« 古い手品の本から―②― | トップページ | 女性会館公開講座「見世物とマジックの世界」 »

2013年8月12日 (月)

中国の癌症村、ゴミ公害に対策なしとは

 7月31日のモーニングサテライトで中国の公害問題を取り上げていた。

 まず、あの有名な西湖がある杭州市付近を流れる銭塘江の汚染である。この河の近くのある村では癌で死亡する人が70%もいるということであった。中国の環境問題活動家は、「癌症村」と呼んでいた。このような癌が多発する村が他にもたくさんあるそうだ。

 その村に取材に入るとき厳しくチェックされた。そして地方政府は癌の死亡率は一般と変わらないという分厚い文書を取材した記者に渡していた。

 記者は、その村で10年以上も前から公害対策を地方政府に訴え続けている一人の女性を訪ねた。その人は銭塘江の水をペットボトルに集め政府に持って行ったが全く聞き入れなかったという。ボトルの水は汚く濁って色もさまざまであった。

 女性の案内で銭塘江の汚染現場に行くとき、環境局の車が尾行していた。彼女の携帯も盗聴されていると話していた。

 中国では住民が政府に訴えても無視されることが当たり前で、以前にもNHKでシャドーバンキングを扱った番組で、土地や住居を強制的に収用された住民を扱っていた。その時も、盗聴や尾行や監視は当たりまえのことだと言っていた。

 銭塘江といえば、海の水がものすごい勢いで逆流することで有名である。私は以前に銭塘江に行ったことがあるが、海のような大河の水が泥のように濁っていたことを覚えている。

 水の汚染は工場からの排水によってであり、その水に危険な化学物質が大量に含まれているのだ。しかし、政府の説明では人体に安全な程度まできれいにして河に流しているというのだ。それは真っ赤なウソであることは間違いない。

 番組では、もう1つの公害を取り上げていた。同じ浙江省の温州市の近辺である。温州市といえば新幹線鉄道事故で有名になったところだ。

 その辺りではゴミが大問題になっていた。ゴミの焼却施設がないためどんどんと山積みにされているのだ。生活の向上でゴミは増える一方なのにその処理が放置されているのだ。

 農村地帯ではゴミの山から沁み出した有害化学物質で土地が死んで農作物が作れなくなったところもあるという。作物を作れないのはいいとして、作物が作れる農地が問題だと思う。有害物資を根から吸い込んだ作物が汚染をされ、それが食べた人の人体に入ることが恐ろしい。

 中国ではゴミの焼却設備が殆ど造られていないという。あれだけ経済発展をし、大きなビルを次々に建てているのだ。なぜゴミや工場排水の問題に取り組まないのであろうか。

 ひどいのは住民が窮状を訴えても取り上げてもらえないことだ。何事も金次第の中国では工場側から多額の金が流れているのであろう。それで垂れ流しも大目に見てもらっているのだ。

              ―H.S―

|

« 古い手品の本から―②― | トップページ | 女性会館公開講座「見世物とマジックの世界」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い手品の本から―②― | トップページ | 女性会館公開講座「見世物とマジックの世界」 »