヽ(´▽`)/♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:マジックを披露されて大変皆さんに喜ばれている様子が伝わってきて旅行の思い出のお土産になりましたね。色々な旅に出かけるとやはり景色や食べるものなども印象に残りますが、人と人との交流が一番です!本当に楽しい旅をされてよかったですね。

投稿: fumiko | 2011年10月24日 (月) 22時47分

 オリエント急行の旅にお付き合いありがとうございました。今後もマジックが取り持つご縁を大切に、外出の際は[マジックの小道具は秘かにバッグの中に]と思いを新たにしています。

投稿: 和やかステージ | 2011年10月25日 (火) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリエント エクスプレス(急行]の旅-⑤ | トップページ | オリエント エクスプレス[急行)の旅-⑦ »