« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

マジッシャンズクラブ 仙台 発表会 レポート

 4月22日(日)は仙台マジッシャンズクラブの発表会だった。昨年の発表会は、東北の大震災の直後の予定だったが、大半の会員達や関係者が被災されて中止となっていた。

 今回の発表会は2年ぶりの開催となり、名古屋華マジカルグループの鈴木講師が特別ゲスト出演された。かねてより、講師は「仙台は第二の故郷」であると言っておられた。20代の頃仕事の都合で仙台に住んでおられたそうで、彼らとの間に、長年の深い絆を感じた。

 かってのマジック教室の教え子たちは、立派なマジッシャンとして多数活動していたのだ。そして会場に来られてアシスタントを務めて下さったり、舞台や楽屋にも、皆さんが来られて再会を共に喜んでおられた。

 仙台マジッシャンズクラブといえば、東北地方のマジッククラブの中心的な存在であり、以前に私もゲスト出演させていただいていた。会員は30人だそうだが、イベントの内容が群を抜いて素晴らしかった。会員として優秀な人材が揃っているのだ。

 一部は「かぐや姫物語」で大きな展開の中で、東北大の大学院の学生5人がそのドラマの設定の中でマジックを披露していた。演劇関係の舞台出身者の演出、シナリオライターによる筋書き等、会員の中にそれぞれ役者が勢揃いとお見受けした。

 駐車場に「舞台監督工房」と大きく書かれた、大型ワゴン車が駐車してあった。後で分かった事だが、照明、音響他、舞台一式は専門業者に委託され3人の係員がその任に当たっていた。

 相当の費用が計上されているのではと感じた。打ち上げの際にそっと聞いたら、何と舞台監督工房だけで30数万円と聞きびっくり仰天、その意気込みは趣味の域を超えていると感じた。

 鈴木講師の出演内容は、アヒルのプロダクションの中に数々のマジック道具の出し入れをしながらのバラエテイ的なものもあった。会場一杯に鳴り響くたくさんの拍手を頂き、マジッシャンとして最も幸せの瞬間だったことでしょう。私はアシスタントとして手伝いをさせていただいた。

 翌日(月夕方)はマジックバーにおいて、夕方6時からマジッククラブのレクチャーがあり、クラブ以外の愛好者など会場は、発表会のような規模ではないが満席であった。やはり、仙台マジッシャンズクラブからも、会長他数人参加しておられた。私は演技を担当した。

 同日のレクチャー前は講師の友人らの案内で、被災地の現状を見て回った。テレビで見ていた信じられない光景が、そのまま目の前に広がっていた。道中の市街地には、まだまだ撤去されていない大きな船が、あちらこちらに放置されていた。アンバランスなコントラストに唖然として、しばらくの間言葉にならなかった。しかし、あれから被災者は立ち上がり、確実に復興への足音が響いていた。

 被災された第二の故郷の皆さんに「マジッシャンとして癒しと労いを」 その機会を与えてくださった仙台マジッシャンズクラブの皆様に敬意と感謝申し上げたい。そして、すべての関係者の皆様にも感謝申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

                                大曽根みずほ

続きを読む " マジッシャンズクラブ 仙台 発表会 レポート"

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

旅行での楽しみ

旅行での楽しみ

 マジックをやっての1つの楽しみは、人に喜んでもらうことだと思っています。私は、変人でしょうか?「目立ちたり屋」といわれ色々やっています。人に喜んでもらうより自分が楽しいのです。普通じゃありません。

 外国でやるのが楽しくてたまりません旅行の30%ぐらいは披露目的です。他人とのツアー旅行ですと帰るまでに仲良くなり相手にも感謝されより楽しい旅になります。

 国内旅行は、バスの中で立てない為、マジック披露が出来なく一泊旅行では外国のほうが安上がりでもっぱらアジア地区です。この間は、韓国の慶州でワイフと2人だけの旅でがっかりして帰って来ました。

 

