« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

伊瀬ヶ濱部屋千秋楽打ち上げパーティーに参加して(3)

 会場の中は多くの人たちで熱気に溢れており移動するたびに肩と肩がすれ違うほどの盛況ぶりでございました。 

 大村 昆さん、日馬富士関、安美錦関、宝富士関、伊瀬ヶ濱部屋の力士の方々、そして伊勢ヶ濱部屋を日頃から応援している方々が一緒になって食事をしながら交流を深めています。

 舞台は中央の奥にあり、名古屋華マジカルグループの3人衆がスタンバイしております。舞台の正面には子供たち、大人たちがアッという間に陣取り、舞台からの距離は一メートルくらいで大接近です。それだけにアトラクションに大きな期待が寄せられているように感じました。

 司会者の紹介によりトップバッターはIさんです。花出し・かさ出し・シルク・カード等々の演技力、技術力は抜群です。前回の名古屋華グループ発表会の折に、演技力が認められ今年8月18日は昨年の鈴木講師出演に続き、東京日本橋公会堂で出演します。東京クロスロードの大会には、会長、鈴木講師、そしてIさんと当グループからの出演は3人目となります。

 今回は、ステッキとシルクで爽やかな演技をしました。次は手に持ったカードが一瞬に消えて又出現するのです。それを何回か繰り返した後、カード一枚を投げるとブーメランのように元に戻ってくるのです不思議ですね。拍手!拍手!の大喝采でした。

 2番目はNさんです。Nさんは浜松から名古屋華マジカルグループの会員として入会しております。浜松から?なぜ・・・・・それはS先生の演技指導を受けたいとのことで誠にもって感心する次第です。

 Nさんの演目はドジョウすくいを絡めた手品です。初めてNさんの練習を拝見させて頂いたときのことですが、素人の私でもオイ!オイ!この人、大丈夫かよと思うくらいでした。

 ところが、S先生の熱心な演技指導と共に、Nさんの1に努力、2に努力、3、4がなくて5に努力の成果が実って素晴らしいドジョウすくいを見させて頂きました。チキショウ!負けたぜ・・・・・・・・観客からは演技の素晴らしさにお金が投げ込まれたのです。

 これもまた、拍手!拍手!で大反響でした。・・・なんと!!その演技を見て私も名古屋華マジカルグループに入会し演技をしたいという方が現れたのです。即、入会とのことです。

 さて、さて、大トリは名古屋華マジカルグループの会長であるOさんでございます。重厚な音楽と共に妖艶な女性が黒い大きな帽子をかぶり登場です。その帽子を顔に当てサット外すとなんとお面が現れたのです。5枚のお面を自由自在に操っているのはさすがだなと思いました。

 そして、あっという間に傘が出てきてどこから出したのと思うくらい鮮やかなものでした。全部で何本出したのかな・・・その演技力は素晴らしいものです。

最後はダブパン(蓋が付いたお鍋みたいなもの)から大きな花が出現と同時に延べシルクが投げ出されフィナーレとなった。

 Oさん、Nさん、Iさん本当にお疲れ様でした。楽しませてくれてありがとうございました。感謝!感謝!でございます。

 

 最後に伊瀬ヶ濱親方をはじめ関係者の皆様のお陰様で楽しいひと時を過ごさせて頂きありがとうございました。心からお礼申し上げます。伊瀬ヶ濱部屋の一層のご発展を祈っております。

 MW

Gedc0434_640x480_1 

Gedc0444_640x480_1

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

伊瀬ヶ濱部屋千秋楽打ち上げパーティーに参加して(2)

ちゃんこ鍋は、一度に大量かつ簡単に調理ができるうえに栄養のバランスも良く、材料を加熱しているため伝染病や寄生虫などの心配もなく、鍋を囲むことで連帯感も生まれるため力士の食事に適しているようです。

 相撲部屋では、ちゃんこ長の下、ちゃんこ番の力士が作り大きな部屋では3~4人の班を作り交代制、小さな部屋では全員でつくるとのことです。

 ちゃんこ鍋が出るとのことで丸テーブルの中央にちゃんこ鍋が置かれて皆さんと団らんをしながら会食をするものと思っていたのですが、一向に期待のちゃんこ鍋が出てきません。

 となりの人を見るとお椀にお汁のようなものを食しておりましたので、それはどこにあるのですか?と尋ねてみたら会場の奥で配っておりますとのことで早速行ってみると、皆さんが並んで順番待ちでした。その前には大きなちゃんこ鍋が2つ並べてあり、力士3名の方が対応しておりました。

 大きなビニール袋の中に種々の野菜が入っており、それを鍋の中に豪快に入れておりました。オーオー!!これがちゃんこ鍋か、感動!感動!でした。勿論、おいしさは抜群でありましたよ。

 そうこうしている内にお腹がふくれてきて、気がついたのはアトラクションをするOさん、Nさん、Iさんが衝立を仕切りとした楽屋裏で食事も出来ぬまま出番を待っているのです。

 誰かが(Oさんの旦那様?)食事を運ばなくちゃということで、あわてて、食事を皆でお皿に入れ楽屋裏まで運ぶ始末。これは、これは、申し訳ないことをした。反省!反省!(我々は単にパーティーに参加するのではなく、常にアトラクションのお手伝いをするという気持ちが優先的に必要だと思ったのです。)

 いよいよ名古屋華マジカルグループ3人衆の出番でございます。

 

                         WATANABE

 

―つづく―

Gedc0432_640x480_2 

Gedc0431_640x480_640x480_2

| | コメント (1)

2013年7月27日 (土)

千秋楽打ち上げパーティーに参加して(1)

 平成25年7月21日(日)は大相撲名古屋場所の千秋楽です。

日馬富士(横綱)は千秋楽に白鵬との取組で勝ち白星10勝5敗で少々残念な星取でした。安美錦(前頭3)は6勝9敗でなんとなく元気がないように思えました。宝富士(前頭7)は勝ち越しています。

伊瀬ヶ濱部屋の打ち上げパーティーは名古屋クラウンホテルで行っているとのことで、我が名古屋華マジカルグループは毎年マジックショーの依頼を受けて6年目になります。(実際にはK顧問が名古屋華マジカルグループ設立以前よりマジックショーのアトラクションを行っており伊瀬ヶ濱部屋との交流は数十年と聞いております。)

 さて、楽しみにしていた日がやってきました。Yさん、Mさん、Kさんと地下鉄伏見駅(6番出口)で18:00に待ち合わせして御園座を通り越して会場に向かいました。(心ワクワク・・・・・)

 安美錦関と宝富士関はすでに会場に見えましたので、用意しておいた色紙にサインと写真撮影を皆で(Yさん、Mさん、Kさん)お願いしたのであります。快く、引き受けて頂きうれしく思いました。(日馬富士関はまだ来ない)

 開会式が始まり伊勢が濱(元旭富士)親方の挨拶と主だった方々の挨拶があり、乾杯、そして食事と相成ったのであります。       

  

食事の内容はご覧の通りで、とにかく美味しかったぜ~寿司、てんぷら等々そしてビール、ジュース、ウイスキー、紹興酒など・・・など・・・ あれ!ちゃんこは出ないの?←このシャレわかる?

               ―つづく―

                WATANABE

Gedc0428

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2013年7月25日 (木)

伊勢カ濱部屋打ち上げパーティーに参加させてもらって

7月21日,名古屋場所千秋楽に伴い毎年伊勢が濱部屋の打ち上げパーティーが開催される。その席に我が名古屋華マジカルグループから、会長、I

氏、自分と3名が出演する機会に恵まれた。

 会場の雰囲気は日馬富士横綱の10勝5敗で心配したが、千秋楽に白鵬を破ったことで苦言もあったが盛大なるパーティーだった。立ち席のパーティーであったが,

タレントの大村昆ちゃんと同じテーブルの為か、1テーブル15名程度でいっぱいいっぱいであった。

 名古屋華グループは、K顧問、S先生、事務局長他W,Y,K,S,各メンバー7名とグレート協会の方々含めて他の勢力に引けをとらない集団となった。

これも関係者方々の努力だと思って感謝したい。桟敷席でいつも眼を引くタレントの大村昆さんが我がテーブルに合流したのだ。聞くところによると毎回マジック関係者と連れだって名古屋華グループと同じテーブルだそうだ。特別にご挨拶されましたが、出席者の人気者だった。

 さて我々の演技の内容に入りたい。演技前に会長の挨拶と我々演技者の紹介がありIさんから始まった。

 出し物はシルクとトランプが主だった。2つで5分程度の演技はストーリーがないと難しいが、さすが大きな舞台を多く経験しているだけあってミスのないスムーズなシルクであった。トランプは消失、出現の演技でプロを思わせる手つきでキャリアを積まないとできない。単純なトランプなので手のしぐさだけで演技をする。いつもトライする人を感心してみている。

次はみずほ会長を紹介したい。出し物は変面、ステッキフラワー、すだれパラソル4本出し他、最後はダブパンの延べシルクで終わった。我々とちがってセクシーな衣装、美貌でより美しく映えるのでとてもかなわん。これに笑顔でいちころだ。演技もしなやかで観客を魅了した。本人としてはもっと他の出し物でやりたかったと思う

 私は例の如く「安来節マジック」またうなぎの出し方で難有、70点の出来。最後のびくからの「スプリングうなぎ」子供たちの歓声で盛り上がった。この中にもトピック有、投げ銭(おひねり)があった。マジックでは珍しく事務局長のお話だとはじめてらしい。

 

 話はこれだけで終わらない。会長のお話だと投銭者は名古屋のスナックママだという。近いうち当名古屋華に入会するらしい。大きな夢を語ったそうだ。さて今後の展開は?こんな様子をWさんがビデオに納めてくれた。

我がクラブ会長が特別会員として後援会に入会したそうだ。今まで同様来年以降も出演が保証されているよなものだ。次の出番は会員の方々貴方ですよ!、期待を持って日頃の練習を!

 

               ―中山―

P1030390

| | コメント (2)

2013年7月23日 (火)

大相撲千秋楽相撲部屋の賑わい

 7月21日(日)は大相撲夏場所千秋楽の日です。市中では参議院議員選挙の日です。この日は、暑い真夏日で温度もうなぎ昇り、双方ともに市民の関心事は、戦いの決選の行方が特に気がかりな心暑ーい1日でした。

 名古屋華マジカルグループとしてはどちらも気がかりですが、中でも応援している伊勢ヶ浜部屋の横綱日馬富士関と白鳳の取り組みが大変気になるところでした。

 お陰さまで今までの成績は十分とは言い難いが横綱の意地を見せてくれました。あっぱれ日馬富士!千秋楽での白鳳を破った!彼にとってこの結果は今後に大きな励みとなるのではないでしょうか。

 クラウンホテルでの打ち上げパーテイのアトラクションとして、名古屋華マジカルグループが例年担当していますが、今年も3人の出演者で観客から沢山の拍手を頂き充実した一日でした。

 出演者は大先輩のIさん、浜松から通っているNさんと会長の私の3人でした。楽屋裏では、どじょうすくいの演者Nさんが「じょうご「を忘れたというのです。ざるにどじょうや鰻をセットするのに、一匹ずつ手掴みでやっていたが、逃げ出してにゅるにゅる。大捕りものは一向に成果が上がりませんでした。

 丁度、私が持っていたファイルを「じょうご」の替わりに丸めて使い、ようやくセット完了です。しかし出番前の私も手伝ったために、にょろにょろ出たのを手掴みで触ったりし、「気持ちが悪ーい」大変難儀な思いをしました。

 生き物を使うマジックは子供たちに大変受けが良いのです。しかしその裏方のセットは実に神経を使います。S先生がアヒルのプロダクションで出演される時に手伝ったことがあります。

 セットは出演の直前の為に、タキシードなど着てからのセットで、アヒルの糞をタキシードにかけられてその始末に大わらわだった事を思い出しました。そんなご苦労が多いのです。

 千秋楽の打ち上げパーテーでは名古屋華マジカルグループとしてのマジックショーは、設立以来六回目でした。今年から会長として特別会員の登録させていただいた第一回目でもあり、お世話になっているご挨拶をさせていただいた。

 一人目はベテランカードマジッシャン、二人目は浜松から通っているNさんのどじょうすくい(おひねりをいただき満足)、私はトリを務めさせていただき、それぞれに大変な拍手を頂き満足のいくショーでした。

 宴会も宴たけなわ、名古屋華グループ関係者からは演者も含めたテーブルにマジック界のY

氏と、大村昆ちゃんが合流されました。いつものように同テーブルで、写真撮ったり談笑したり大賑わいでした。親方初め関係者からは、会長は毎年出演して欲しいとの注文でした。出来るだけ多くの会員達にも出演して欲しいと思っています。

 名古屋華マジカルグループ一同、この不思議なご縁を大切に千秋楽を迎え疲れ切った力士の皆様をねぎらいたいと思います。そして多勢の参加者の皆さまにも、良い雰囲気で楽しんでいただければ幸いと思います。早くも来年の夏場所に思いをはせています。

              会長 大曽根みずほ

Isegahama Beya.JPG

伊勢ヶ濱部屋(いせがはまべや)は、日本相撲協会所属の相撲部屋。かつては伊勢ヶ濱一門、のちに立浪・伊勢ヶ濱連合を構成し、立浪一門、

| | コメント (2)

2013年7月20日 (土)

遺伝子解明がもたらすもの―NHKスペシャルを見て考えさせられた

 7日のNHKスペシャルは「あなたは未来をどこまで知りたいですか―運命の遺伝子」というタイトルで、遺伝子解明がもたらしたものを取り上げていた。

 人間の遺伝子解明が始まったのは1991年頃で、それから12年かかって30億個もあるという、ヒトのすべての遺伝子の構造が解明された。

 その翌年の2004年に、日本の理化学研究所が「次世代シーケンサー」という画期的な遺伝子解析の器械を発明した。それ以後は、たった1日で、30億個もある遺伝子を調べることができるようになた。

 12年も要した頃は1回で96個しか調べられなかったのが、1回で29万個も可能になり、スピードは2000倍にもなったというのだ。

 ヒトゲノム計画で全ての遺伝子の構造を知ることができたが、それをもとにさらに研究が進められて、遺伝子の僅かな違いを手掛かりに、今では何百もの病気の遺伝子構造も分かってきた。

 世界で遺伝子利用が一番進んでいるアメリカでは、遺伝子を調べるキットが市販されている。価格はたった99$(約1万円)で、脳梗塞、心臓疾患、乳がんなどのガン、アルツハイマー・・・・・など、120種類もの項目を調べることができるという。

 アメリカの有名な女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子検査をもとに健康な乳房を切除して世界中の話題となった。彼女の場合、将来乳がんになる確率は87%ということで手術を決意したのであった。それにより罹患確率は5%に減少したということだ。87%の残りの13%は、化学物質、ストレスなどの環境要因なのだという。

 日本でもインターネットで、検査キットを買うことができ、記憶力、円形脱毛症、肥満など37項目を調べることができるそうだ。アメリカの場合も日本の場合も検査は簡単で、唾液を特別の容器に入れて検査会社に送るだけである。1か月後には結果が知らされるのである。

 武庫川女子大薬学部では入学の際、唾液を検査紙に載せて遺伝子を調べるそうだ。何の遺伝子かというと、酒に強いか弱いかである。結果は4時間で分かり、A~Dに分類されたものが知らされる。Aは酒が好きで強いが酒乱になる恐れがある。Bは酒に強いが酒乱にはならない・・・などである。

 私は酒は好きだが乱れたことはない。それは理性の問題だと思っていたが、遺伝子だとすると、成人式のときに全員を調べるとよいのではないかと思った。

 遺伝子検査の有効な例として、日本では肺がんの人の例が紹介された。大きな肺がんがあり、手術も不可能な女性が、遺伝子検査をもとに新しく作られたALK阻害薬によって劇的に快復しているという。肺がん患者にとっては大変な朗報である。

 アメリカのニコラス君の場合も凄い。赤ん坊の時から食物を食べると腸に穴がくという奇病で8歳までに160回も手術した。医師たちは最後の手段として遺伝子を調べることにした。すると遺伝子の異常が16000余りも見つかった。その中から1つのXIAP遺伝子を特定した。それは腸の免疫に関係をしていた。

 それで治療のために骨髄移植をして健康な遺伝子と入れ替えた。9歳になったニコラス君は元気になり普通の生活をしている。

 これらの例のように、難病や治療が不可能と思われた病気が遺伝子を調べることで治療法が見つけられる場合はよいが、アルツハイマー病のような、現時点では治療法がない病気の場合は、遺伝子検査で将来の確率が分かっても不安になるばかりである。

 中国の例は驚くべきものである。英才教育の一環として、幼稚園の段階で遺伝子タイプを調べ、どんな才能があるかを調べるというのだ。運動、音楽、舞踊、絵画などさまざまな才能を遺伝子レベルでチェックするのである。

 ある女の子は、親が運動選手だったので運動能力が高いと思って、親はそちらに期待していた。調べてみたら、筋力、反発力など運動関係は普通であった。ところが意外なことに美術方面の才能があることが分かった。それでそちらの方面を伸ばすことにした。女の子は将来美術家を目指している。

 また、ある男の子は、ダンスの才能を示す遺伝子があることが分かり、ダンスの練習に励み、2年で優勝するまでになったという。

 中国の遺伝子検査には、マレーシア、トルコなどからも検査の依頼があるといい、何と日本人もすでに3000人が検査をしてもらったそうだ。

 これまでは才能について、何となく向き、不向きを知って、努力によってそれを伸ばすようにしてきた。それが今や遺伝子を調べれば才能の有無が分かるというのだ。

 もっと驚くことは、北京ゲノム研究所の例だ。そこでは知能指数が160以上の人の遺伝子2600人分集めて調べている。天才、秀才がどのような遺伝子を持っているのかを解明するという。

 さらに驚くべきことは、アメリカ、デトロイトのある会社の例である。その会社では受精卵を調べて、その段階でどんな危険因子を持っているかを調べ、病気の少ない受精卵を選んでくれるというのだ。今では毎日検査依頼があり、その数は増えているという。

 受精卵で病気の危険性が少ないものを選ぶというが、それはまだいいかもしれない。なるべく健康な子供を欲しいという願いに応えるということだ。でも、もし、才能まで受精卵で選べることになると、それが果たしていいことなのか疑問に思う。

 人間はどこまでも神の領域に踏み込んでいくが、もし、人間が天才や秀才ばかりになってしまったら・・・・果たして人類のためによいであろうか?

 

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

蝉の出た穴と抜け殻

4,5日前に柚子の木の根元に穴が5つ空いているのを見つけた。蝉の出た穴だろうと思って柚子の木に抜け殻がないか調べた。でも見つからなかった。

 2日後に更に新しい穴を2つ見つけた。そして蝉の抜け殻が1個転がっていた。
想像通り蝉が地面から出で成虫になって飛んで行ったのだろうを思った。

 昨日はさらに穴が増えて、蝉の抜け殻も2個落ちていた。梅雨が明けて暑い日になったので蝉も地下生活から抜け出すときだと感じているのであろう。

 妻は一昨日の夕方蝉が土から出て柔らかい体で木に止まっているのを見たと言った。蝉は夕方5時ぐらいから土の中から出てくると聞いたことがあるが、まだ見たことがない。一度見てみたいものだと思う。

 それにしても我が家から巣立った蝉たちはどこへ飛んで行ったのであろうか。私も妻も今年の夏はまだ蝉の鳴き声を聞いてことがないのだ。

 セミが鳴いているのは、私の耳の中だけである。耳鳴りだから年中鳴いている。今夏、蝉の鳴き声を聞くのはいつであろうか?

 暑い日に蝉の鳴き声を聞くと暑さが倍増するように感じるが、夏の風物詩として蝉の声は欠かせない。庭のもみじの木でうるさくなく蝉の声が待ち遠しいこの頃である。
 
 昨日の朝、蝉が飛び立って行くのを見た。多分我が家の地面から出た蝉だと思われる。どこまで飛んで行ったのであろうか。蝉が出た穴は12個になっていた。
 
                    ―H.S―

Cimg6391


| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

愛知サマーセミナーの講師としてマジックを担当

 7月13日から3日間、南山大学と高校で愛知サマーセミナーが実施されています。有名人の講師以外に、一般人、学生等誰でもが講師になって自分を主張してもいいし、いっしょに体験学習などを企画しても良いというオープンセミナーです。

 今回は第25回だそうです。春日井の鈴木先生に勧められて、今回は私も講師で参加させていただくことになりました。もちろん教えるのはマジックです。

 身近なもの、ティッシュ、割りばし、ストロー、紙コップなどを使ったマジックのレクチャーを実施しました。

 会場は50名入れますが、実際に教えられるのは30名程度が限度と思い、30名限定で予定しました。

 さらに教材費を徴収すれば、冷かしの人は来ないだろうと思い、500円に設定しました。実際には教材費はいただいていません。

 「本日は皆さんラッキーです、今日は教材費無料の日です。」これだけでお客さんも得した気分で帰っていただけるんです。

 ここでもオザちゃんズパワーがさく裂しました。本当に皆さんに喜んでいただけました。講座内容は出席してのお楽しみです。

 次回世界のオザちゃん講座は春日井で10月26日に親子10組限定で実施します。テーマはカードマジックです。お近くの方はよろしくお願いします。

               

                          ―小澤―

Dscn1199 

Dscn1200

 定員30名のところ22名とまあまあの人気です。階段教室は大学以来です。今回は3日間で2000講座開催ということで過去最高だそうです。

| | コメント (1)

2013年7月12日 (金)

初めて植えたトマト

  5月だったと思うのだが、島田橋の近くのスーパータチヤへ行った帰りに、隣にある花屋でトマトの苗を売っていたので、試しに3本買って帰った。その苗を妻が金柑の木のそばに2本、納屋の後ろに1本植えた。

 トマトの苗がどんな種類かもわからずに、ただトマトというだけで買ったのであった。我が家の小さな庭にトマトを植えるのは初めてであった。実がなってもならなくてもよいから、とにかく植えたのだった。

 それから1か月ほどして、納屋の後ろのトマトの木に小さな実が3つなり、色づいていた。ミニトマトであった。木はかなり背が高くなっていた。金柑の木の前に植えた方は背が伸びただけで花も付けていなかった。

 その実を収穫して食べたら、甘くていい味がした。それで次の収穫が楽しみであった。6月の中旬ごろから、金柑の木の前の2本のトマトの木にも、青い実がつきだした。木の高さは1m以上あり、普通のトマトの木と同じぐらいであった。

 私は、勤めている頃に、教材としてミニトマトを作らせたことがある。植木鉢に植えたのだが、背丈は30cmぐらいであった。近所の小学校の校庭でも、鉢にミニトマトを栽培しているが、やはり背が小さい。やがて夏休みになると子どもたちが家に持って帰って世話をするのだ。

