« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

久しぶりに姿を見せた白猫の白ちゃん

21日、22日と日差しが柔らかく何となく春の気配が感じられるときがあった。

 21日の朝、食事が終わって洗い物をしていたら、妻が「庭に白ちゃんが来てるよ。」と言いながら来た。エッと驚いて私は、大急ぎで石鹸のついた手を洗い、台所に置いてある煮干しの袋を持って行った。

  見ると、白猫の白ちゃんは金柑の木の前にいた。「白ちゃん、おいで。」と呼ぶとしばらくこちらの様子を窺っていたが、私と気づいたらしく、こちらにやってきた。

  白猫の白ちゃんは昨年の11月辺りから姿を見せなくなっていて、どこかへ行ってしまったのだろうと思っていたのだった。いったいどこに行っていたのか聞くすべもないからどうしようもない。

  部屋の縁に座って足を縁石にのせたら、白ちゃんは体を摺り寄せてきた。まだ覚えていたようだ。体を見るとずいぶん汚れていた。せっかくの白い毛が尻尾のところまで何となく黒ずんでいた。右の耳は一部毛がなくて赤むけていた。喧嘩をしてやられたのかもしれないと思った。気が強い猫だから。

  早速煮干しを1尾やったが、匂いを嗅いでちょっと噛んだだけで食べなかった。この猫は野良猫のくせに好き嫌いがあるのだ。別の1尾をやるとそれは口に入れた。何尾かやったが、食べたり食べなかったりと贅沢な猫だ。

  私は、「お母ちゃんはどこにいるの?お母ちゃんならみんな食べるよ。」と話しかけた。お母ちゃんというのは、白ちゃんのカミさんで尻尾が長い猫だ。この猫も11月ごろから姿が見えなくなったままだ。また、2匹の間の子と思われるチビちゃんは、それよりずっと前から姿を見ていない。

  煮干しの袋は2つ目で、この袋を買ってしばらくすると、猫たちが来なくなったので、煮干しが古くなってしまった。だから何とか食べてほしいのだ。

  白ちゃんは、時々鼻をクシュンクシュンとさせていた。風邪をひいているらしかった。私は風邪が治ってきたところなので移ったら大変と思いながら相手をした。

  「どこに住んでいるの?餌は誰にもらっているの?」などと聞いても、ニャーと言ったりクシュンとさせたりするだけだ。いったいどこでどうやって生きているのだろうと思った。

  次の日も歯を磨いているとき、また妻が「白ちゃんが来てるよ。」と呼びに来た。大急ぎで行くと、グミの木の前にちょこんと座っていた。この朝も暖かい日差しが指していた。「暖かいね。」と声をかけながら煮干しをやったが、一瞥しただけであった。いったいどこで何を食べているのか贅沢な猫だと思った。

  それでも体を摺り寄せてくるし、この日は体を撫ぜてやってもおとなしくしていた。だんだんと馴れてきたのか風邪で気が弱くなっているのかと思った。しばらくそうしていると、隣の家の庭の方に行ってしまった。

               ―H.S―

3

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

刈谷マジッククラブ発表会

  晴天の19日(日)刈谷マジッククラブの発表会がありました。刈谷駅から歩道橋をわたり終わった所に、立派な建物があり驚きました。

私は刈谷マジック発表会は初めてなので、こんな良い施設でどんなマジックが見られるのか期待と楽しみでいっぱいでした。

 到着したら既に大勢の方が入口で並んでいました。名古屋華マジカルグループも十数名並んで待っていました。

予定どおり13時に開演。軽快なテンポで一部が始り、シルクが舞台中あっちこっちに舞い上がり?白い2mくらいのロープがするすると溢れるように伸びたりちじんだり。

 音にぴったり合わせて結び目が動くのがとても不思議でした。イリュージョンの人体切断も手作りの道具で見事でした。刈谷マジックマジッククラブの意気込みが感じられました。

 2部は楽しい風刺のきいたコントで大笑い。3部は先輩格のマジック。CDがどんどん出たり、素敵な衣装変わり。魔女のコスチューム。ステッキマジックやカードの七変化。

 見習うことも多く自分はとても足元にも及ばないなーと(* ̄ー ̄*)良い勉強になりました。

 5月13日(日)には中川文化小劇場で名古屋華グループの発表会があります。観客の皆さんに喜んでいただけるように頑張りたいと思いました。

 