 外国でやると皆さん陽気でのりのりに成ってくれま。ペナン、香港、中国、フィリピン、(パリー)でやってきました。先週は、上海でホテル、レストラン、空港ラウンジでやってきましたがもっともっと見たいとの事で、新城の人にこの続きは老人ホームでやるので紹介してと別れました。

 このままエスカレートして外国でトラブルになったらと考えなくてはいけませんが出張でのトラブルも何回も通り越してきました。真面目にやれば悪いことをやっているわけもなく通じれば理解してくれると思っています。

 今後は、国内はサムチップ手品を電車、バス、行列の出来る所で赤ちゃん、小さな子供にやってみたいと思います。反応が楽しみ!外国では公園etc人の集まる所でチャンスがあるんじゃないかと思っていますどんなハプニングが起るか?出来るかな?

 そういえばこの間の例会の時イランで相当もてた話を聞きましたが?今までの個々の経験は長すぎて紙面にかけません今後経験した度アップしたいと思います。よろしく!

                                  K,N

           

Photo

                   

 

 

 

                             

 

 

 

                             

 

                             

 

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

Jadeさんから井階君の関西奇術連合コンテスト受賞のお祝い

 第1回名古屋華マジカルグループの発表会で特別ゲストとして出演頂いたアメリカのプロマジシャン、Jadeさんから、井階君の受賞を祝うコメントが入りました。

 

 多くの人に読んでいただけるように、本文にコピーしました。

 Congratulations on winning the second place award for your participation in the Kaksai Magic Federation competition held in January!!!  I wish I was there to witness your outstanding performance!  Best wishes for many more awards to come! 

Warmest Regards,
Jade

2012年1月に行われた関西奇術連合会新年大会演技賞受賞、コンテストで第二位の成績おめでとうございます。

あなたのすばらしいパフォーマンスを会場で是非とも見たかったです。

これからの更なるご活躍を期待しています。

Jade

| | コメント (3)

2012年4月22日 (日)

マジックと脳の働きについての興味深い本

先日、朝日新聞の書物の広告で面白そうな本を見つけた。題名は「脳はすすんでだまされたがる」で、副題が「マジックが解き明かす錯覚の不思議」と書いてあった。著者は、スチーヴン・L・マクニックとスサナ・マルティネス=コンデで、サンドラ・ブレイクスリーがまとめたもののようだ。発行は角川書店で2100円である。

 コピーには、「コインが消え、鳩が飛び出す。マジックは古来人間の脳機能を熟知して、その裏をかくことで発達してきた。神経科学の見地から脳がだまされるプロセスをやさしく解説」としてあった。

  2100円という値段に躊躇したが、たまたま栄地下街の丸善書店に立ち寄ったらあったので買った。まだ、読みかけたところだが、大変興味深い。というのも、2人の脳神経学者が、世界中を旅行して、数多くの一流マジシャンに会い、トリックを学び、さらには、マジックショーを企画し、ハリウッドにある世界的に有名なマジックキャッスルで本物のマジシャンのオーディションを受けたのだ。そして世界で初めてニューロマジックの科学を作り上げるのだ。それを詳細に書いてある。

  二人はアリゾナ州フェニックスにあるバロー神経学研究所(BNI)の神経科学者で、スチーヴは行動神経生理学研究室長、スサナは視覚神経科学研究室長である。二人は、ニューロンと呼ばれる個々の神経細胞からなる脳が、一人称の経験の感覚、すなわち、意識性を生み出す過程に興味を抱いているそうだ。ニューロンが相互につながって特定の回路を形成し、意識性が生まれる。これがどのようにして起こるのかは究極の科学的な謎であり、神経科学は今まさにこの謎を解こうとしている。(P.5)

  いったいニューロンのつながりがどのようにして意識を作り出すのかということは知りたいところである。 

  序の冒頭に、次の警句が書いてある。

 クラークの第3法則―「高度に発達したテクノロジーは魔法(マジック)と見分けがつかない。

 ニ―ヴィンの法則―「高度に発達した魔法(マジック)はテクノロジーと見分けがつかない」

  これは誰にでも納得のいくところであろう。コンピューターの発達によってもたらされた高度のテクノロジーは、まるで魔法の世界と同じである。それは日々のテレビコマーシャルをみていてもわかることだ。

  マジックは、私は、アナログの世界だと思うのだが、非常に訓練されたスライハンド・マジシャンのマニュピレーションやイリュージョンの世界はテクノロジーと見分けがつかない。

  マジックの世界では、種明かしをすることはいけないとされている。しかし、この本によると、世界ではアマゾンサイトで「magic」と検策すると何と75000冊もヒットするという。Youtubeでもほとんどすべてのマジックのトリックが見られるという。

  そのマジックが脳のどういう働きとどのようにかかわっているのか、わくわくしている。

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

はてなでマジック講習会

マジックバー「はてな」のマジックレクチャーのご案内です。

二川滋夫先生が講習をされます。下記のチラシをご覧ください。

5月4日金曜日、13時と17時の2回

会費は4000円

場所は名古屋駅前キャッスルプラザの地下「マジックバー・はてな」

Photo

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

大好きな越路吹雪の名曲「愛の讃歌」誕生秘話を見て

越路吹雪が歌った「愛の讃歌」は私の大好きな歌である。元の歌は有名なシャンソン歌手のエディット・ピアフが歌ったもので、歌詞の内容も歌い方も激しいものである。

 ピアフを描いた映画が上映されたときは見に行った。それで愛の讃歌の誕生のいきさつを知ることができた。

  しかし、ピアフの名曲をどうして越路吹雪が歌うことになったのかは知らなかった。4月4日のNHK歴史ヒストリアを見て初めてそれが分かった。

  昭和26年に、越路吹雪は宝塚歌劇団のトップスターを自ら辞めて独立した歌手の道を歩き始めた。そのときマネージャーを務めたのは同じ歌劇団の文芸部にいた親友の岩谷時子であった。

  東京に出て活躍を始めて1年たった昭和27年9月に、日劇の大舞台でオオトリを務めることになった。それはオオトリの大歌手が急に出られなくなったので急きょ越路吹雪が起用されたのであった。

  越路が歌う曲はエディット・ピアフの「愛の讃歌」であったが、フランス語なので感情をこめて歌う自信がなかった。そこで岩谷が日本語の詩を書くことになった。岩谷は元歌の内容の説明を受けてその激しさに驚いた。

  歌詞を書く時間は1日しかなかったが、岩谷は徹夜をして書き上げた。それがあそ「愛の讃歌」である。歌詞は一筋に恋人を思う気持ちを日本語でロマンチックに表現されていた。

  ”あなたの燃える手で 私を抱きしめて ただ二人だけで生きていたいの・・・・”

  越路はその歌詞を見て「恋を知らない貴女だからこんなすごい歌詞を書けたのね」と言って笑いだしたという。

  オオトリで感情豊かに歌われた愛の讃歌を聞いて聴衆はみな魅了されたという。確かに越路吹雪の歌い方は、エディット・ピアフとは全く違う。しっとりと心に訴える唱法だ。

  ピアフの方は失った自分の大事な恋人を思い激しく切なく歌っている。それはそれでよい。

  30歳半ばの頃、シャンソンのコンサートでアマチュアの男性歌手が愛の讃歌を歌うのを聴いた。そのとき自分も歌えたらいいのに・・・と羨ましく思った。

  それから何十年か過ぎて、カラオケを始めたとき、越路吹雪の歌が同じキーで歌えることが分かった。それで「愛の讃歌」や「サントワ・マミー」や「忘れないで」などを覚えて歌うようになり、私の持ち歌になった。

  歴史秘話によると、越路吹雪は当時の宝塚歌劇団の中で一番広い音域を持っていたという。私は、女性にしては低い声で私にも歌えるので意外であった。

  岩谷時子は、愛の讃歌の作詞がきっかけで大作詞家の道を進んだ。しかし、生涯マネージャーを務めた。ただ大親友からは報酬は貰わなかったのだそうだ。

                            ―H.S―

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

この頃よく思うこと―夫婦について―

 

 家庭をつくりたいと願望が高校を出てから強くなり,お見合いも成人式前後に数回していました。

 親の言うままにお見合いの席に出て、男性と話しました。(本当は恋愛がしたいという願望をもちつつですが、)

 19歳の時に、母親の知人からのお話がありました。しかしそれを断りました。そして、私の兄が会社を起こしたので手伝う羽目になりました。それが4年間続きました。

 兄の会社には綺麗な女性が経理で入り、営業に若い独身の男性が二人入りましたので、私は雑用係でした。

 そのひとりがとてもハンサム(今でいうイケメンですよね)で営業を担当していて、私は車の助手席に乗っては仕事に出かけました。年が同じぐらいでしたので友達のように話していました。まったく結婚する気などはない自分でしたが、その時男の子と話をすることは楽しいなと思ったことが思い出として今でも残っています。

 5年後に今の主人とお見合いの話が出た時びっくりしました!というのは、19歳の時に写真と身上書を母が受け取って私の意向を聴いてきた同じ人だだったからです。

 それからはいろいろ問題もありましたがすべてクリアして、昭和41年5月7日に結婚式を挙げました。

 「縁は異なもの味なもの」という俗諺が私の脳裏をかすめます。50年近い結婚生活で、夫婦二人だけの子供のいない男女の家庭がずーっと続けられたのも、私の親や兄弟、そして夫の両親や兄弟とのかかわりが大きく影響していますね。

 お互いに親子として、兄弟姉妹として、時には親を囲んで集まり、ご飯を食べたり、お茶を飲んだり、近場に旅行したりしました。それぞれの家族が増えればお祝いを出し、不幸があれば慰め、お見舞いに行ききして過ごしてきました。 

 今70歳になろうとしています私が、マジッククラブにご縁をもらって参加できるのも夫が陰で協力していてくれるお蔭です。

 と思うものの・・・高齢のため耳がとうくなった主人と大きな声で二人で口論をして終わったところです。さて、何が原因だったっけと思ってしまう。後で考えると他愛もないことで・・・・・。

 

                        ―F.H―

Cimg3263



Cimg3301

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

お勧めの花見スポット、名古屋城外堀と名城公園

 サクラの花見は、天候に恵まれるかどうかで大きな違いがある。今年は4月に入って暴風が日本列島を吹き抜けた。その影響で数日前は風がきつく、満開の頃はどうなるのか心配であったが、日曜日、月曜日ととても良い天気で、ことに9日の月曜は気温も上がり風がなく絶好の花見日和となった。

 10日ほど前から友人たちと9日に名古屋城へ花見に行く約束をしていたのだが、運よく好天に恵まれた。

  地下鉄を丸の内で下りて歩いていくと、桜が見えてきた。能楽堂の近辺の桜だ。歩道橋を渡って行くと下の方に桜が咲いているのが見えた。下に降りて写真を撮った。ちょうど満開で白く輝いていた。

  能楽堂に入り休憩していたら、妹の亭主が声を掛けてきた。向こうも驚いたが、こちらも驚いた。妹と一緒にお城の桜を見に来たと言った。そして、名城公園に行くとチューリップも見られると勧めてくれた。

  そのあと、名古屋城には入らず、お堀に沿って歩くことにした。城の西側には水を張った堀があり、ハクチョウが三羽泳いでいた。その向こうの石垣に一面に桜が張り付いて咲いていた。桜のフェンスのようであった。堀の水面と桜のマッチングがよかった。

  Uさんが「名古屋城がみえないのね」と言ったが、しばらく歩いていくと、金色に輝く鯱を載せた名古屋城が桜の中に現れた。岸の歩道の柳は薄緑の芽を吹きだしたところでそれもよかった。「柳青める日、桜が城に映える日・・・」と思わず口をついて出た。(この歌謡曲を知っている人は高齢者だ)

  隅櫓を見ながら北側の道をお城の桜を眺めながら歩いた。堀の端まで来ると、また名古屋城が望まれた。枝垂れ柳の間から城と桜を写した。

  名城公園に入ると橋があり、その向こうに岸に沿って桜が広がっていた。公園では家族連れが弁当を食べながらくつろいでいた。ここは鶴舞公園と違ってピクニックに来ている人ばかりだと思った。私たちもオランダ風車のそばのベンチに腰かけて休んだ。

  チューリップの花畑は管理センターの近くにあった。色とりどりのチューリップが咲いていた。その他に「ギンヨウアカシア」とか赤い「ナンヒサクラ」という珍しい花の木が花をつけていた。

  携帯電話の歩数計を見たら、約7500歩歩いていた。花を見ながら運動にもなりとてもよい花見となった。この名古屋城の周りや名城公園はお勧めのスポットである。

                                    ―H.S―

Cimg3353

Cimg3362

Cimg3365

Cimg3369

Cimg3373

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

豆腐のような豆乳ヨーグルドと作り方

3月の初めに書店で「免疫力があがる『腸』健康法」(新谷弘美著、三笠文庫)という本を見つけ、興味をひいたので買って来た。

 その本に乳酸菌がよいと書いてあった。また、牛乳より豆乳の方がよいとも書いてあった。

  私は、2000年に知り合いから「カスピ海ヨーグルト」の種をかけてもらい、以来ずっと牛乳でヨーグルトを作って食べてきた。しかし、豆乳で作ることには全く思いつかなかった。

  ふと、豆乳でもできるかも知れないと思い、さっそく豆乳を買ってきて作ってみたらできた。でも、心配なので、インターネットでカスピ海ヨーグルトについて調べたら、豆乳でもできると書いてあったので安心した。

  豆乳は最初名酪のスジャータ有機豆乳(成分無調整)を買ってきて作った。1日では固まらなかったが、2日置くと固まった。

  食べてみると、柔らかい豆腐という感触であった。以前、豆腐料理専門の料理屋で出された柔らかく崩れた豆腐を思い出した。色も味も豆腐そっくりで酸味もない。

  そのままでも十分食べられるが、醤油や味噌などでちょっと味をつけるのもよい。味噌汁を混ぜてもおいしかった。また、自家製昆布の佃煮やえのきの佃煮などでも試したがよく合う。蜂蜜漬け梅干しでもおいしく食べられた。ふりかけを混ぜてもおいしく食べられる。

  要するに、豆腐と合うものなら何でもよいのだ。それで、最近では牛乳で作るヨーグルトは種として残し、豆乳で作ることにしている。

  この豆乳ヨーグルトはお勧めである。ぜひ、試してもらいたい。なお、豆乳で作るときは、瀬戸物の蓋が密閉しない容器がよいようだ。空気の量によってでき方が違うように思うからである。

 私の作り方は、コップぐらいの大きさの容器に牛乳で作ったヨーグルトを大匙2杯分入れて豆乳を満たし、かき混ぜてから2日間置くだけである。

  容器は殺菌した方がよいと思う。豆乳は無調整のものを使っている。スジャータ豆乳は900mlで198円、イオンの有機豆乳は1000mlで198円である。スジャータの方が成分はよいようだ。

                   ―H.S―

 

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

お花見が待ち遠しいこのごろです

 会員の皆さん、こんにちわ! 例会が変則的になっているので、ずいぶんご無沙汰しているような気がしますね。

 朝夕にまだまだ寒く、さくらの開花時期がもうすぐとの天気予報ですが、お花見気分には程遠い昨今ですね。体調管理を十分お気を付け下さい。

 先日Sさんがビデオ撮りをしてくださいましたが、その後すぐ演技者全員のお手元に事務局より発送させていただきました。

 ご覧になって稽古される時の参考にしておられますか?是非ご覧いただき気付かれた個所の修正をお願い致します。

 発表会の期日も迫って来ました。後、2~3回の稽古となりました。次回の午前の教室は、いつものように複数のグループレッスン等となっていますが一グループ都合により予定変更となりました。

 個々の出演者に於かれても、ビデオをご覧になった後の手直しの稽古に参加出来ます。時間に少し余裕がありますのでご一報下さい。先ずはご自身の演技を直視し、ビデオで学びましょう.

                                                    事務局

| | コメント (4)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »