« オリエント エクスプレス(急行)の旅-⑥- | トップページ | 東京アマチュアマジッシャンズクラブ(TAMC)発表会レポート »

2011年10月25日 (火)

オリエント エクスプレス[急行)の旅-⑦

Imgp2841

 9月13日、 今日はオリエント急行にてハンガリーのブタペスト発、オーストリアのウイーン着の予定であった。ブタペストでは専用駅舎の中では、4人の楽団によるハンガリー舞曲が演奏された。

 列車に乗車してサロンカーで昼食を摂った。ウィーンに到着してから日本語ガイドとによる市内観光。以前にも訪問したことがあるが、建築物はアールヌーボ建築様式を取り入れたデザインで、町全体が博物館のようであり、大好きな憧れの町である。

 王宮広場では2人乗りの馬車の長い列が待っていた。馬車による市内見物後、ハープ演奏を聞きながらのテイータイムだった。その後はショッピングタイム。

 今夜はオリエント急行最後の夜だ。サロンカーでは夕食時に、シエフや各マネージャーが次々と旅の労いに訪れて別れを惜しむサイン会の様だった。

 9月14日、オリエント急行は、最終地イタリアのベニス到着。徒歩でアメリカ人ご夫妻やベルギー人ご夫妻達とブラーノ島を観光した。

 昼食のレストランで、突然のご紹介とご指名があった。「皆様、日本のマジッシャン、ミセス・オオゾネをご紹介いたします。マジックショーをお願いしましよう。」

 引き下がるわけにはいかない。先日パーテイ会場で教えたベルギー人とアメリカ人にも小道具をプレゼントしてあったので、3人による即席マジックショーとなった。マジックがとりもつ縁が、世界中から集まったオリエント客に披露できたのだ。なんという名誉なことであろう。忘れられない旅の良き思い出となった。

 「オリエント エスプレス夢の旅」もあっという間に過ぎて、お別れの時がやって来た。全員と別れを惜しみながら解散した。皆は水上タクシーで各ホテルへと散って行った。夢の様な旅の世界はもう終わったのだ。

 娘と2人でリアルト橋とサンマルコ広場を散歩してた。全日程の最後はベニスの夜であった。胃袋も慣れない洋食に疲れて、夕食は1人分をオーダーして2人で分け合って食べた。

 翌15日(木)朝6時起床、水上タクシーでベニスの飛行場へ。フランクフルト経由で無事名古屋に9月16日8:45着となった。

 オリエント急行の旅の連載7話迄、ご愛読ありがとうございました。拙い文章で恐縮ながら、名古屋華グループのの会員たちの勧めもあり、旅日記を書いてみました。お付き合い有難うございました。

                                 みずほ

|

« オリエント エクスプレス(急行)の旅-⑥- | トップページ | 東京アマチュアマジッシャンズクラブ(TAMC)発表会レポート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ベニスの水の都にも行かれたのですね。私も10年前に行きましたが・・・またその時の感動がよみがえりました。(*゚▽゚)ノ本当に楽しいマジック旅を有り難うございました。

投稿: fumiko | 2011年10月25日 (火) 11時13分

水の都ベニスの名のように、地上と海面の差があまりなく、ぎりぎりの状態とみうけられました。温暖化など気象条件によってはいつの日か、サンマルコ広場も水没する時がやってくるのでしょうか。今でも季節によっては、一時冠水しているようですが。日本の津波、タイの洪水等、水の威力は計り知れないものがありますね。連載のご愛読ありがとうございました。

投稿: 和やかステージ | 2011年10月25日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリエント エクスプレス(急行)の旅-⑥- | トップページ | 東京アマチュアマジッシャンズクラブ(TAMC)発表会レポート »