« 脳の若さ チエックリスト十か条 | トップページ | 第三回合宿セミナーの賑わい »

2012年8月24日 (金)

名古屋華マジカルグループのホームページ作りに挑戦

 私はずいぶん前にホームページ作りに挑戦したことがある。ホームページビルダーという本とソフトを買ってやり始めたが、結局最後まで行かずに、アップロードで失敗してやめてしまった。その頃は確かホームページ作成のHTMLという特殊な言語も使っていたように思う。

 それ以来ホームページは諦めていたら、その後blogが出て来たのでblogを始めた。

 先日、名古屋華マジカルグループの会長からホームページを作りたいと相談があった。その時は私はできないと答えた。ところが、翌日、Cafe Vitaで加藤さんにHPのことを聞いたら無料で簡単にできるよと言った。彼はホームページ作りのプロフェショナルだったのだ。

 ホームページをプロに頼むと、10万円から上は1000万円以上までピンキリだと言った。実際彼はある大学のHPを請け負ったが1000万円以上で請け負ったと話した。

 その彼が無料で簡単にできると言ったのだ。私はすぐに飛びついて作り方を教えて欲しいと頼んだ。彼は快くいいよと言ってくれてすぐに店にあるパソコンでやり始めた。

 必要なのは、Googleのemailアドレスを取得することであるが、それは私も持っているので問題なかった。(Gmailアドレスは簡単に取得できる)

 まず、私のようにGoogle Chromをインストールしてあれば、上部のメニューバーにGoogleのメニューが並んでいるので、その一番右にある「もっと見る」をクリックし、その中の「もっと見る」をクリックすると、Googleのいろんなサービスの一覧表が出る。その中の右側の列にある「サイト」をクリックするのだ。

 「サイト」の中に「作成」というラジオボタンがあるからそれをクリックする。一番上にある「テンプレート」を選択する。テンプレートはGoogleが提供するホームページの基本デザインでいろいろあるからとりあえず好きなのを選ぶ。後で簡単に変更できるのだ。それからサイトの名前を付けるのだ。これは自分が作りたいホームページのタイトルである。

 次は指示に従ってサイトの場所を作るのだ。「テーマ」は飾りのようなものである。クリックするといろいろ出てくる。

 それから暗号のようなものを解読して記入し合っていれば作成画面に入れる。

 インターネットで調べるとここまでの一連の作業を説明したblogやHP(下記参照)があるが、英語の画面を使っている。しかし、実際は日本語だから心配はいらない。

 作成画面に入ると、最初に作るのは「ホーム」というHPの最初の画面である。加藤さんは、適当に説明しながら2ページ、3ページまでやり方を教えてくれた。「ホーム」からページ作成までは同じ作業であるからどうってことはない。

 さて、親切に教えてもらって、それを頭に叩き込んで家に帰った。そしてすぐに自分のパソコンでアカウントを獲得をし、作成の画面に入った。あの暗号のようなものは一度解読に失敗したが2度目にうまくいった。

 タイトルを入れ、写真の挿入などもできたが、タイトルの変更やサイドバーの順序の変更がどうやってもできなかった。できるはずだと思いいろいろと試してみたり、ヘルプも読んでみたが分からなかった。

 次の日は朝から再びホームページ作りの続きをやり、昨日できなかったことも試みたが4時間ほど四苦八苦しても分からなかった。仕方がないから分かるところだけ作って、URLを加藤さんに送り、分からないところを教えてもらうことにした。

 教えてもらいたいことを紙に書いて持って行って話したら、そんなことは簡単なことだと言った。でも、こちらにすればその簡単なことが分からないのだ。でも、そこまで作ったことについては「たいしたものだ」と褒めてくれた。

 一つひとつ説明をしてもらったが、結局作成画面の右上にある「その他」ボタンの中に「サイトの管理」というのがあって、そこに私が知りたかった操作がすべて入っているのだ。「サイトの管理」は「サイドバーの編集」からも同じところに入れる。

 タイトルの文字の変更、色の変更、メッセージボックスの背景の色の変更、テキストボックスの挿入・変更、サイドバーの順序の変更・・・・などほとんどのことができることが分かった。

大事なことは「ナビゲーション」がサイドバーなどにあるページボタンのことで、「コンテンツ」がページの内容であり、「ガジェット」はテキストボックスや画像などのことである。だからそれに応じて変更をすることである。

 なお、作成・編集画面には、右上に「ページを編集」ボタンがあるのでそれをクリックして編集をするのだ。また、その隣にある「新しいページ」ボタンで新しいページの作成ができるのである。大事なことは「保存」を忘れないことである。

 出来上がったら「共有」ボタンで、公開の方法を選ぶ。作成中は「自分だけ」とか「URLを知っている人だけ」を選ぶとよい。

 いろいろと苦労をしてホームページの作成法を勉強したが、加藤さんのお蔭である。感謝!感謝!である。作ってみれば意外に簡単にできることが分かり、この世界も進歩したものだと感じた。

 なお、名古屋華マジカルグループのホームページは工事中なのでしばらくお待ちください。

 参考のために「非常に簡単なホームページの作り方」のURLを紹介する。

 https://sites.google.com/site/yonimosutekinahosoku/

|

« 脳の若さ チエックリスト十か条 | トップページ | 第三回合宿セミナーの賑わい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳の若さ チエックリスト十か条 | トップページ | 第三回合宿セミナーの賑わい »