 我が家の庭にじか植えしたトマトは、肥料も農薬も使わないのにすくすくと伸びたのだ。水もやったことはないと思う。いわばほったらかしである。それでも黄色い花がいくつか咲き、葡萄のような実がたくさんついた。

 緑色の葡萄状の実が少しずつ大きくなり、やがて赤くなるのだ。収穫すると食卓に上るのだが、味がよいミニトマトである。妻と「苗がよかったのだね。うちは無農薬、無施肥だけど」と話している。

 ミニトマトの木は、今もところどころに黄色い花を咲かせているから、しばらくは楽しめそうである。

 トマトに刺激されたのか、金柑の木に、今年は白い花がたくさん咲いたので楽しみにしている。なぜなら昨年までは、ほとんど実がならなかったからである。

                  ―H.S―

 

Cimg6378

Cimg6377

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

大相撲名古屋場所のスタートしました。

 7月7日大相撲名古屋場所が、愛知県体育館でスタートした。一昨日の雨模様の天気とは打って変わった、梅雨明けを思わせる本格的な夏日和となった。

 最近はマジックを通じたご縁を頂き、相撲部屋の各力士のフアンとなりはまっている。大相撲の世界は、一に努力、二に努力と素質も重要だが、やはり努力の世界として何故か魅かれるものがある

 7月6日の夏場所の前日、ひいき筋の相撲部屋で「ちゃんこの会」があるとお誘いを頂いていたので激励方々初めて参加した。親方他、力士達が大勢いた。男だけの世界で殆どの若い力士は、料理番としてテキパキと動いていた。

 その中で、愛知県内の中学校を卒業し、入門したばかりの若い青年と話をした。私たちにちゃんこのお代わりを勧める担当らしい。まだあどけなさが残る純朴な感じの好青年であった。

 まだまだ普通の高校一年生の印象で、細身の彼だが稽古でお相撲さんスタイルに育っていくのでしあろうか。これからの相撲人生にくじけないで、頑張ってほしい。そんな彼に期待し、エールを送りたい。

 大きな丸いテーブルの上には、若い衆が料理した沢山の御馳走が並んだ。その中で、やはりちゃんこが美味しい!いろいろな魚介類や肉類、野菜類等がいろいろと入っている。これがあっさり味でつい何杯もお代わりしてしまった。

  テレビの相撲観戦でお見かけするような、横綱や関取衆ともお話させていただき夢のような一時だった。あっと言う間に帰宅に時間になった。幸い、自宅の近くに相撲部屋の宿舎があるので、ありがたい。

 千秋楽までに、夫婦で朝稽古を見に行こうかなと話し合っている。 宿舎は瑞穂区豊岡通り沿いにあります。皆さんも早起きをして朝稽古を見に行きませんか?

                             M・O

 

| | コメント (3)

2013年7月 7日 (日)

7.8.9.例会予定日のお知らせ

例会スケジュ-ル              

 7月13日(土) 

  午前特別指導 演技指導他(特別講習会)

  午後通常例会 マジシャン H先生こられる

7月20日(土) 

   午前特別指導 演技指導(特別講習会)

   午後通常例会 会員S氏レクチャー

8月10日(土)

   午前特別指導 演技指導 バルーン講習会

   午後通常例会  会員M氏レクチャー

8月24日(土)合宿セミナー 

   午後1時45分集合 2時 河和駅バス出発

        レクチャー&交流会

8月25日(日)

    マジックショー 

9月7日

    イーブネットフェステバル(会員は9時集合)

    10時~12時  バルーン教室&マジックショー

9月14日

    午前特別演技指導

    午後例会 

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

第20回浜松奇術発表会を観て

 630()名鉄金山駅に集合して、午前903分の急行に乗った。名古屋華マジカルグループからは、男性はOん・Mさん、そして女性はKさん・Mさん・Aさん・私ことH6名であった。中京競馬場からは、浜松まで運転してくださSさんの車に乗ったのが午前9時半頃でした。

