« 2013年世界コスプレサミット大須パレード | トップページ | マジック漬けの2日間 »

2013年8月15日 (木)

風船の講習を受けて

 私は、バルーンアートなるものを経験したことがありません。幸か不幸か風船の講習を受ける機会を得たので、その前にバルーンアートとは何か、作り方等々予習のつもりで調べてみました。

 

 一概に風船(バルーン)といっても種類がいろいろあるようです。普通の丸い風船、ハートの形をした風船、ウサギの頭のように耳のある風船、細長い風船・・・

 これらを組み合わせることによって色々なものが作れる・・・これは、楽しそうだ!!と云うのも「イヌ」「タコ」「剣」「プードル」「オウム」「クマ」「ブタ」「花」「バラ」「ハット」「クマのプーさん」「ウルトラマン」「アンパンマン」等々が風船で作れるのが凄いし楽しいよね!!

 ツイストバルーン(ペンシルバルーン、マジックバルーンとも云う)が細長い風船で、主にこの風船を使用するようです。膨らませたときの太さが2インチ、長さが60インチのバルーンでたいていは事足りるようです。

 あとは、空気の入れ方・風船の口の結び方・基本のひねり方・たらこひねり・にぎりひねり・ハンドポンプの種類・風船の保存方法等々です。

「はじめにイヌありき」ですべてはイヌから始まるとのことで、取り敢えずイヌを予習として作りました。7匹ぐらい作ったがあまり満足するものは無かった。

 この時点ではサイズ調整に慣れることが必要と感じました。たかがイヌぐらい作れるよと侮ってはいけないね。名古屋華マジカルグループは、女性会館で開催されるイーブネット・フェスティバル2013にてマジックショー&バルーン教室を(97日(土)女性会館 大研修室3F)開くということでバルーンアートの講師を招いてバルーン講習の勉強会を行ったのです。

 やはり、最初に作る動物はイヌでした。これが、すべての基本形になるようです。皆でわいわいがやがや講師さんの説明を受けながら「イヌ」そして「タコ」

「剣」を何回も繰り返し作りました。

 特に、面白かったのはイヌの頭だけを作り、残りの尻尾を下に引っ張り離すと上に飛んでいくのです。これは、面白い!!

 お陰様で、予習時の疑問点も解消され(内容は長くなるので省略)さっぱりしました。また、良い企画をお願いします。

 

―M.W―

Gedc0472

Gedc0474

|

« 2013年世界コスプレサミット大須パレード | トップページ | マジック漬けの2日間 »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年世界コスプレサミット大須パレード | トップページ | マジック漬けの2日間 »