« 見た目が若い人は血管年齢も若い―NHKクローズアップ現代 | トップページ | 長野マジッククラブフェステバル参加レポート »

2013年6月15日 (土)

日本プロ野球のよく飛ぶボール問題

日本プロ野球機構が今年は反発力の強いボールを使用していたことを隠していたことで問題になっている。コミッショナーの加藤良三氏は、統一球の仕様変更への関与を否定する会見をして、「知らなかった」「不祥事とは思っていない」と発言をした。

 この件でNPB事務局へは抗議の電話が鳴り続け、メールでも4000通もの意見が寄せられたという。

 今年はボールがよく飛ぶということは前から言われていた。ホームランの数も増えたし、得点の多い試合も増えた。

 バッターにはよく飛ぶのは有難いであろうが、ピッチャーにはたまったものではない。これまでなら抑えることができたであろうケースで打たれ、敗戦するということもあったに違いない。

 観ている方としては乱打戦は面白い。でも、それも度を超すと興ざめである。ましてや統一球の反発力が上がったことが原因でそれが隠されていたということになれば何おか況やである。

 スポーツは正々堂々とやるべきものであるとはいつもい言われることであり、高校野球の宣誓では「スポーツマン精神にのっとり、正々堂々と闘います」と言われる。

 日本プロ野球機構はどうして隠そうとしたのか、なぜこの時期になって発表したのか。不可解なとこばかりである。しかも、ボールを一手に製造するミズノには箝口令を敷いていたというのだ。

 統一球にはコミッショナーの加藤良三というサインが印刷されている。それはハンコを押したのと同じである。それほど権威があるボールの仕様を変更したのにコミッショナーは知らぬ、存ぜぬとはこれでは誰も納得しない。

 選手は成績によって次の年以降の収入に関係が生じる。良く打ったバッターは収入が上がり、苦労をしたピッチャーは収入が下がるということになるであろう。

 仕様を変える必要があるのなら変えるのはいいが堂々と公表すべきであった。コミッショナーは説明をして辞任すべきである。

 新聞にはコミッショナーのなり手がいないと書いてあったが本当だろうか?2400万円もの年収があるんだよ!

|

« 見た目が若い人は血管年齢も若い―NHKクローズアップ現代 | トップページ | 長野マジッククラブフェステバル参加レポート »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見た目が若い人は血管年齢も若い―NHKクローズアップ現代 | トップページ | 長野マジッククラブフェステバル参加レポート »