Photo

                           ―Y.O.ー

| | コメント (2)

2012年2月17日 (金)

八品のモーニング・サービスのCafe Vita

  2月13日の朝、妻が1枚のチラシを持ってきた。見るとモーニング・サービスの広告であった。玄関に投げ込んでいったようであった。

 チラシには、大きく名古屋の市章○八が書いてあってモーニング新登場!となっていた。その下にお品書きと写真が掲載されていた。

  お品書きによると、フレッシュジュース、ヨーグルト、フレンチトースト、フルーツ、スープ、サラダ、たまご料理、パンまたはおにぎりまたはおかゆの8種類であった。

  約480kcalとカロリーまで書いてあった。それで代金はドリンク代+100円であった。念の入ったことに「一宮モーニンング」には負けとれんでなも!と書き加えてあった。

 モーニング・サービスは尾張一宮が発祥の地と言われる。最近では、コメダが栃木県へ店をだし大評判となったと聞く。ただ、Morning Serviceはキリスト教では日曜日の礼拝のことで、西欧人は最初は勘違いをして驚くという。

  このCafeは、場所は我が家から割合近くて、檀渓通のケンタッキーの西で蕎麦の諏訪屋の並びにあった。

  次の日の朝、8時になると試食に出かけた。店の外から様子をうかがっていると、店の人が出てきた。まだCLOSEDのままであった。それをはずして店の中に招きいれた。

  店内は写真のように、壁に作り付けの棚があり、食器などがぎっしりと並べてあった。インテリアの一つらしかった。反対側の壁には、アメリカのルート66の写真が展示してあった。

  何でも友人がルート66を旅して撮ったものだというころであった。「ギャラリーにもなっているのですね?」と尋ねたら、そうだと言った。また、ターニャの庭などいろいろな本も立てかけてあった。

 店には、カウンター席とテーブル席が4つあった。真ん中のテーブルに座ってモーニングが運ばれてくるのを待った。

  私が最初の客のようであったので、店の人と話をした。私は広告を見るまでこの店の存在を知らなかったというと、開店してまだ3か月だと言った。私は、あの辺りを通ることもあるのだが全く気付かなかった。店の人は「宣伝してないからでしょう。」と言った。どうやら昨日のチラシが初めての宣伝のようであった。

 細長い長方形のものに3品入ったものが出された。ゆでた人参、ポテトサラダ、タマゴ焼きだった。ジュースは小さな空き瓶にリンゴジュースが入っていた。ヨーグルト、スープ、トーストと丸いパン、フレンチトーストもあった。フレンチトーストは2日間浸して作ったものだと話した。

 少しづつ8品のものが味わえて、健康にも配慮されていると感じた。コーヒーは、ブレンドコーヒーで、おいしいと思ったのを選んだと言っていた。やや苦味のあるコーヒーであった。

 男の客が1人、その後に年配のご婦人が1人来た。ご婦人は近所の人でやはりチラシを見て来たのだと言った。よくしゃべる人でいろいろと話していた。

  そのうちにコーヒーはお代わりできることが分かった。コーヒーは500円でホテル並みであったが、お代わりできるからか?と思った。モーニングは+100円なので600円であった。

  店は隣にあるスタジオVITAというのと同じ経営だということで、インストラクターの若い女性も来て手伝っていた。どうやら健康関係のエクササイズのようで、そちらは始めて5年になると言った。食べ物も健康に関係するのでこのCafeも始めたのだという。

 客は3人だけだった。ご婦人と店の人3人と私でしゃべっているうちにマジックを見せてやろうという気になって、ジャンピング・ダイヤと色の移動を見せた。とても興味深い様子であった。簡単なカードマジックなども見せた。

  そのうちに5周年記念のイベントをやるのでマジックをやらないかという話になった。それで引き受けることにした。

  店は二人の男性が中心のようであった。1人はリタイアした人で、もう一人はシステム・エンジニアの現役だという。その関係でコーヒーのサービスにパソコンも教えているのだと言った。カウンターには、パソコンが一台置いてあった。

  コーヒー屋は儲からないが、いろんな人が来て接するのが楽しいと話していた。このCafeは日本一おいしい焼き芋も売っているそうだ。

広告にあった「一宮モーニング」を食べに行き3軒回ったと言っていた。私は一宮モーニングを1度しか食べたことがないので分からない。

http://facebook.com/cafevita.nagoya

                                  - H.S.-

Cafe_vita1

Cafe_vita2

Cafe_vita3

 

 

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

珍しい金木犀酒

 昨年の秋、金木犀が盛りの頃、maronさんのblog「友達」に金木犀酒の作り方が書いてあった。金木犀の花を集めて焼酎と氷砂糖で作るというものであった。それを読んですぐに我が家の金木犀の花で作ってみることにした。

 妻に聞いたら、ホワイトリカーの残りと氷砂糖が少しあるというので、さっそく庭に出て大きな金木犀の木を見上げた。満開で枝の先に朱色の花がいっぱいついている。なるべく新しい花を枝を引き寄せて、手でしごいて金網のザルで受けた。ザルにいっぱいとって台所に戻った。

  高さ20cmぐらいの広口の瓶に氷砂糖と花を入れて焼酎を注いだ。焼酎は瓶の8分目ぐらいしかなかったし、氷砂糖も少なかったがまあいいかと思った。小さい花びらが浮いて瓶の半分ぐらいの層をなしていた。瓶の蓋に日付と名前を書いた。3か月たったら花を取り出すのだそうだ。

  それから3か月がたった。花はいつのまにか底に沈んでいて、焼酎が茶色く染まっていた。24日に紅茶の茶こしを使って花と酒を分けた。

  ちょっと味わってみたら、金木犀の香りが凝縮された感じの強い香りであった。そのまま飲めば甘さは悪くなかったが、薄めると砂糖が足りないように思った。しかし、金木犀の花で果実酒のようにできるとは知らなかった。よい実験であった。

  ところで金木犀の木であるが、昨年暮れに地上2m50cmぐらいのところでバッサリと切ってもらった。切るだけで1万円かかった。それで今は太い幹が残っているだけである。

  でも、これまでの経験で、木は春になると芽を出してぐんぐんと枝を伸ばすことが分かっている。ただ、秋に花がどのくらい咲くのかはわからない。

            ―H.S―

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

エンターテイメントに関するお話―その②がーまるちょば―

 今回のエンタメなお話のテーマは「が~まるちょば」!!です。
 初めて聞く方は、「何それ?」って思われると思いますが、私の今のイチオシが、まさにこれ!です。
 

 説明させて頂くと、現在、世界各国で活躍中のパントマイムの二人組みの名前で、「が~まるちょば」とは、グルジア語で「こんにちは」という意味だそうです。

 たまにNHK他、テレビ番組に出演されていますが、先日、私は舞台公演を観に行ってきました☆

 が~まるちょばの特徴はと言えば・・・あのちょっと大きめなアタッシュケースです!
これを二人が持ち上げると、空中で止まってしまい、いくら引っ張っても、絶対動かない・・・!!指1本で支えている時もあるのに、空中でびくともしないのです。

 またある時は、地面にくっついて、絶対に持ち上がらない・・・。
そこで、お客さんを舞台に上げて、持ち上げてもらうと、軽々と持ち上がってしまう(笑)。
この演技力は、ホントにすごいです☆

 公演の内容は、ストーリー仕立てで4部作になっていて、お客さんを舞台に上げてパントマイムを覚えさせ演技させるものや、ロボットが現れるヒーローものなど、セリフなしでの展開で観客をも巻き込み、とても楽しい舞台を見せてもらえます。

 場面転換にカーテンを使用して、上手から下手、下手から上手に、流れるように移動させて(スピード感が出る)行うのも、面白いなと、思いました。

 その中で、「マジシャン」というタイトルの作品がありました。
マジックの演技をパロディーにしたものなのですが、その内容については・・・今ここに書くことはできません、ゴメンナサイ!!

