« TAMC 東京アマチュアマジッシャンズクラブ発表会 | トップページ | レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― »

2012年10月25日 (木)

散歩とICレコーダー

私が私を誉めるとすれば2つある。1つは禁煙が出来たことだ。半分麻薬的な喫煙を35年間続けた者に対して止める事は大変な事であった。3ヶ月いや3年?夢の中に出てきた。「吸ってしまった!」とびっくりして眼が覚め夢でよかったと安堵したことが何回あったことか?日中は推して知るべし。吸いたくてこじきのようになった時もあった。

 

もう一つは、散歩だ。定年後10年以上ちゃらんぽらんな私が誇れる2つ目だ。効用は健康維持だけではない。残された後わずかな人生を毎日毎日意義ある大事な生活をするには朝の散歩が欠かせなくなった。

 

散歩にはICレコダーを持っていき音楽を聴きながら歩いている。このお供のおかげで、1時間の散歩が10年以上も持続できている。散歩することがエンジンであるとするばICレコダーが燃料だ。曲目にはロカビリー時代のダイアナ、チュチュトレイン、ユーア・マイ-ディスチニー、オー・キャロルを聴くとエンジン全開だ!この時間が1日で一番充実感を感じている。

 

曲は150曲以上入っており、かなりの音響レベルで満足している。好きな音楽を聴きながら、雑念のないシンキングタイムを迎えると、日中では考えられないいろんなアイディが泉の如く沸いてきて妄想できる。

 

 

具体的にどんなことを実行しているか列挙してみる。

(1)1週間の予定を予習し、用意すべきもの、楽しく過ごすには何をすればよいか?準備する。

(2)マジックの演技法、出し物、介護施設訪問出し物、替え歌のアレンジetcで、反省点をあげ次の課題とする。

 

 

アイディアが出て実行しているものにカラオケマジックがある。この誕生はある時友達の創立記念日に呼ばれてマジックをやったが拍手はぱらぱら、カラオケのほうが受けけた時があった。

 

演技が下手であるのがわかるが大変悔しかった。この原因の一つにマジックは観客と遊離している部分もあるのではないかと歩きながらに考え、演歌とマジックを同時にやった。

 

 

このカラオケマジックが意外と受け、今後も研究していきたいと思っている。今までに3曲出来た。次は我がグループの替え歌だ。今の心境を替え歌に思いをのせ作った。出来たのが「命くれない」の替え歌で「名古屋華マジカルについて行きたい」だ。機会があれば是非ご披露させてもらいたい。

 

そのほか介護施設での発表企画etc散歩でなければばかばかしくて考えられないのが集中できることが面白い。次の命題を考え、人様に楽しんで貰えるのを妄想して散歩の時間を過ごしたい。

 

 

近頃、友達より「お前は昔と比べて一番変わった」と言われる。そう、学生の時は人前に立ってリードすることなどはとても考えられなかった。金魚の糞であった。それが今は、ご想像の通り、何か存在感を表現しないと満足出来ない様になりました。

 

 

こうなったのもマジックで披露する事と、散歩途中いろんな事を考えながら「豊かに、良いことがあるように一日を過ごそう」と思うからだ。こんな生活を10年以上やっていると、ついつい目立ちたがりやのようになり、自分でもびっくりしている。

 

 

人様に迷惑をかけていると反省する時がままあり、嫌われるなと後になって後悔することもある。

 

しかし、楽しくなるとアドレナリンが沸いてきて、今日も田舎のエンタテイナーNは何処かでほえている。  許して!

 

                                        ―K.N

 

|

« TAMC 東京アマチュアマジッシャンズクラブ発表会 | トップページ | レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カラオケマジックは面白そうですね。命くれないは大好きな歌の一つです。私もマジック初めて数年の若輩者ですが、いろいろマジックみましたがカラオケマジックは見たことがありません。又見せて下さいね。Nさん!

投稿: fumiko | 2012年10月26日 (金) 10時01分

名古屋華の華fumikoさーん、いつもコメント有り難うございます。給油されたみたいで又元気が出ます。fumikoさーんは、カラオケの文字があると気が騒ぐように思える。カラオケマジックは、教室で披露したことがあります。ブラシアップしたので機会があったら又見てください。飲み会でデュエットを唄えるのを楽しみにしています。

投稿: KN | 2012年10月28日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAMC 東京アマチュアマジッシャンズクラブ発表会 | トップページ | レクチャー「ワインと日本酒の比較」―①― »