« 第5回マジック公開講座の案内 | トップページ | 無農薬・無肥料で豊作の花ゆず »

2012年12月10日 (月)

PMTCではをきれいにする

 私は3か月に1回(年に4回)、歯のクリーニングをしてもらう。歯のクリーニングには健康保険の範囲でやれるものと、更に念入りにコーティングをする自費診療のPMTCがある。3日はコンドウ歯科の予約日であった。この日はPMTCをやることにしていた。

 午前に中国の李さんと久しぶりにSKYPEで話をした。その時李さんが「これから何をするの?」と聞いたので、「歯科へ行く」と答えた。すると彼は「歯が悪いの?」と聞いたので「歯をきれいにする」と言ったら、「金持ち!」と言った。李さんは小さな会社の社員だが収入はさほどでもないようだ。

 午後歯科へ行ってPMTCをやってもらった。PMTCというのは、Prpfetional Mechanical Tooth Cleaningの略である。

 若い女性の歯科衛生士が担当してやってくれた。初めに現在の歯の磨かれ状態を薬を塗ってチェックした。その後甘いものを吹き付けて歯をきれいにした。以前は塩を使っていたのが甘いものに変わったのだ。今の薬の方が細かくきれいにできると言っていた。

 それから歯石を取り除いた。そして何か薬を塗っていった。私は眠くなったのでそう言うと「寝てもいいですよ。口を開けていれば」と言った。PMTCを受けながら、きっと中国でやれば金持ちが多いから儲かるだろうなあと想像していた。

 丁寧にやってもらって、最後にコーティングをして1時間20分ぐらいで終わった。料金は5890円であった。

 途中でちょっと話をしたとき、彼女のアクセントが中国人のようであったので「貴女はどこの出身?」と尋ねたら、中国だと言った。彼女の日本語はとても上手なので日本人と変わらないくらいであった。「私は外国人に日本語を教えているけど、貴女の日本語はとても上手ですよ」と褒めた。

 彼女は日本の歯科衛生士学校で勉強したと言った。「貴女はいい技術を持っているから中国でやるときっと儲かるよ」と話した。本当かなあと疑っていたので絶対儲かると強調した。実際は歯科医師でないと開業できないのかも知れないが。

 それにしてもこういう分野にも外国人が進出していることに驚いた。

 コンドウ院長に、「私の欠損歯は幾つですか?」と尋ねたら、勘定して「一つです。素晴らしいです。同じ年代の人と比べても負けることはないでしょう。」と褒めてくれた。欠落の1本は昔行った歯医者の処置が悪くて抜いてしまったのであった。

 定期的に歯のクリーニングをすることで歯や歯周のチェックをしてもらえるし、普段きれいに歯磨きをする習慣がつくから、歯の健康を維持するには大事である。それに痛い目にあわなくて済む。

 以前にも書いたことがあるが、私はコンドウ院長が勧めてくれた特殊な焼き塩(Qiパワーソルト)を使って歯を磨いている。大変気持ちよく磨ける。塩なので後で果物を食べても味が変化しないので愛用している。

 一般に80歳までに20本の自分の歯を残そうと厚生労働省などが呼びかけているが頑張りたいと思っている。幸い今のところ歯周病も含めてどこも悪いところはないので嬉しい。

 コンドウ歯科は、この辺りに歯科が100m置きに1箇所あるぐらいの激戦地で大変はやっている歯科だ。予約は3か月待ちである。

             ―H.S.―

 なお、コンドウ歯科の売り物はインプラントと審美歯科とセラミックである。下記を参照。 

 HPは、http://www.e-kondou.com/implant.html

|

« 第5回マジック公開講座の案内 | トップページ | 無農薬・無肥料で豊作の花ゆず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第5回マジック公開講座の案内 | トップページ | 無農薬・無肥料で豊作の花ゆず »