« 多摩奇術連合会主催 マジックコンベンションに参加して③ | トップページ |  会員の皆様へご案内 »

2013年10月 8日 (火)

大須演芸場にてマジックショーを観る

 例会を翌日に控えた10月4日(金)に、名古屋華マジカルグループ関係者一同16名で大須演芸場へ行ってきた。

 私事ながら、かって中国の杭州国立劇場に出演する機会があり、その時「おかめ&ひょっとこ」の演技の研究のために大須演芸場に短期間通ったことがあった。当時の指導者より「都都逸」で有名な小三亀松師匠と奥様の瑠璃三亀さんを紹介され、再三楽屋訪問をさせていただいた事がある。

 演芸場でのトリの出演は、いつも小三亀松師匠ご夫妻が「太鼓に三味線」で「おかめとひょっとこ」の面を付けて会場を賑わしていた。しかし、かって新聞紙面にも時々登場しておられた師匠は他界され、当時の華やかな演目は消え他の演目に変わっていた。

 今回は知人のTさんのマジックショーを見に行った。大須演芸場と云えば、昔に比べて客足が遠のいているとして吉本興業の著名なタレントが度々応援に駆けつけてニュースとなっていた。

 地元の演芸場でマジックショーが演目としてあるのに、「行ったことがない、観たことがない」会員が多かったのだ。都合のつく会員達皆で、Tさんを応援に行こうとなった。

 大人1500円、65歳以上の高齢者は1000円だった。当日、駆けつけて下さった知人の計らいで、年金者としての割引チケットがあり600円だった。

 小話の数々、 駒回しあり、腹話術にマジックショー等でこの日は観客も多かったそうで、小話の合いの手(?)も会場の観客から度々入って、演者は今日はやり易いと盛んに言っておられた。

 Tさんの演技は、リングやシルク、お札のプロダクション等とても洗練されていて観客を魅了するものだった。たくさんの拍手を送られて満面の笑みで応えていた。マジッシャンのみならず一人でも多くの一般の観客に、マジックの不思議さ、面白さを知っていただく良い機会となるでしょう。

 大須商店街は、若者世代の客層が戻ってきて、たくさんのイベントで賑わいが戻っている。かっては、商店街の振興に躍起となっていた時期もあった。

 商店街の賑わいにあやかって、長年にわたり文化発信の歴史を刻んできた大須演芸場にも、昔の賑わいが戻ってきてほしいと切に思った。

 客足が自然と向くような存続のための良い知恵はないものだろうか。出演者と観客の一体感は、芝居小屋風の演芸場ならではのこと、各都市にある劇場やホールでは得難い満足感がある。

 この料金で運営とは、退場の際の満足度から思えば心中複雑な思いだった。関わっておられる関係者の皆様本当に有難うございました。皆様の善意によって支えられているのだと感銘を受けました。

 商店街の発展と共に賑わいが再び戻る大須演芸場でありますように、と願うばかりです。

               会長 大曽根 みずほ

|

« 多摩奇術連合会主催 マジックコンベンションに参加して③ | トップページ |  会員の皆様へご案内 »

エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの楽しい演芸の時間が持てました。いつ大須演芸場に出かけたかしら・・・と振り返ってみたら10年ほど前に義母が懐かしいので行ってみたいわ、と私と二人で出かけました。その時は正面席前から3列目に他のお客様3名と私達2名で舞台と掛け合いでのマジックが大変面白かった思い出が鮮明に思い出されました。お札を細かく折ってぱっと大きくした演技でしたが、お金が大好きな姑は大喜びしていましたよ。その姑も今は102歳になりました。

投稿: fumiko | 2013年10月 9日 (水) 12時47分

お互いに、懐かしの大須演芸場でしたね。マジックを演じられたTさんの演技は、素敵でした。マジッシャンとして、大須演芸場のマジックがいつまでも輝いていて欲しいと思っています。

投稿: 和やかステージ | 2013年10月 9日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩奇術連合会主催 マジックコンベンションに参加して③ | トップページ |  会員の皆様へご案内 »