« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

2012関西奇術連合会新年大会 コンテスト演技賞受賞

 関西奇術連合会2012マジックフェステバルが、1月28日~29日の両日,1泊2日の予定で琵琶湖グランドホテルに於いてあった。お馴染みのラフリンや田中大貴他、多数のスペシャルゲストのショーが良かった。名古屋華グループからは、17人の会員たちが参加して楽しませていただいた。

 名古屋華グループとして設立以来4年数か月、常任講師鈴木元先生の演技指導のもと、初めて中学3年生の井階正惇君がコンテストにチャレンジしました。カードと鳩のマジックで、見事に演技賞を受賞し実質第二位を獲得した。

 井階正惇君は設立当初から会員として参加し、当時は5年生だった。以来マジック大好きな子供会員として、ボランテア活動にも積極的に参加してきた。現在、その演技力には定評があり、凛々しいマジック少年として成長した。

 中学生になってからは、部活動のラグビー強化選手としての試合参加など、時間的にマジックとの両立が大変難しい中、部活動を優先してやってきた。2月初旬からは高校入試がスタートするが、そんな厳しい状況の中で努力した結果が出たのだった。

 今回のコンテスタントは10人。全国からの参加者の中で若者が半数を占めていた。会長賞は神奈川県から参加した20代の青年で、何処から?ともなく次から次へとたくさんの鳩出しがメインのマジックが素晴らしかった。

 演技賞は名古屋華マジカルグループから参加した中学3年生(コンテスタントの中の最年少)井階正惇君であった。カードと鳩のマジックに「観客からは可愛い!「笑顔が自然でいい!「メリハリの利いた表現力が素晴らしい!」等々、中学生とは思えぬその抜群の演技力に、たくさんの拍手が送られた。

 技術賞は大阪豊中市から参加の高校生で、さすが!4つ玉の演技のテクニックが素晴らしかった。以上の3人の青少年の他に、特別賞は岐阜県からのベテラン組参加者であった。ステージ一杯のパラソル出しのマジックが印象的であった。

 「演技賞は井階正惇君」と発表の折には、思わず名古屋華グループの応援団全員が立ち上がって「井階君おめでとう」と惜しみない拍手と声援を送り快挙を称えた。名古屋華グループの応援団の皆さん、遠路駆けつけていただきお手伝い等ご協力本当に有難うございました。

 名古屋華グループでは、最近中学2年生の男子生徒や30代若者達数人が入会した。レベルの高いコンテストを目指して、鈴木元講師からの演技指導をお願いしたいと県外からの会員達も数人いる。今回の入賞が刺激となり更に飛躍の年になればと願っている。

 数々の上位入賞者を育成しておられる貴重な存在の指導者鈴木先生の下、グループの中でその環境つくりに努め、第2第3のコンテスタントを輩出し、名古屋華グループ関係者の皆で喜びを分かち合いたいと思う。

  notes bell祝福の乾杯bell notes

 受賞したbell井階正惇君bell

 指導されたbell鈴木元先生bell

 

             会長 大曽根 みずほ

 

 

Photobell

| | コメント (7)

2012年1月25日 (水)

エンターテイメントに関するお話―その1 TDL

 私は、演劇好きから派生して、舞台に立てることが楽しくて、現在マジックを勉強しています☆

 そのため、自分が今までに鑑賞した舞台芸術などから、今後のマ ジックの演出 などにも参考になると思われる、すごいと思った演出、アイディア、人などをご紹介していこうと思っています☆

 まず、第1弾は、TDL!!(TDL→TOKYO DISNEY LAND)
 来年で開演30周年を迎える、大人気の「夢と魔法の王国」です♪
 

  今はもうないのかもしれませんが、20年程前に行った時に、マジックを見せるシアターがありました。その中で、お札をくるくると巻き取ると、別の 紙 に なって出てくるマジックがありました。

  (もう20年も経っていて、多くの人が体験していると思うので、多少のネタばれはOKですよね☆)

 その演出方法が、実にユーモアがあって楽しい~!
  マジックとしては、お客様から1万円札を借り、それが最後に千円札になってしまうというものなのですが・・・。
 

  まず、若いカップルの、必ず男性の方から1万円札を借り、一通りマジックを行って千円札になってしまったところで・・・・最後に、別席の子供に、 出てきた千円札をプレゼントするという、演出になっています。

 1万円札を提供した男性は、彼女の手前、「お金を返して欲しい」とは、言えない・・・というところが、見所!!(でも、あとでちゃんと返してもら えます☆)

 
 実は、その演出のため、前もって、シアターにお客様を案内する時に、必ず、ある決まった席に、若いカップルを座らせるようにしているのです!(そ こまで、考えているなんて・・・すごい!!)
 私は、2度そのシアターに見に行ったので、分かったのですが、2度目は、偶然にもその席に座ることができ、彼が1万円札を持っていかれてあたふた してる場面に遭遇すること が、できました☆(何が起こるか、私は知ってましたが、彼には内緒にしていました♪)

  TDLは、お客様を楽しませる工夫が最頂点の場所だと思うので、紹介した内容はごくごく一部の演出で、他に感動する演出や工夫が盛りだくさんです

 ☆またおもしろい発見が ありましたら、ご紹介させて頂きます。

本日のミニマジック
 

 写真のように、紙で作った輪が2つ、クロスする形で張り合わせてあります。 それぞれの紙の中心線(点線)で切って、広げると、どんな形になるでしょう?
答えは、ぜひ、作って試してみて下さい!意外な形になります☆☆

                               ―M.I―

Photo

 

 

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

手品屋将魔レクチャーは定員となりました。

 先日手品屋将魔レクチャーのご案内を致しましたが、、名古屋華グループでとりあえず5名申し込みました。

 21日の土曜日は例会でしたので、他の参加希望者を募り,追加申し込みをしたら定員となり、キャンセル待ちの状態だそうです。

 名古屋華グループでは今回のレクチャーは締め切りと致しますのでお知らせいたします。

 1月21日の例会では、ゲストのO先生の見事なカードマジックを見せていただきましたが、お楽しみいただきましたか?

 2月4日の例会では、カードマジッシャンのH さんが来られて特別指導してくださいます。最近入会された中学生や若い会員さんたちにご指導お願いしてあります。特別指導に是非ご参加ください。

                          事務局

 

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

手品屋・将魔レクチャー全国ツアー第三弾

  マジック用品ショップの手品や企画、「将魔レクチャー全国ツアー第三弾」のパンフレットが届きました。レクチャー会場は、名古屋中小企業福祉会館にて3月20日14:00~となっています。

 名古屋華マジカルグループでは、前回は14人の参加者があり人気が高いです。気の早い会員からは、早く申し込んでで欲しいと連絡があったのでとりあえず5名申し込みました。

 前回の参加者には、ご案内が届いていると思いますが、5名以上だと3,500円が3、000になります。参加者全員に4本カラーチエンジボトルと紅白のくす玉ががプレゼントされるそうです。

 例会は今週土曜日(21日)ですが、その時にご紹介して、申し込み人数を確認致します。予定などご確認の上、お申込みお願いいたします。

  もし、21日の例会日に都合により来られないが、レクチャー参加希望の会員さんは、E-メールにてご連絡お願いいたします。

                 事務局 大曽根

shouma.jpg

| | コメント (1)

2012年1月18日 (水)

自立の家。サマリアハウスでマジックボランティア

 17日に自立の家・サマリアハウスにマジック・ボランティアで訪れました。玄関から入ってすぐ右にある多目的の部屋でマジックを演じました。

  予定の13時半になると、施設長の浅井さんが私たちを紹介して下さいました。その後、まず、Sさんから始めました。

  切ったはずの紙から「新年おめでとうございます」という文字が連なって出ると皆さんは驚きの声をあげました。次のリングとロープもどうしてロープに入ったり出たりするのかもとても不思議そうでした。4枚のカードが次つぎと変わるウサギとライオン、薔薇カードも変わるたびに声をあげて不思議がっていました。最後の紐とロープも驚いていました。

  2番手のTさんが最初にやったのは,首の長いウサギでしたが、事前に施設長さんにお伺いをたてました。というのは障害と受け取られないか心配したからです。問題ないというのでやりました。Tさんは反応を確かめながら上手に演じました。とても不思議そうでした。

 コップ釣りもとても不思議がって見ていました。Tさんは分かりやすく演じたので一段と効果がありました。

  最後は大きなカードでショッキングカードをやりました。おなじみのキャラクターが出るたびに声があがっていました。

  3番目は、副会長のIさんで、和服でお得意の和妻をやりました。BGMがなり始めたときから「オッツ」という声があがりました。扇子や紙を使って日本の芸を披露しました。蜘蛛の糸や紙吹雪で歓声があがりました。

  正味30分を皆さんが心から楽しんでくださったことが、反応からよく分かりました。体に重い障害を持っているみなさんでしたが、若い人が多く体で表してくれました。

  施設長さんのお話では、開所以来22年になるが、マジックは初めてだということで、訪問してよかったと思いました。

 

 お聞きしたところでは、自立というのは、ただ服を自分で着たり、顔を洗ったりできるというようなことではなく、障害のない人と同じように生活できることを目指しているといことでした。そのために毎月ヘルパーの養成をし、その援助でアパートに住んでいる人もたくさんあるということでした。

  サマリアハウスは、24時間入口には鍵は掛けていないそうです。普通の生活を目指しているからです。

  施設長さんご自身が車椅子を使っておられ、この施設を造る前から障害者をやっていますと言われました。いろいろとご苦労されて今日のサマリアハウスがあることが分かりました。

  これからもみなさんが元気で自立の生活をしていただきたいと思いました。

2

1

 

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

新年交歓会の賑わい

 2012年の新年会参加者の皆様、お疲れ様でした。お陰をもちまして、新年祝賀会にふさわしい,とても賑やかで有意義な一日でした。

 14日は午前から個々の会員さんたちの演技指導、午後からは会場いっぱいの来客や会員たちによって賑々しい新年を祝う会となりました。

  さて、大阪や長野県、静岡県、岐阜県、などからの参加者を迎えての新年会場の中の雰囲気はうなぎ昇りとなりました。

更に、新年の抱負など語らいの中に食事も済んだころから、見学者が10人前後来られたのです。

 おもてなしに、会員たちと同じようなお茶菓子とミカン、そして暖かいお茶を用意してお迎えしました。

 来客も含めての、一芸大会ならぬマジック多芸大会の始りです。会長の司会により次々の演技披露者の其々の顔には、満面の笑みがこぼれて今年一年を占うようなハッピーなひと時となりました。

 女性会館終了退出後、希望者はいつものアフターマジック、コーヒータイムの時間となりました。先輩と新入会員たちとの情報交換など、絶好のマジック研究の貴重な時間となりました。

 こうして新年祝賀会も賑やかに終えることができました。会員一同これからは、発表会に向けて気持ちを引き締めて努力を重ね、その日を迎えたいと思います。

 来客の方々、見学者の方々、そして他府県の御遠方からご参加の皆さんお疲れ様でした。楽しい新年会となりましたことを、会員一同感謝申し上げます。

              会長 大曽根 みずほ

 

Cid_f0f798131b134660be2f915dcbb835d

Cid_d227f29963af49cfb6466ae31962106

 

 

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

安く行けるANAのシニア空割

 松山の知人から電話があり、手伝いに来てほしいということであった。そこで、安く行くにはどうすればどうすればよいかインターネットで調べた。

 中部空港からANAで行くと、通常料金で24000円ほどかかる。新幹線では、16000円ほどだが5時間ほどかかる。3ヶ月以前に申し込むと安く行くことができるがそれでは間に合わない。

 思案していて、ふっとYさんに教えてもらったことを思い出した。それは、ANAでは空港に行って空席があれば65歳以上の人は1万円で国内ならどこへでも行けるというものであった。

 早速ANAに電話をして聞いてみると、「シニア空割り」というのがあって、空席があれば12300円で行けるということであった。調べてもらうと空席は59席あった。 

 当日の朝、名鉄で中部空港迄行くために金山駅で7時4分の快速に乗ったら満員であったので驚いた。大江駅を過ぎてちょっと人が減ったが、この2年間空港を利用していない間に空港に行く人が大変多くなったことを知った。

  空港に着くと、ANAのカウンターに行った。空席は50あまりあったので簡単に搭乗券を買うことができた。マイレージクラブの会員証と最初なので運転免許証を提示して買った。

  飛行機は双発のプロペラ機であった。プロペラ機に乗るのは人生で初めてであった。機内は73のシートがあるということであったが客は20人もいなかった。

  座席はプロペラの隣であったのでプロペラの回転がよく見えたが音がすこしうるさかった。

  瀬戸内海上空に入ってからは眼下の島々を見ていた。松山空港には定刻より5分遅れであったが初めてのプロペラ機やシニア空割りでよい経験をした。

  帰りは松山空港のANAのカウンターに行って並んでいると、イケメンの職員が御用を伺いますと声をかけてきた。それでシニア空割で帰りたいのだがと話すと、こちらに来てくださいと言って自動券売機のところに行って操作しながら券を買ってくれた。それで自動券売機でも簡単に買えるのだとわかった。

  事前にホテルで、どのぐらいの空席があるかをチェックしてもらっていたが買うことができてよかった。この便はかなり混んでいて子ども連れが多く乗っていた。

  ANAの「シニア空割」は、お勧めである。

         ―H.S―

Cid_64b0caa735854c63a112bfa4172670a

Cid_dae42edc0a164bd7abb5991509452d4

Cid_bd1c2508c46048f0a02691805f92582

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

2012 新年会のお知らせ

 新年会は今週土曜日14日となりました。午前は演技指導、午後は新年会で、3階の大会議室を通しでお借りしています。

 今年は発表会の計画もありますので、お稽古に入っておられる会員さんたちは、部分的でも結構です。是非ご披露をお願いいたします。

1)新年会の予定

  集合時間     12時  会場準備

  新年交歓会    12時30分~

  終了退出     4時30分

 

2) 「女性会館を守る会]署名用紙の、最終提出期限となりました。

 署名活動のご協力,本当にありがとうございました。お忘れのないように、14日には伊藤副会長まで提出をお願いいたします。

| | コメント (1)

2012年1月 7日 (土)

今年はどんな年になるのだろう

 平成24年、西暦2012年が明けた。昨年は、思ってもみなかったあの3月11日の東日本大震災、大津波と福島第一原発の大事故や南紀の大水害など自然災害に見舞われた。

 経済では、ギリシャに始まったEUの金融危機が世界に大きな影響を与え、今も不安を与えている。

  チュニジアの政変に始まって、エジプト、リビアの大統領が倒されアラブの春と呼ばれた。年の終わりには、北朝鮮の独裁者金正日が急死した。

  日本ではTTPへの参加表明や年末には消費税増税案が出された。日本の政治については予想のつくことであったが、それ以外は全く予想外の出来事であった。

  猫の金玉という俗な言い方があるが、通り過ぎてから初めて分かることが重なった。それも、どれをとっても大変な事件であった。

  今年も何か予想もつかない大きな出来事が起きるのかも知れないが、起きるまでは分からない。願うのは、大きな自然災害が起きないこと、震災の復興が進み、原発事故の処理が適切にされること、EUの金融不安が安定に向かい、日本経済も好転すること、足の引っ張り合いではではなく国民のための政治が真剣に議論されること・・・・などである。

 私自身はこれまでのことを続けるとともにさらに深めたいと思っている。特に怠けていた中国語と英語を見直したいと思う。何よりも健康が大切だから、元気な先輩を手本にして健康を維持したいと思う。

                  ―H.S―

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

新年 明けましておめでとうござiます

 新年明けましておめでとうございます。皆様はお正月の三が日、如何お過ごしでいらっしゃいますか?「一年の計は元旦にあり] とか...........。其々の皆様は今年一年抱負を胸に、穏やかな天候にも恵まれてご家族おそろいでのお正月をお迎えのことと存じます。

 さて、名古屋華マジカルグループも設立以来4年数か月、今年の5月13日には第二回発表会を中川文化小劇場で開催の予定となっています。

 第一回発表会(東文化小劇場)では、初めてのこともありまして反省点も多々ありました。貴重な経験を生かして、観客の皆様によりご満足いただけるような発表会となるよう、会員一同創意工夫を重ねてまいる所存であります。

 会員には新入会員も多く、それだけに会員たちのステージにかける夢は大きく、序々にグループ全体に発表会にかける意気込みが強く感じられるようになってきました。

 ステージに立つ喜びを、マジックの面白さを、そして発表会の成功をを願う志を、グループ会員の皆で共有して乗り越えれば、その夢はやがては観客の感動に繋がっていくことでしょう。

  8月には合宿セミナーと、11月にはオープングループ活動としての公開講座等を計画しています。ゲストをお招きして、今年も積極的にイベント活動を続けていきたいと考えています。名古屋華マジカルグループを昨年同様よろしくお願い申し上げます。

                会長  大曽根 みずほ

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »