« レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― | トップページ | サムタイについて補説 »

2012年10月30日 (火)

「サムタイ」 講習会27日(土)の賑わい

  10月27日(土)の例会は10月では、2回目の例会であった。かねてより、年一回の合宿セミナーに参加された、外部参加者の演技が注目の的になっていた。ベテランのマジシャン達には、長年の経験からの身についたエンターテーナーとしての彼らの存在に、名古屋華グループの会員達が魅了されたのだ。

外部参加者の皆様を、時々講師として招聘してほしいとの声が高まっていた。そこで初めて、某クラブ会長のH講師のサムタイの講習会の実現となったのだ。エンターテーナーとしての彼の技量は、マジシャン仲間でも定評があり、講師としていくつかのクラブも担当しておられる。

27日彼のサムタイの講習日であったが、この日は会員に7~8人休みの届が出ていた。しかし、当日思いがけず一般の見学者5人、マジック経験者2人の7人の見学者がこられた。会議室は満杯状態となった。最近は、インターネットのブログやホームページをご覧になって,ボランテアの依頼や見学者の申し込みが多くなっている。

  H講師のサムタイの講習では、初心者などにご配慮いただき、念入りに回って教えていただいた。感動したあの合宿のサムタイの不思議さが分かったと、会場は騒然となった。これはボランテアでいける等、一般参加者も大喜びだった。他にもシルクを使ったマジックを教えていただき、2つのマジックを演技として続けて見せるマジックを教えていただいた。

このほかにも4~5人の合宿セミナーでの演技者に、講習依頼をお願いしている。其々の合宿セミナー参加者の皆さんとの交流会は、思わぬところで名古屋華グループの刺激となり、会員達への波及効果も大きい。

 当グループでは、3時には休憩のテータイムとなっている。会員同士又は見学者との交流の時間でもある。親子さん連れもいらしたので、子供さんたちとも語らいや、笑い一杯の賑やかな講習会だった。

今後も順次例会に講師をお招きして、講習会の充実を計りたいと考えている。講師のHさん、見学者の皆さん、そして名古屋華グループの皆さん、楽しい一時を共にできたことに感謝申し上げます。先ずはお疲れさまでした。

                        大曽根みずほ

|

« レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― | トップページ | サムタイについて補説 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

先日の例会は多勢の参加者がありまして、大変楽しいマジックタイムでした。会長の尽力でたくさんの方に会えますことは、私の人生に色々な人間関係の存在意義を教えていただいております。ありがとうございます。

投稿: fumiko | 2012年10月31日 (水) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― | トップページ | サムタイについて補説 »