« 猫の認識・思考・判断はどうなっているのだろう? | トップページ | 年収めの例会 »

2011年12月15日 (木)

気が強い、野良猫白ちゃん

 我が家の近辺にいる5匹の白い野良ネコのうち尻尾の短い白猫白ちゃん以外は見かけなくなった。1匹は大通りの方に行ったようだし、もう一匹は学校の西の方に行ったようだ。

  かわりに黒猫の姿をよく見かけるようになった。この黒猫はオスのようだ。11月の初めごろだったと思うが、私が”おかあちゃん”と呼ぶ白猫を相手にしきりに気を引こうとしていた。

  先日、白ちゃんに煮干しをやっていたら、急に白ちゃんが道路の方をじっと窺いはじめた。カラスの鳴き声が気になるのかと見ていたら、突然猛ダッシュで走り出し、生け垣の下をくぐって行くや「ギャアッ」という悲鳴が聞こえガタンと音がして逃げていく音が聞こえた。

  後で見たら、自転車が車の方に倒れていてす追っかけの凄まじさを物語っていた。

  学校の方で猫がうなり合う声がしたので行ってみると、道の角で白ちゃんと黒猫がにらみ合っていた。白ちゃんは気が強いねこのようである。追っかけて行ったのだから。

  白ちゃんは私のことをよく覚えていて、この間も、50mぐらい先の家のひさしの上に上っていたので、手を振ってやると気が付いてこちらにやってきた。

  私が、ゴミを出しに行くのをどこかで見ていたのか、入口の柱の上でシーサーをして待っていた。

  私が自転車で出て行ったあと、1時間ぐらいシーサーをしていたと妻が話したこともある。

  昨日も雨戸を開けたら白ちゃんがシーサーをしていて、手を振ると気がついて飛び降りてやってきた。

  白ちゃんは、煮干しが好きだが、この間アジの干物の頭をやったら、においを嗅いだだけで食べなかった。においを嗅ぎに行くのだが食べようとしないのだ。贅沢な猫である。

  気が強いので、私が手を近づけると手を出してひっかいてくることがある。だから背中を撫でることはできるようになったが、まだ喉を撫ぜてやることはできない。

  でも、可愛いのでまた煮干しを買ってきた。

      -H.S-

Photo

Photo_2

|

« 猫の認識・思考・判断はどうなっているのだろう? | トップページ | 年収めの例会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫の認識・思考・判断はどうなっているのだろう? | トップページ | 年収めの例会 »