« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

素敵なクラリネットとピアノのコンサート

 現役時代に一緒に国語の研究をしたN君からコンサートに誘われて出かけた。これにはちょっとした笑い話のようないきさつがあった。

 N君からmailがあったのは、5月中旬であった。mailを貰ったとき、相手はマジッククラブのNさんだと思っていた。なぜなら最近付き合いがあるのはこちらのNさんだからだ。

 N君は岐阜に住んでいて、2年ほど前にあるコンサートで偶然会ったことがある程度であった。でも、彼は私のblogは読んでくれていた。 

 てっきりN君だと思い込んでいる私は、10日ほど前にNさんに確認のmailを送ったが返事がなかった。変だなあとは思ったが当日になった。

 コンサートの宗次ホールへは早めに出かけた。そして待っている旨のmailをNさんの携帯へ入れた。が、返事はなかった。

 開場間際にふと見ると、N君がいた。「あ、岐阜のN君も?」と思った。彼は私のところに来た。やっと勘違いをしていたことが分かった。N君とNさんは一字違いであったのだ。

 彼はランチタイムコンサートの券が2枚当たったので1枚を私にくれたのであった。

 コンサートは、アメリカから来た女性クラリネット奏者ロビン・コレヴァーさんと日本人のピアニスト霜浦陽子さんのコラボであった。

 宗次ホールはこじんまりしていて音響もよい。会場は満員で女性がほとんどであった。

 プログラムはどれもよく耳にするポピュラーな名曲ばかりであった。

 フォーレ  シシリエンタ、

 ドビッシー 亜麻色の髪の乙女、小さな黒人、月の光(ピアノソロ)、

 モーツアルト クラリネット協奏曲よりアダージョ、

 リストのリゴレット・パラフレーズはピアノソロであった。

 シューマン ロマンス第3番 

 ブラームス クラリネットソナタ第1番へ短調より、 第3楽章アレグレット・グラツィオ ーン

 ピアソラ オブリヴィオン

 クラリネットの柔らかい音は心地よく1時間のランチタイムコンサートはあっという間に過ぎた。曲の合間に解説があり親しみやすかった。アンコール曲も2曲演奏された。

 私は素敵なコンサートに誘ってくれたN君に有難うと言った。

            ―H.S―

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

北インドの秘境レーからトレッキングの旅

6月13日、梅雨の日本をたちインドのデリーへ。 国内線に乗りつぎインドの最北端、ヒマラヤの麓カシミールのラダック町レーヘ。

レーは3500から3700mの高度にある街で、私たちは高度順応のため2日間、かつてのラダック王国のシヤンティ寺院やチベットのラサのポタラ宮殿を思わせる、小高い山の上にへばりつく様に建っている、テェイクセ僧院などあちこっち見て回りました。

いずれの寺も4、5歳から年配の修行僧まで熱心に経典を学んでいました。この地は、ヒマラヤ山脈やカラコルム山脈の6000から8000m級の山々に囲まれた砂漠地帯で、しかも中国チベットとの国境の町で軍隊基地が沢山ありました。空港などで小銃携帯の兵士から何度もパスポートの検査があり緊張地域でした。でも見上げると、周りは真っ白に雪をかぶったヒマラヤの山々と、真っ青の青空と、赤茶けた砂漠のよう岩稜帯の地と、素晴らしい風景の地でした。

高度になれたころ、世界で2番目に高い5328mのタングラ峠まで。雪に覆われた峠は零下で、ダウンやセーター着用。ゆっくりゆっくり。少し歩くだけで息切れ。峠には大型のトラックが生活物資や石油などを3日間かかってデリーから運んでくるそうです。

トレッキングはインダス川上流のヤンタン村からアン村を経てテェモスガン村まで。

 ヒマラヤの雄大な真っ白の山脈を見ながら、荒涼とした砂漠や岩山地帯をトレッキング。そして峠に必ずはためいている5色のタルテンと仏舎利。タルテンは、風が吹くたびお経が唱えられるよう、何処の村々の家の屋根にもはためいていました。大空に時々黒白のカラス?のような鳥が飛んでいました。荒涼とした砂漠地帯をぬけ峠に立つと、はるか遠くに少しの緑のオアシス。ほっとする一瞬。夜はテント泊。

コックさんが先回りしてテントを張り、私たちにあう食事?を考えて毎回つくってくれます。私達7人にコックさん5人。ガイドさん3人です。お昼も弁当?を作ってくれます。

私たちは、日中は雨具と弁当、水を持つだけです。高度地帯なので水分をたっぷり飲みます。夜中に真っ暗の闇の中を2回ぐらいトイレに行かないけないのが、一番の恐怖。でも真黒の世空に、見たことがない大きさの星空にしばし見とれます。高所と周りに明かりが全く無いからです。

 最後は急な登りと崖のあるラマユル僧院まで。テント場ではサプライズで仲間の一人の誕生日ケーキが焼かれていて感激。それもチョコケーキ。調理器具は、なんで?

かねてから一度ヒマラヤの裏側に行ってみたいと思っていました。その地はインドでの紀元前発祥の仏教の教えが、中国にもわたり未だに脈々と流派に分かれ息づいていました。寺院が地域に密着し、多くの僧が修業していて、村には必ずマニ車や仏舎利、そして風にはためくタルテン。この風景はなん百年も続いているのでしょう。

10日間の旅の最後は、インドで一番有名な世界遺産タージマハルやレットフォードを見て帰国の途に就きました。     

            

                   YO

続きを読む "北インドの秘境レーからトレッキングの旅"

| | コメント (1)

2013年6月22日 (土)

90歳のスーパー女性―水泳に挑戦

  6月14日に放送された「探偵ナイトスクープ」で、広島県のスーパーおばあちゃんを取り上げていた。私はおばあちゃんと言いたくないのだが、番組でそう言っていたので使った。

 66歳の娘さんの依頼で取り上げられたものだ。その内容は、「クロールで25m完泳したい。できれば背泳ぎでも。」という母親の願いを実現するために助けて欲しいというものであった。

 この女性は89歳で初めて水泳を覚え、クロールができるようになったが、どうしても20mぐらいで足をついてしまって25mプールの最後までつけないというのだ。

 現在90歳の終わりで、この8月が来ると91歳になるという。映像で見ると大変若々しいおばあさんで、70歳の後半ぐらいにしか見えない。毎朝起きるとすぐに化粧をするそうできれいである。この女性は浜田峯子さんという。

 おしゃれで下着も赤やピンクを着用するという。さらに驚いたことに、今でも自分で自動車を運転して遠くの街のレストランへ行くのだそうだ。そういう女性だから話し方もしっかりしていて歳を感じさせない。ご主人は89歳で亡くなったのだが、それ以後は自由な生活を満喫しているそうだ。

 行きつけのスイミングプールへ行って、竹山探偵がサポートして泳いでもらった。何とクロールは1回で25m泳ぎ切ってしまった。みんなの声援があったからであろう。

 それで次の願いである、25mを背泳ぎで泳ぐというのに挑戦をしたが、こちらは簡単ではない。17mぐらいで進まなくなった。コーチの話では足の使い方が良くないからだという。それで特訓が始まった。

 そしていよいよ25mに挑戦の時が来た。コーチや探偵などの励ましで見事に25mを泳ぎ切った。浜田峯子さんはとても嬉しそうであった。

 90歳になって初めてのことに挑戦するというチャレンジ精神と好奇心が素晴らしい。これからも好奇心をもって新しいことに挑戦したいと話していた。

 水泳の後娘さんとその夫を車に乗せて帰ったというから驚くべきことだ。車の運転もまだまだ大丈夫だと言っていたそうだ。

 人それぞれの生き方があるが、高齢になっても浜田さんのようにいつまでも若い気持ちとチャレンジ精神をなくさないようにしたいものだと思った。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

長野マジッククラブフェステバル参加レポート

 6月16日は、長野マジッククラブフェステバル(発表会)でした。名古屋華マジカルグループからは、会員が5名参加した。梅雨の合間の素晴らしい天気に恵まれて、気分も爽快な素晴らしい一日であった。長野の発表会には毎年参加している。

 8時30分に名古屋駅中央改札口に集合して、中央線「しなの」に乗り約3時間、信州は長野駅到着した。東口からタクシーで若里市民文化ホールへ到着後、軽い食事をしての会場に入った。既に沢山の入場者が並んでいた。

 この日のゲストは、若手の亜空亜SHINさんだった。プログラム上は、2部と3部の2回の出演となっていた。観客にとっては嬉しい限りで、楽しみが2倍となった。

 会長ご夫妻の出演も毎回の楽しみだが、中学2年生のお孫さん、野町隆文君の成長ぶりに目を見張った。身長も伸び盛りで、一段の成長と全国的活躍ぶりがうかがえステージに花を添えた。

 参考にさせていただきたい演目では、初ステージの新人が、前後の二役を仮面を使って器用に演じられたこと。また、パソコンでイラストのストーリーで映像を使いながらの、観客とのやり取りのカード遊びが新鮮なイメージで面白かった。

 プログラム全体の感想では、出演者の出し物(紙テープ類、延べシルク、セイロ、くす玉等)のダブり(重複)が多く感じられた。これは良くあることだが、私達名古屋華マジカルグループの発表会の課題でもある。

 ゲストは若手だけに、きびきびとしたスピード感のある演技で、2部、3部とも、会場の観客から盛んな拍手を頂いていた。

 終了後は、六時からの打ち上げ会にお誘いを頂いていたので、当グループ五人参加させていただいた。恐縮にもメインテーブルで、ゲストと同テーブルで交流を深めることができた。

 ゲストの亜空亜SHIN君は、以前にテンドーコンベンションに於いて、私はゲストで彼がコンテスタントとして出演した。他のコンベンションでも、ゲストとして一緒に出演させていただいていた事などを記憶しておられて話しかけてこられた。

 律儀で低姿勢で、とても好感度の高い立派な青年に成長しておられた。演者としても、今後の舞台が楽しみなエンターテナーとしての彼に期待をしたい。

 あっという間に楽しい時間が過ぎ、帰りの電車時刻となり、会場の皆様に挨拶をして退場した。電車の中では、それぞれが初めて参加した長野マジッククラブの皆さんとの交流や、演技について、自分に重ね合わせ興奮冷めやらぬ様子で話していた。

 長野マジッククラブの皆様、お疲れさまでした。そして、いろいろとご配慮いただき本当に有難うございました。名古屋華マジカルグループを代表して、厚く御礼申し上げます。

 来年四月六日は、名古屋華マジカルグループの発表会です。是非皆様のご来場をお待ちしています。

               会長 大曽根 みずほ

 

Mットのブログ-110619_1559~010001.jpg

 

 

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

日本プロ野球のよく飛ぶボール問題

日本プロ野球機構が今年は反発力の強いボールを使用していたことを隠していたことで問題になっている。コミッショナーの加藤良三氏は、統一球の仕様変更への関与を否定する会見をして、「知らなかった」「不祥事とは思っていない」と発言をした。

 この件でNPB事務局へは抗議の電話が鳴り続け、メールでも4000通もの意見が寄せられたという。

 今年はボールがよく飛ぶということは前から言われていた。ホームランの数も増えたし、得点の多い試合も増えた。

 バッターにはよく飛ぶのは有難いであろうが、ピッチャーにはたまったものではない。これまでなら抑えることができたであろうケースで打たれ、敗戦するということもあったに違いない。

 観ている方としては乱打戦は面白い。でも、それも度を超すと興ざめである。ましてや統一球の反発力が上がったことが原因でそれが隠されていたということになれば何おか況やである。

 スポーツは正々堂々とやるべきものであるとはいつもい言われることであり、高校野球の宣誓では「スポーツマン精神にのっとり、正々堂々と闘います」と言われる。

 日本プロ野球機構はどうして隠そうとしたのか、なぜこの時期になって発表したのか。不可解なとこばかりである。しかも、ボールを一手に製造するミズノには箝口令を敷いていたというのだ。

 統一球にはコミッショナーの加藤良三というサインが印刷されている。それはハンコを押したのと同じである。それほど権威があるボールの仕様を変更したのにコミッショナーは知らぬ、存ぜぬとはこれでは誰も納得しない。

 選手は成績によって次の年以降の収入に関係が生じる。良く打ったバッターは収入が上がり、苦労をしたピッチャーは収入が下がるということになるであろう。

 仕様を変える必要があるのなら変えるのはいいが堂々と公表すべきであった。コミッショナーは説明をして辞任すべきである。

 新聞にはコミッショナーのなり手がいないと書いてあったが本当だろうか?2400万円もの年収があるんだよ!

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

見た目が若い人は血管年齢も若い―NHKクローズアップ現代

6月3日のNHKおはよう日本、「今朝のクローズアップ」で「めざせ、アンチエイジング―見た目が若い人は、血管年齢も若い」という特集を放送した。

 内容はタイトルの通りで、シンプルであった。愛媛大学医学部が昨年に発表した研究を取り上げたものであった。ちなみに愛媛大学医学部はこの分野で最先端を行くのだそうだ。

 詳しく知りたいと思い、インターネットで検索してみたが、それ以上のことは見つからなかったので残念である。

 番組では、高齢の女性が見た目と血管年齢を調べてもらう様子を放映した。女性の写真を撮り、それを予め用意してある顔のデータと突き合わせる。そして、その人の見た目の年齢を割り出す。

 その女性は、見た目が67歳と出てびっくりしていた。実年齢は何と93歳だということであった。確かに若く見えたが、80は超えていると思っていた。血管年齢は74歳であった。

 別の例では、70歳の男性だったと思うが、見た目が80歳近く、血管年齢も実年齢より年を取っていた。

 愛媛大学医学部の研究では、実際の年齢より見た目が老けている人は、血管が老化し、動脈硬化の進行している可能性が高いという。見た目と血管の相関性があることが分かったというのだ。

 愛媛大学医学部では、この検査を希望者にやってくれるそうだ。若く見えるのは嬉しいことだ。実年齢より若く見えるよう心掛けたいと思う。

 先だって、厚生労働省が健康のためにどのぐらいの運動をするとよいかという目安を示した。それによると頑張って長時間、きつい運動ををする必要はなく、歩くとか日常の家事でもいいからこまめに体を動かすことを勧めている。

 身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている。更に高齢者においても歩行など日常生活における身体活動が、寝たきりや死亡を減少させる効果のあることが示されている1,2,4,5)。
 
 

生活習慣病の予防などの効果は、身体活動量(「身体活動の強さ」×「行った時間」の合計)の増加に従って上昇する3)。長期的には10分程度の歩行を1日に数回行なう程度でも健康上の効果が期待できる。家事、庭仕事、通勤のための歩行などの日常生活活動、余暇に行なう趣味・レジャー活動や運動・スポーツなど、全ての身体活動が健康に欠かせないものと考えられるようになっている。

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

伊勢ヶ浜部屋名古屋場所に期待する

 大相撲名古屋場所が来月と近ずいてきた。日本古来からの伝統的な国技として、子供のころから各地の場所が始まるとその都度、夢中になって応援をしてきた。

 大相撲の取り組みは、昔はラジオで聞いて、今はテレビを観てひそかに好きな力士を応援をしてきた。

 最近は日本各地出身の力士よりも、海外勢出身の力士が上位力士として名を連ねるようになり一抹の寂しさを感じる。

 特にモンゴル出身の力士が優勝回数も多く、その努力ぶりが紹介されている。他にも、ブラジル、中国、ロシア、グルジア、チエコブルガリア、カザフスタン、エストニア、ハンガリー、エジプトなど国際色豊かになった。

 厳しいルールや生活習慣、何よりも先ず日本語の言葉を身につけなければ指導に当たる親方、力士仲間意志の疎通もできないのだ。その努力ぶりは、想像するに余りあるものが感じられる。

 さて、縁あって名古屋華マジカルグループでは、横綱日馬富士関等人気力士多数抱える伊勢ヶ浜部屋の千秋楽打ち上げパーテイのアトラクションにご指名をいただいている。

伊勢ヶ浜(元旭富士関)親方初め力士の大半が、マジックに造詣が深い。会場の中にはマジシャンのプロもおられて、とても気を使うところでもある。

名古屋華グループ設立以来、マジックショーとして担当しているのです。テレビでお馴染の大村昆さんも大の相撲フアンだそうで、同じテーブルで何度かご一緒して思い出の写真も多い。

 今年も名古屋華マジカルグループをご指名頂いていることもあり、グループの会長として感謝応援の気持ちを込めて、個人的に「特別会員」として登録をさせていただいた。

 今年の名古屋場所は、横綱日馬富士関の優勝を願って応援したい。過去の成績からも、名古屋場所は横綱にとって縁起の良い場所である。

 最近結婚したばかりの愛美錦も在籍しておられ、相撲フアンの皆様と共に伊勢ヶ浜部屋の今場所に期待したい。               

               大曽根 みずほ

 

 

 

| | コメント (2)

2013年6月 8日 (土)

名古屋華マジカルグループ例会で演技

 1日は名古屋華マジカルグループの定例会でした。この日から6月で、名古屋地方はうっとうしい梅雨に入りました。

 こんなうっとうしい梅雨はマジックで乗りきりましょう。最近ブログでボランティア記事を出しておりましたら、ぜひ生で見たいという要望が殺到?いたしました。

 今回はそんなオファーにお答えいたしまして、夏に向けた水系をテーマにしたマジックの数々を30分程度演じさせていただきました。

 毎回いろんなテーマで、自分なりに少しはストーリーを考えてやらさせていただいています。

まー、私の場合の基本は「マジックはバクハツだー」です。

 勢いで演じるものは、結構演じるのも楽でお客様にも評判が良いようです。お年寄り相手には、前にも書きましたが風船系のバクハツは封印していますので、お花関係の出し物を中心にやっております。

 あとは、メンタル系とか浮遊系もたまにやりますがメンタル系はまだしも浮遊系は道具を持っていくだけでも大変です。

 今日は最初のフラッシュフラワーがもう何回も使っていて、限界かなーと思っていましたが

やはり壊れてしまいました。

 マジックのオープニングの掴みには炎が一番効果的なようです。その後はところどころつまづきながらも(だいぶ省略してしまいましたが)無事?に演技を終了させていただきました。

ありがとうございました。

 これに懲りずにまたよろしくお願いします。

                                    小澤

Dscn0530

続きを読む "名古屋華マジカルグループ例会で演技"

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

6.,7、8月例会のお知らせ

Cimg6307

例会スケジュール

6月1日(土)

  午前特別指導 特別演技指導

  午後通常例会 常任講師レクチャー(特製カード)

  カードは用意致します

 6月15日(土) 

  午前特別指導 演技指導他 (特別講習会)

   午後通常例会  会員Sさんレクチャー               

 7月13日(土) 

  午前特別指導 演技指導他(特別講習会)

  午後通常例会  

  7月20日(土) 

   午前特別指導 演技指導

   午後通常例会

  8月10日(土)

   午前特別指導 演技指導

   午後通常例会

  8月24日(土)合宿セミナー 詳細は後日

        レクチャー&交流会

  8月25日(日)

    マジックショー 

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

 関西奇術連合会 奇術の祭典42ht  参加レポート

 6月2日午後1:30から大阪メルパルクホールにて、奇術の祭典42htがありました。関西奇術連合会60余の加盟クラブの皆さんが出演しておられ、1000席の会場は満席状態でした。

 大阪にはマジックを通じた友人知人が大勢いますが、関西奇術連合会の西田会長には名古屋華マジカルグループの第一回発表会から来賓としてご来場いただいているご縁があります。

  私の参加は2回目となりますが、来年の4月6日の名古屋華マジカルグループの発表会も念頭にあり、急遽参加させていただくことにしました。やはり参加して良かったです。照明や音響、舞台進行や演出面に於いて学ぶところが多くありました。

  大会のプログラムは、15組の出し物で、リハーサルを何回も重ねたとのことでした。出し物のダブりもなく進行がスムースであったこと、そして完成度がそれなりに高かったと感心しました。

 思いがけず知人も出演しておりびっくり。長身で美人の彼女は、90センチの6枚シルクを器用に演じていました。名古屋華でも会員のMさんが、過去の発表会で日本調で華麗に演じたことがありました。Mさんの演技は、90センチ6枚シルクの演技の後でのシルク消しと、違った形での6枚シルクの再出現の演出に沢山の拍手をもらっていた事を思い出しました。

 出演のトリは、豊中マジッククラブ(西田会長が指導者)のイリュージョンでした。個人的には、とても不思議で新鮮に感じました。テーブルに上の段ボールが軽々と動いているが、そこから人が出るのです。あっぱれと感動の瞬間でもありました。

  終了後は、打ち上げ参加のお誘いを頂き、来賓の方々や他のご参加の皆様と素晴らしい交流の一時となりました。マジック界の情報交換としては、大変貴重な時間でもありました。

  ご出演の皆様、そして今回の企画の為ご尽力をされたスタッフの皆様や関係者の皆様、ご成功おめでとうございます。参加できましたことを嬉しく、心から御礼申し上げます。有難うございました。

 

                   大曽根みずほ

 

 

 

 

| | コメント (2)

2013年6月 4日 (火)

名古屋華マジカルグループ第5回公開講座の音響を担当して

 今日は第5回名古屋華マジカルグループマジック公開講座で裏方作業です。朝9時からリハーサルを実施しました。

 

 私の担当は音響です。たかが音出しとはいえ結構大変でした。演技者に「待ち」のストレスを与えないように、CDスタートしてから3秒ほどの無音時間を考慮し、どん帳のタイミングにあわせてスタートボタンを押さなくてはなりません。

 

 1つのミスがすべてを台無しにしてしまうとても大変な作業でした。しかも一人で蒸し暑い裏部屋の音響室に籠りっきりでした。

 

 舞台は少し遠くてもよく見えてよかったのですが、演技には集中できませんでした。裏方さんはいるかいないかわからないような存在ですがとても重要な方なのだと再認識をさせていただきました。今回も「どこにいた?」とか言われてましたから・・・・

 

 松旭斉すみえ先生はさすがプロというしかないですね。司会もさすが本場のふしぎ良先生でした。

 

 NMG(名古屋華マジかルグループ)のメンバーの演技もとても素晴らしかったです。和の饗宴も親子愛にあふれていました。

 ご来場の皆さん、先生、スタッフさん、有難うございました。

                     ―H.O―

 

Dscn0304

| | コメント (1)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »