« 「乳酸菌生活は医者いらず」から | トップページ | 第4回合宿セミナー2013の賑わい② »

2013年8月26日 (月)

第4回合宿セミナー2013の賑わい ①

 名古屋華マジカルグループでは、例年に於いて合宿セミナーとし8月第4土、日曜日に開催している。今年も8月24日、25日に、講師に将魔さんをお招きし、知多半島公共の宿「ビラ・マリーン」で開催した。大変有意義な講習会となった。参加者は大阪や、松本、浜松、土岐市など遠方からの参加者もいた。

講習会あり、交流会あり、そして参加者によるマジックショーが行われた。交流会では鈴木講師がプロジェクターを使い、関西奇術連合会コンベンションゲストショーのご紹介等があった。

 将魔さんの講習会では、演技の基本的な理論や実技があった。中でもネタ取りの姿勢や、体の位置などその角度などの詳細にわたって講義があった。

質疑応答の時間に質問が集中した関心事は、新開発商品のマジックテーブルにあった。外観も美しくスマートだが、私達マジシャンが常に難しいとされる、ネタ取りの極意、アイデアが満載されていたのだ。私自身も販売されたら買いたいと思っている。

 恒例となった夕食時の福引き景品として、顧問のKさんからは高額なマジック用品(新品)約30点、また講師からも毛花で作られたマジック用品(新品)等の10数点の提供を頂いた。

 顧問や講師の多大なるご厚意、会員の有志からの提供も合わせて福引の時間のレストランは、其々参加者の歓声で大賑わいとなった。

 食後の交流会では、以前に講師が個人事業者として、開発商品を日本を始め4か国の特許を得たこと、国際見本市へ5回も参加したことなどを話された。そして実際にどのような流れであったか、当時のデモストレーションを再現をして見せくださった。

それは特殊調理機器によって、野菜や果物の食材があっという間に花畑の色とりどりの花々へと変化していくのだった。その色どりは、芸術的なセンスの下、その出来栄えは参加者をうならせた。

 現在はリタイヤしておられるため、少々在庫としてあるものを希望者が買い求めた。その後、あっぱれ!皆さまの面前で名古屋華グループに全額寄付をして下さったのだ。感慨無量!

 会議室でのレクチャーと交流会、懇親会の終了後は各自部屋に戻り、思い思いのリラックスタイムとなった。その後も有志によるテーブルマジックのご披露などがあり、夜が更けるのも忘れて興じていた。

                   ―続く―

                         M・O

Cimg6642

Cimg6658

Cimg6662

|

« 「乳酸菌生活は医者いらず」から | トップページ | 第4回合宿セミナー2013の賑わい② »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「乳酸菌生活は医者いらず」から | トップページ | 第4回合宿セミナー2013の賑わい② »