« カラスウリに占拠されてい生け垣をやっと剪定 | トップページ | 高齢者とカラオケ »

2012年12月23日 (日)

美味しい調整豆乳のヨーグルト

私は10年以上カスピ海ヨーグルトを使って自家培養の牛乳ヨーグルトを作って食べてきた。それを今年の3月ごろに豆乳を使ったヨーグルトに切り替えた。そのいきさつについては、4月5日のblogで書いた、

 その時使った豆乳は「無調整」の豆乳であった。豆乳は無調整の方が自然に近いので良いと思ったのであった。無調整豆乳で作ったヨーグルトは、柔らかい豆腐のように固まった。食感はとても良いのだが、匂いがよくなかった。何となく嫌な匂いがするのだ。

 2~3か月ほど続けていたが、あるときCafe Vitaでそのことを話したら、マスターが「調整豆乳を使ったらいいかもしれないよ」とヒントをくれた。それで試にイオンのトップバリューの調整豆乳を買ってきて作ってみた。

 あのちょっと嫌な匂いはなく、逆に調整豆乳のよい匂いが残っていた。味も調整豆乳には若干の甘みがあるのでそれも残っていた。そののままでも食せるいい豆乳ヨーグルトができていた。

 それ以来ずっと調整豆乳を買ってヨーグルトを作っている。調整豆乳のヨーグルトは無調整豆乳のような柔らかい豆腐のようにはならない。とろっとしたアイスクリームが融けたときの感じに出来上がる。

 それにメープルシロップをスプーン一杯ぐらい加えて食べると大変おいしい。ヨーグルトを作るとき、2日間培養することにしている。蓋つきの百円のカップに入れてテーブルに置いておくのだ。

 ただ、種用に牛乳を使ったヨーグルトも作っている。種はその方がいいように感じるからだ。

 トップバリューの豆乳は1箱178円で一番安い。栄養的にはどうなのか知らないがお勧めのヨーグルトができる。

※参考  無調整豆乳と調整豆乳の違い

 農水省が管轄するJAS法という法律があり、食品規格を明確に決めており、勝手にでたらめな表示が出来ないようになっている。豆乳には3種類ある。

(1)豆 乳:大豆固形分8%以上で添加物を使用していない他イロイロ
(2)調製豆乳:大豆固形分6%以上で食用植物油、砂糖など糖類、食塩以外使用していない他イロイロ
(3)豆乳飲料:

 (無調整)豆乳は大豆以外何も加えていない。調整豆乳は必要最低限の添加物(砂糖と食塩と香料)が加えられているというのが一番の違いである。調整豆乳の方がカロリーが低いのは、脱脂加工大豆(当然普通の大豆より脂質が少なく低カロリー)などが含まれるから。

                          ―H.S―

|

« カラスウリに占拠されてい生け垣をやっと剪定 | トップページ | 高齢者とカラオケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスウリに占拠されてい生け垣をやっと剪定 | トップページ | 高齢者とカラオケ »