« かれい倶楽部マジックショー案内 | トップページ | お花見が待ち遠しいこのごろです »

2012年3月30日 (金)

東日本復興応援ツアーに参加

東日本復興応援ツアーに行ってきました。

 

  3月19日から3日間、いわて花巻空港から八戸に入り、翌日、災害でずたずたになり一部復興した三陸鉄道に乗りました。

 沿線から被害地を見て、車掌さんの説明聞きながら宮古駅まで乗りました。車掌さんの住んでいる田老は、ほとんど津波で流され整地されていました。

   宮古駅から浄土ヶ浜の一隻だけ残った遊覧船で海から視察しました。この船はお客をおろしてまだエンジンがかかっていたので、沖に逃げることができて奇跡的に残った話など聞きました。

宮古から釜石、陸前高田市など震災を体験した災害ガイドさんに説明を聞きました。

 

  ほとんど整地されていましたが、瓦礫の山がうずたかくあっちこっちに積まれていました。ビルなどはまだ震災のままも数多く残っていました。3,4階まで津波の傷跡が生々しく残っていました。

 中学校の生徒が小学生の手を引き、途中で逃げている幼稚園の子をおぶり、なお避難途中の車いすの介護者の椅子を押し避難した話や、情報が何もなく、10日目にやっと自衛隊のバスで仮設テント風呂まで行った時、はじめて何もなっかったように建っている家が多くあるのに驚き、何故自分たちだけが、こんな目に・・・と、それから落ち込んだ話、海岸や河岸にほとんど防波堤が築かれてあったので防波堤に遮られいつもは海を見ていなかった、防波堤を過信していたなどいろいろな体験談をききました。

 津波でさらわれた場所はほとんど解体され、すでに整地されていました。

津波が来なかったところは、地震にも被害がなかったように日常の生活になっていました。りっぱな家も数多く、その差におどろき被災者の無念さに心が打たれました。

 

  少しでも復興の応援にといろいろ買い物して帰りました。

こんな悲惨な災害が二度と私たちの地に来ないこと願うばかりです。  

 

                                                              Y.O. 

|

« かれい倶楽部マジックショー案内 | トップページ | お花見が待ち遠しいこのごろです »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

  東北の震災をテレビ画像の中での思いとあなたのように実体験での体験とでは全く異なるとは思いますが、日本という世界でも小さな国だと思うのですが、震災当時は中国やブラジル等の大きな国の人達は日本全土が震災と津波にやられたと思われたようですぐに母国に戻るように言われましたよ。と言っていましたが、東北と言っても広いのでその中でどこかからは隣り合わせで何ともなってない家を被災された人がみればショツクだったことでしょうね。被災された人の口から出るつぶやきが一番心に残りますね。1日も早く地震や津波の恐怖と原爆禍がなくなるよう祈るだけですね。

投稿: fumiko | 2012年3月30日 (金) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かれい倶楽部マジックショー案内 | トップページ | お花見が待ち遠しいこのごろです »