 会場は浜松可美公園総合センターという、広い駐車場のある新しい大きなホールで、到着したら、午後1時半からの開演でしたが、すでに沢山の観客が並んでいました

 

 

 

 午後1時半には時間どおりに開幕しました。開会の言葉を述べられた後で、名古屋華マジカルグループの大曽根さんに、名古屋からの参加を感謝してご指名があり、挨拶を述べられました。会場からの温かい拍手がありました。

 その後すぐに、名古屋華マジカルグループの会員でもあるN氏が、9名の各代表の方々に新聞紙を1枚づつ持ってもらい、大変会場を沸かせる面白いパフォーマンスを指導されました

 

 初めての参加でしたので、午後5時終演まで、20回も続いているという浜松奇術連合会はどの様な演技が観られるのだろう・・・と楽しみに観ました。重なった演技もありましたが、個々に工夫されて爆笑有り、驚きありでした

 

 最後の方で、N氏の「どじょうすくい」は先回よりさらに一味工夫がされていて会場をわかせました

 

 午後5時にはすべての演技を終了し、「楽しかったね!」と言いながら、沢山のマジック同好会を束ねて20回もつづけて来られたN氏の絶え間ない向上心に感心しつつ帰路に着きました。

 本当に浜松奇術連合会の皆様ありがとうございました。

 

                                        

 

      FH

  

| | コメント (1)

2013年7月 3日 (水)

浜松20周年マジック発表会を終えて

 終わりました。何事も無事うまくいって満足です。名古屋華の皆さん団体(10名前後)で遠いところをご参加頂き大変大変有り難うございました

皆さんとお顔をチョット拝見したのみで各人お礼の挨拶が出来なくてすみませんでした失礼有った点はご容赦下さい

 

入場者は500名チョイ通路で観る方数名モニター数名心配していましたが理想の入場者でした期待に答えられたか心配です

 我々の眼では前回に較べて皆さん裏方演技者数段の頑張りようで発表者のガンバリに感謝です眼の肥えた皆さんにはまだまだと思いますが次回はこの経験で演技を私を含めて上達すると思います

 私の演技は、例の安来節の「どじょうすくい」で前回の名古屋の発表会に較べると鈴木元先生のおかげで自分でもびっくりするほどオリジナリティーが発揮でき名古屋華に感謝しています

 岩手花巻から地方のマジック会場を見ているので、東京に用事で来たついでに浜松のマジックを観たいと来られました「うなぎでびっくりし、金魚も出たし浜松へ来て良かった良かった」のお褒めのお言葉をもらいましたまた数名の方から「出演してもらうには?」というお話があり好印象をもってもらったようです

 

 自分としては70点ぐらいで今日早速改良の為の材料を入手するつもりです次から次へとアイディアが浮かびお客がどんな反応をしてくれるかが楽しみです

 次は夏の合宿に向けて勉強です。またよろしく!

 今回の発表会に向け用事でこられない方が沢山ありましたその方も含めて応援してくださり有り難うございました事務局長さんも皆さんを引き連れて来ていただき有り難うございました

次を目標に頑張ります。

                           中山

 

| | コメント (2)

2013年7月 2日 (火)

第13回中部奇術連合講習会

 

 今日は第13回中部奇術連合会の発表会及び瀬紀師によるレクチャーです。

 今回は3分マジックということで小学生6年生から○○歳のおじい様まで各サークルのパフォーマンスを堪能させていただきました。

 瀬紀師のレクチャーはさすが日本の第一人者であります。鳩出しから3本ロープまで新たな演出のレクチャーです。とてもためになりました。

 今日からまた、新たなマジックの領域をめざして実践です。

 

                          ―H.O―

 Dscn0976 

Dscn0985

 

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »