« イーブネットフェステバル2012 「マジックショー&交流会に出演」 | トップページ | ミカンの効用 »

2012年12月 1日 (土)

我が家の秋の色

真っ赤だな、真っ赤だな

  カラス瓜って 真っ赤だな

  トンボの背中も真っ赤だな

  夕焼雲を 指さして

  真っ赤なほっぺたの 君と僕

  真っ赤な秋に 呼びかけている

 これは薩摩忠作詞、小林秀雄作曲の童謡の2番である。娘が子どもの頃よく聴いたので自然に覚えていたのが、我が家の小さな庭にカラスウリがなってこの歌を思い出した。NHKのみんなの歌で1965年に発表された歌だという。

 カラスウリが歌のように赤くなるのをずっと楽しみにしていたが、なかなか赤くならず、蔓も枯れてしまった最近やっと赤くなった。ちょうどモミジの木の下にぶら下がっているので、

   カラスウリって 真っ赤だな

   モミジの葉っぱも 真っ赤だな

だと思っていた。念のために調べたら、モミジは一番の歌詞にあった。ちょっと残念であった。

 このカラスウリだが、もともとは隣家の庭にあったのが、4年ほど前に我が家に侵入してきたものだ。ずっと蔓と葉っぱだけであったのが、今年は生け垣中に広がって、気が付いたら3つだけ実を付けていたのだ。

 子どもの頃、山で遊んでいて、カラスウリを見つけると嬉しかったものだ。そのことは以前に書いたように思う。もう一度触れると、実の中にある黒い種を取り出し、大黒様、恵比寿様と言って形を見せ合ったものである。

 歌には「トンボの背中も真っ赤だな」と書いてあるが、アキアカネはとっくに山へ飛んで行ってしまったから、おそらく真っ赤な赤とんぼのことだと思われる。

 我が家のモミジはなぜか今年は色がよくないのが残念である。 

               ―H.S―

 まっかな秋 http://www.youtube.com/watch?v=jPg15ndgc1w&feature=fvwrel

Cimg4780

|

« イーブネットフェステバル2012 「マジックショー&交流会に出演」 | トップページ | ミカンの効用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーブネットフェステバル2012 「マジックショー&交流会に出演」 | トップページ | ミカンの効用 »