« ,BIGなニュース(私にとっては) | トップページ | バックシャン、夜目遠目傘の内は死語? »

2013年10月23日 (水)

一人暮らしの高齢者達と子供達の給食会

 19日(土)午後12時から、瑞穂区御剣学区区政委員会が運営している独居者と子供達の給食会があり、その後のお楽しみ会でマジックショーがあった。

 毎月一回の給食会或いは茶話会であるが、今回は給食会であった。私もこの地域の民生委員として、給食会他あれこれと地域に密着した活動した時期もあり、なじみ深い方々も大勢参加しておられた。

 名古屋華マジカルグループの会員の中には、民生委員として各地域で現役で活躍している人達が他にも数人いる。趣味の心得をもって、子供や高齢者と和やかに接し、幸せなひと時を共有してほしいと思う。

 名古屋華ループでは、毎年一回マジックショーの依頼を受けて2名ずつ参加させていただいている。今回は他の会員が出演の予定であったが、都合により急遽代役で2回目で出演でKさん2人で担当した。

 給食時間にもご一緒させていただいたが、ハヤシライスとサラダとスープとフルーツであった。地域の関係者約10人、高齢者約40数人と小学校低学年生が約20人、女性会関係者の手料理の準備等、総勢100名ほどの参加者であった。。隣の席の2~3年生と思われる女子児童が、何とお変わりを3回して4皿をたいらげたのだ。

 他の子供達も、刺激されたように次々とお変わりをした。3~4回のお変わりの子供たちが続出、何と微笑ましい光景でしょう。「まだあるからお変わりしてね」の周囲の声に、若かりし頃の子育ての時代を懐かしく思っいつい目尻が下がる一幕でもあった。

 マジックショーの時間となり30分間はあっという間に終わった。参加者の皆や子供たちからも盛んに拍手を頂いた。この後でカーテンコールがあって驚いた。最近めったにないが、「もう一回やって」「なんでもいいからもう少しやって」のコールであった。

 参加者の皆さんや子供たちからの暖かい拍手に支えられながら、「来年のマジックショー、その時又会いましょう」と申し上げたが、ふと立ち去りがたい気持ちのワンシーンであった。

                  大曽根 みずほ

|

« ,BIGなニュース(私にとっては) | トップページ | バックシャン、夜目遠目傘の内は死語? »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

riceballhappy01ほのぼのとした景色が目にみえるようですね・・・人を楽しくさせてあげるのは難しいことです。子供達からアンコールが出る演技を教えて下さい。

投稿: fumiko | 2013年10月23日 (水) 21時59分

マジックショーも良かったかもしれませんが、会場の雰囲気も良かったのではないでしょうかね( ^ω^ )happy01

投稿: 和やかステージ | 2013年10月23日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ,BIGなニュース(私にとっては) | トップページ | バックシャン、夜目遠目傘の内は死語? »