« 北インドの秘境レーからトレッキングの旅 | トップページ | 第13回中部奇術連合講習会 »

2013年6月30日 (日)

素敵なクラリネットとピアノのコンサート

 現役時代に一緒に国語の研究をしたN君からコンサートに誘われて出かけた。これにはちょっとした笑い話のようないきさつがあった。

 N君からmailがあったのは、5月中旬であった。mailを貰ったとき、相手はマジッククラブのNさんだと思っていた。なぜなら最近付き合いがあるのはこちらのNさんだからだ。

 N君は岐阜に住んでいて、2年ほど前にあるコンサートで偶然会ったことがある程度であった。でも、彼は私のblogは読んでくれていた。 

 てっきりN君だと思い込んでいる私は、10日ほど前にNさんに確認のmailを送ったが返事がなかった。変だなあとは思ったが当日になった。

 コンサートの宗次ホールへは早めに出かけた。そして待っている旨のmailをNさんの携帯へ入れた。が、返事はなかった。

 開場間際にふと見ると、N君がいた。「あ、岐阜のN君も?」と思った。彼は私のところに来た。やっと勘違いをしていたことが分かった。N君とNさんは一字違いであったのだ。

 彼はランチタイムコンサートの券が2枚当たったので1枚を私にくれたのであった。

 コンサートは、アメリカから来た女性クラリネット奏者ロビン・コレヴァーさんと日本人のピアニスト霜浦陽子さんのコラボであった。

 宗次ホールはこじんまりしていて音響もよい。会場は満員で女性がほとんどであった。

 プログラムはどれもよく耳にするポピュラーな名曲ばかりであった。

 フォーレ  シシリエンタ、

 ドビッシー 亜麻色の髪の乙女、小さな黒人、月の光(ピアノソロ)、

 モーツアルト クラリネット協奏曲よりアダージョ、

 リストのリゴレット・パラフレーズはピアノソロであった。

 シューマン ロマンス第3番 

 ブラームス クラリネットソナタ第1番へ短調より、 第3楽章アレグレット・グラツィオ ーン

 ピアソラ オブリヴィオン

 クラリネットの柔らかい音は心地よく1時間のランチタイムコンサートはあっという間に過ぎた。曲の合間に解説があり親しみやすかった。アンコール曲も2曲演奏された。

 私は素敵なコンサートに誘ってくれたN君に有難うと言った。

            ―H.S―

|

« 北インドの秘境レーからトレッキングの旅 | トップページ | 第13回中部奇術連合講習会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北インドの秘境レーからトレッキングの旅 | トップページ | 第13回中部奇術連合講習会 »