« 12月、1月、2月の例会予定日 | トップページ | 第5回マジック公開講座の案内 »

2012年12月 6日 (木)

散歩とICレコダー その2

前回は自分のことを書いてみた。今回は散歩中感心していることを列挙してみる。

まずお母さんの清掃奉仕の事だ。せっせと毎日落ち葉集めをしている。自分の家の前だけでなく、近所10軒ほどの道路を清掃している。明るくなると散歩するので、夜が明ける前からやっているのだろうか?ここだけでなく時々他にも2,3人見かけるが私にはこの奉仕はむかない。頭が下がる。

次は床屋のお子さんだ。毎朝登校前にお母さんを相手にソフトボールのピッチャー投球練習をやっている(写真参考)。お母さんの熱心さ、子供の真剣な自主練習にほれて「試合があったら応援に行きたい」と言ったら、メール交換をお母さんとするようになった。今は試合のシーズンかもしれないが毎週試合があるようだ。

名古屋華の練習もあるが今後も折をみて応援にいきたいと思っている。球にスピードがあり中途半端ではない。私にはとても打てないと思う。試合のレベルが高く、勝ったり負けたりだがまだ低学年、将来が楽しみ。

まだ巨人の星ストーリーがある。これは夜の散歩の時だ。倉庫の裸電球の下でお父さんと中学生がバッティングの練習に熱心で1球1球声をだして振り回していた。お父さんがトスをし子供が球を打つ練習だ。30分か1時間の練習と思うが、今度見かけた時声をかけて応援に行ってみたい。

 次はラジオ体操だ。コースの中で2箇所公園を通る。写真の通り、15人ほど集まり毎朝やっているらしい。近所のお坊さんが福祉関係のボランティアをやっており、参加、を誘われるが歩くほうをメインに実行している。散歩も終り頃になると小学生の登校の時間だ。以前は進んで子供のほうから挨拶があったが、この頃はすれ違いのままの時が間々あり寂しいので、こちらから挨拶をする時もある。学校教育として知らない人には声をかけてはいけないと教育しているのだろうか?

 山を登るとき行き会う人と誰とでも挨拶をするが、朝の散歩もこの環境だ。独特の文化がある中で散歩を終わるが今日の始まりを感じる.。

                 ―K.N.―

Photo_2 

Photo

 

|

« 12月、1月、2月の例会予定日 | トップページ | 第5回マジック公開講座の案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月、1月、2月の例会予定日 | トップページ | 第5回マジック公開講座の案内 »