« マジック大喜び―保育園の元気な子供たち | トップページ | 女性会館の今後について福井副館長から話を聞く会 »

2013年2月27日 (水)

守山生涯学習センターでのマジック講習会  -①一

 守山生涯学習センターから,HPを通して名古屋華マジカルグループにマジック講習会の依頼がありました。Oさん、Mさん,私(通称Nちゃん)の3名が指名をうけ担当することになりました。

 内容は通常の講習ではなく、「子ども落語とマジックに挑戦!!」~みんなを笑顔にさせる技術を身につけよう~のタイトルでした。3回コース(1/262/9・2/23)で、最終日は「みんなで楽しく演芸大会!」~家族や友達に楽しんでもらおう~の企画でした。

 指名された3人は慌てふためいたのです。おい!おい!2回の講習で企画通りにできるかよ!?!? なんだかんだで、そんな雰囲気のなかで、最初の講習が始まったのです。

 受講生の対象は小学3年生~6年生です。出し物は簡単なもので感動を与えられるものは何かを考えながら、選定に一か月ほどかかりました。

 最終的に 

   Oさん「ロープ切り、真田結び、2枚のカードから鳥がでる」

   Mさん「フルーツの好きなもの当て、3色ボールを3つの箱の中に」

   Nちゃん「ハンカチねずみと新聞紙でツリーの合体手品」

 さて、さて、出し物は?なーんだ普通の出し物じゃないか、ここからが大変なのです。

 家族の皆さん、友達の皆さんに、どのようにしたら楽しんでもらえるのかを考えながら、レクチャーを進めていきました。私たち3人も真剣なのですが、それ以上に真剣だったのが小学生のみなさんでした。ここに、私自身一つの感動を覚えたのです。

                           -続くー

|

« マジック大喜び―保育園の元気な子供たち | トップページ | 女性会館の今後について福井副館長から話を聞く会 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

blogおばさん登場しますね。。。Nちゃんのマジックはかえるでもひっくりかえるだったりハンカチねずみとか・・・???
あなた自身がマジックのような方だと思っていますよ。次回のblogも楽しみにしています。

投稿: fumiko | 2013年2月28日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジック大喜び―保育園の元気な子供たち | トップページ | 女性会館の今後について福井副館長から話を聞く会 »