 なぜかと言うと、その手法を、私が舞台に立った時に、使いたいからです☆
もし、ど~しても気になる方は、が~まるちょばの舞台を観に行って頂くか、もしくは、いつか私が、マジックでコメディー的な演技をすることがあったら、「これのことか!」と納得して観て頂ければ、幸いです☆

 アタッシュケースの演技については、動画サイトにもいっぱい動画があるので、ぜひ、見てみて下さい♪

がーまるちょばの動画サイト

http://gamarjobat.shimanavi.net/

☆本日のミニ工作☆
 バレンタインデーが間近なので、ハートのメッセージカードです☆
ハートの下の紙を開くと、中にメッセージを書くことができます。
お手持ちの紙で、すぐに折ることができますが、折り方については・・・我がNMGのOさんにぜひお尋ね下さい(笑)☆☆☆

Img_1484

| | コメント (1)

2012年2月10日 (金)

中川文化小劇場見学会参加レポート

 2月9日午後中川文化小劇場に行ってきた。名古屋駅からあおなみ線で荒子駅下車、徒歩2分ほどだった。

 今年5月13日、名古屋華マジカルグループの第二回発表会である。今日はホール利用者のために、施設見学開放日となっていた。舞台関係の職員が案内し、詳細について説明をして下さった。

 昨年5月に申し込みをして中川文化小劇場と決定されていたので、昨年秋に一度下見をしてあった。しかし、3か月後開催を控えて心も新たにもう一度見学しようということになった。

 中川文化小劇場のホールは、なだらかな勾配で450席を有する会場である。ゲストや会員たちのための控室は2室、それぞれ仕切りの衝立や冷蔵庫が完備されていた。また、ミニ・キッチンやシャワールームなどもあった。

 事務所の雰囲気や関係職員の応対も良かった。案内されてステージ上に立った会員たちは、それぞれ演者としての想像の世界に浸っているようにみえた。

 約30分ぐらいの見学の時間だったが、観客にご満足いただく努力を怠ってはならないと重責を身にしみて感じている次第です。

                        事務局

 

 

 

 

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

関西奇術連合コンテストで「演技賞」を獲得して―②―

 次の日の発表は賞をとれるかという気持ちはなく、授賞式ってどんな風にやるんだろうという感じでした。

 まず同じく初めてのコンテストだった大阪の高校生のマジシャンが技術賞を受賞しました。同年代でマジックをやる人は少ないので、とても嬉しかったです。

 次の演技賞発表で僕の名前が呼ばれると、名古屋華のみなさんが立ち上がってたくさんの拍手をしてくださる姿が見えました。賞を意識しないようにしていたので、賞をもらえたことにとてもびっくりしました。しかもその賞は「演技賞」。僕が意識してやってきたことを評価していただいたということで、嬉しさでいっぱいでした。

 名古屋に帰り家族や友人に報告すると、とても驚いていた様子でした。 中学生としての最後の演技を、最高の形で締めくくることができました。

 実はその翌日から、第2回発表会の演技に取りかかっています。今の僕にとっての目標は、発表会でも最高の演技をすることだからです。

 今回のコンテストでは技術的な面では完璧ではなく課題もみえました。それでそれを改善できるように頑張りたいと思っています。高校生としての初めての演技をする訳ですから、気合いを入れてこれからも臨んでいきたいと思っています。また新しい世界を表現したいと思いますので、期待していてください!

 最後になりますが、見に来てくださった名古屋華マジカルグループの皆さん、

 お世話になった大曽根さんご夫妻、鈴木先生には大変感謝しています。ありがとうございました。

                         井階正惇 

2

| | コメント (3)

2012年2月 3日 (金)

関西奇術連合会コンテストで「演技賞」を獲得して―①―

  先日行われた関西奇術連合会新年大会のコンテストにおいて

「演技賞」を受賞いたしました井階正惇です。皆さんからたくさんのお祝いのメッセージを頂き、とても嬉しく思っています。
 僕は小学校1年生の頃からマジックを始め、5年生の時に名古屋華マジカルグループ設立と同時に入会しました。
 今回は僕にとって初めてのコンテストということもあり、以前より名古屋華マジカルグループの会の場で練習をさせていただいていました。その時になかなか良い演技ができず、自分自身演技をしていてあまり楽しくありませんでした。グループの皆さんの期待に応えようと無理をしていたような気がします。そして、関係ないとは思っていても心のどこかで賞を意識しすぎていた気がします。
 直前に演技をした名古屋華マジカルグループの新年会でも、上手な演技、素晴らしい演技を意識しすぎてミスを連発してしまいました。皆さんにはご心配をかけたとおもいますが、この時僕は気持ちが吹っ切れたような気がしていました。
 
自分を追い込んでまで上手にやることを突き詰めるのではなく、自分が楽しんでやる中で上手にやることを考えていこう、と思いました。そして目標をただ一つ「最高の演技をして、たくさん拍手をもらうこと」にしました。
 そう思うと心がスッと楽になって、自然と練習中にも笑みが自然と出るようになりました。コンテスト前の1週間はだいぶ練習することもできたので、自信がついてよりマジックを楽しむことを意識できました。
 当日はたくさんの方に声をかけていただき、少しあった緊張が和らいでいきました。本番前の食事は緊張してほとんど入りませんでしたが、その後集中し今までの練習を思い出していると、だんだんリラックスしていきました。それで本番直前で舞台に上がったときも不安は無く、想像したよりも落ち着いていました。
 僕は名古屋華マジカルグループ第1回発表会の米プロマジシャンJADEさんの演技を見て以来、演技の表現を意識してきました。今回は落ち着いていた分表現にもゆとりがあり、自分でも良い表現ができたと思いました。
 
 1曲目は明るく、2曲目は少し大人びて、3曲目は楽しく、という自分の演技のテーマそのままに演技できました。
 2曲目が始まる時にガラッと表情と演技を変えると観客の皆さんからざわざわと声がしていたので良い演技ができたと確信しました。
 演技を終えてお辞儀をすると本当にたくさんの拍手を頂きました。技術的なミスはありましたが、目標は達成できたのでとても満足できました。
 
 その後グループの皆さんをはじめたくさんの方から「良かったよ」という声を頂きました。自分が演技で伝えたいこと、マジックの楽しさを演技のなかで皆さんに伝えることができたと思います。

1

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

名古屋市女性会館存続の署名、16000名に迫る!!

  昨年名古屋市の事業仕分けで「廃止」に仕分けられた名古屋市女性会館の存続を求める署名活動が女性会館を守る会が主体となって行われました。年末と年始という大変難しい時期でしたが、1月末現在で河村市長に提出する分で13382名、2月1日現在で15728名に達しました。

  この署名活動には、我が名古屋華マジカルグループのみなさんも積極的に取り組んでいただき、900名以上の署名を届けることができました。本当にありがとうございます。

 これも自主的な社会教育の場として、160前後のサークルが活動をする拠点としての女性会館を何としても存続させたいという人たちの強い熱意の賜物です。

  1月25日に第一次の集計と整理が行われ、2月1日にその後の分も含めて整理がされました。名古屋市議会議長に提出する分は、15657名になりました。これからも出されるものもあるそうでまだ増えるはずです。

 これらの署名は2月9日(木)午後1時半に、河村市長に面会して手渡される予定です。また、市議会議長には2月10日(金)午後13時に、議長に面会して手渡されることになっています。両方とも12時ごろに女性会館に集合して出かける手はずになっています。

 女性会館を守る会では、以下のような学習会と報告会を予定しています。

  ◎事業仕分けについての学習会 

 名古屋市広報課へ「出前トーク」を申込み、総務課から担当者が来て話を聞くことになっています。2月21日(火)13時半が有力ですが、この日が都合が悪い場合は2月29日(金)に予定しています。いずれも13時半から第3研修室でです。定員は先着50名。

 ◎名古屋市女性会館のこれからを考える会

 これまでの守る会活動の経過報告と会計報告。活動を署名活動だけで終わらせるのではなく、これからの女性会館はどうあるべきか、どうあってほしいかなど利用者の皆さんの率直な意見を出し合い、ともに考えて行きたいということで企画されました。女性会館副館長も出席の予定です。

  ・3月5日(月)10時から  第一研修室

  ・3月8日(木)13時半から 視聴覚室

  ・3月9日(金)18時から  第一研修室

  いずれも内容は同じです。

  なお、女性会館を守る会の情報は「ボランティアルーム」にあります。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »