« 第2回名古屋華マジカルグループ発表会を見て―①― | トップページ | 体験教室のご案内 »

2012年5月28日 (月)

第2回名古屋華マジカルグループ発表会を見て―②―

小関さんのコメントの続きです。

15. M.Iさん

   堂に入った演技、ステージ経験が物をいうことを物語っている。演技中客を見てやられるのは演技が身に就いているからでしょう。合間に見るのは容易いが。尻を見せない後ろに下がる下がり方は真似したいもの。僕はこの下がり方が好きです。演技が音楽と合って気持ちが良い。また、最後にキャッスルカードと噴水カードの構成はフィニッシュとして良かった。

16. Y.Oさん

レコード盤の色の変化は現象がハッキリしていて分かり易く、不思議さが出たと思う。参考にしたい。また動きながらの演技も見易かった。

ウサギの変化で腕に輪ゴムを嵌められたのは変化が分かり易かった。左右に動いて蓋をひっくり返されたが、客にひっくり返すのが分からなくて良いと感じた。フィニッシュで前に出てひっくり返すのが前技のひっくり返しを見逃させる効果を醸し出して非常に良いと思いました。

17. Y.Oさん

司会者が二人を紹介されたのに一人で演技され、あれと思った。手品をカジッタ者には頭の出し方が不思議に思えたでしょう。カップばかり見て、テーブルを見ていないから。ナポレオンと同じく、種明かし的に終われ不思議で良かったと思う。コンビの合せるのが難しかったでしょう。

18. S.Sさん

道具が大物で見易かった。前の方では出し方を変えられ綺麗だったが、途中から餅投げのようにも見受けられた。出せばいいのでなく出し方を工夫されたらと思う。しかし、沢山の花には見応えがあった。左右の葉っぱだけのが一瞬にしてチューリップ?が咲いたのは不思議で綺麗だった。ただ、右側の時は足の動作が感じられた。良い方法はないでしょうか。

19. S.Mさん

バック、衣装、スタンドの配色が合っていた。シルクの結び目をよく見せられ客が何をしているかよく理解できたと思う。

通常6枚シルクと言われるもの。ただ6枚シルクには2色あり、余りやられない方の演技だったと思う。それで3枚とタイトルをつけられたのでしょう。

90cmシルクだと思うが大きいのはいいね。チェンジバックの使い方が良かったと思います。

20. K.Kさん

声量があり、演技も上手かった。

布目貫一さんと違った加納さん独自のオリジナルと聞いたが、東郷マジッククラブで行われたのと全く同じと感じたが、東郷の方でしょうか。それとも変って来られたのでしょうか。

21. H.Sさん

  テクニック、見せ方をよく研究されている。移り変りも非常に良かった。

  拍手が無かった。これは神藤さんの演技が上手い証拠。拍手が無いから私はダメとよく聞くがそれは手品を未知な人の言うこと。ロープ切と同じで神秘なものは見とれて拍手を忘れさす。だから私は上手いと解釈しました。その証拠に終わりに拍手が沢山あったではないか。

22. S.Iさん

けんかい箱(和せいろ・宝箱)は三瓶さん作を使われ、60cmシルクは映える。また子供さんの扱いが上手い。子供さんが良くアシスタントを務めてくれたと感心しました。

フアンティングシルクで何cmか分かりませんが、最後は90cmものだと思う。なんとも言えない綺麗さを感じた。

さらに、最後の3人のポーズはいいようのない良さを感じた。トリ的役割と取りました。

ただ、もう少し真ん中で演技されると良かったと思う。一寸左過ぎでしたね

以上

|

« 第2回名古屋華マジカルグループ発表会を見て―①― | トップページ | 体験教室のご案内 »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回名古屋華マジカルグループ発表会を見て―①― | トップページ | 体験教室のご案内 »