« 守山生涯学習センターでのマジック講習会  -①一 | トップページ | 守山生涯学習センターでのマジック講習会 -②- »

2013年3月 1日 (金)

女性会館の今後について福井副館長から話を聞く会

 名古屋市女性会館は、市の事業振り分けで、「廃止」に選ばれ、私たちは急きょ「女性会館を守る会」を作って、署名活動をしました。そして、5万数千名の署名用紙を河村市長や市議会議長に提出をしました。

 その後この問題はどうなったのかと思っていいましたが、「女性会館を守る会」は桜井さん、清水さん、山崎さんたちの努力によって存続していました。そして、2月28日に女性会館の第3会議室で「福井副館長から《ほぼ確定の今後の方針》を聞く会が開かれました。

  会場は満席で補助椅子もたくさん出されていました。関心の高さをうかがわせました。男性は私の他は1人でした。

 本当はもっと早く今後の方向が決まるはずであったのが、市議会との関係で今年まで延びたそうです。現行の市議会て予算が認められれば、方向が打ち出されるということです。

 結論からいいますと、女性会館は存続します。ただ、事業振り分けでやり玉に挙がった「生涯学習推進センター」は25年に廃止になります。また、男女共同参画センターは女性会館と共同で行われますが、26年には廃止と決まりました。

 女性会館は建設後35年経過し、配管の傷みやあちこちに不具合が出てきているそうです。それでこの際予算が付けば思い切った改装をするそうです。

 トイレや部屋も改修し、屋上にある大井プールの残骸を取り壊して部屋を増設する案があるそうです。

 女性会館にはホールを含めて18の部屋があります。男女共同参画センターには8部屋あります。それを全部合わせた数にすることはできないかもしれないが、利用者の便を図って部屋の増設を考えているということです。

 では、そういう工事をいつから始めるかということですが、予定では10月後半から始めて半年間ということです。その間女性会館は閉鎖されます。

 もう1つ大事なことは、女性会館が民間業者に委託されるということです。26年度から指定管理業者に移されます。利用料金は管理業者が決めたのを市が妥当であるかどうかチェックするということです。女性会館が作られた趣旨からいって生涯学習センターよりは安くと考えているそうです。

 私たち名古屋華マジカルグループの拠点である名古屋市女性会館が改装され使いやすくなるのならこれに越したことはありません。

 女性会館では要望があれば出来るだけ早く(3月中)文書(メモでもよい)で出してほしいと言っていました。

                 ―H.S.―

|

« 守山生涯学習センターでのマジック講習会  -①一 | トップページ | 守山生涯学習センターでのマジック講習会 -②- »

教育・生涯学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守山生涯学習センターでのマジック講習会  -①一 | トップページ | 守山生涯学習センターでのマジック講習会 -②- »