« 「名月」というおいしいりんご | トップページ | 明和高校37年同期会 »

2013年11月 4日 (月)

楽天イーグルスの日本一を喜ぶ!(^^)!

 プロ野球日本シリーズは、楽天が優勝して本当によかった。東日本大震災から2年9か月、未だに苦しい生活を余儀なくされている被災者の皆さんに何よりのプレゼントであった。

 Kスタ宮城球場だけでなく、別のスタジアムをも埋め尽くすほどのファンが集まり楽天の勝利を応援していた。

 土曜日はエース田中が予想もしなかった4点を奪われて巨人に敗れ、7戦目まで持ち越した。しかし、日曜日の最終戦は先発杉内、中継ぎの沢村から3点を取って、先発の美馬投手、中継ぎの則本投手が好投をした。

 9回に田中投手が登場したときは、星野監督の采配を疑った。前日さんざん打たれ初黒星を喫しただけでなく、160球も投げていたのだ。もし、田中が打たれたら完全に監督の大ミスである。則本が好投していただけに、替えるなら9回2死を取ってからぐらいでよいと思っていた。

 先頭打者村田にヒットを打たれ、前日にホームランを打たれたロペスにもヒットを許した。ホームランが出れば同点と嫌な感じがしたが、後は締めて胴上げ投手となり、楽天の優勝が決定した。

 星野監督は中日時代から巨人戦には対抗意識を燃やす人で知られていた。今回は巨人の胸を借りると謙虚なことを言っていたが、この優勝はいろいろな意味で監督にとっても最高のものであった。

 今年のニホンシリーズは、結果論から言えば、勝ったり負けたりで、7戦目までもつれ込んだが、楽天の優勝で終わったので本当に良かったと思う。

 楽天球団は9年前の創設時にはいろいろ問題があったし、最下位に低迷していたが、徐々に力をつけてきた。そういう意味ではドリームを実現させたことで、多くの人に感動を与えたのだ。とりわけ東北地方の人たちには素晴らしい贈り物となった。

 7戦試合をしたのでプロ野球機構の収入も相当あったと思うのだが、被災地に一部でも還元されるのであろうか?そうなることを願っている。

                     H.S

|

« 「名月」というおいしいりんご | トップページ | 明和高校37年同期会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

星野監督の亡くなった奥様の母親である方と毎月お話を聴きに行くお寺で良くお会いしますが、何時も「婿は大変優しい。私を旅行に連れて出かけたハワイ旅行の時に、車椅子を押してくれました。」と言っていた言葉を思い出します。選手のお誕生日には家族にお花を届けて祝ってあげてるそうです。この様に心配りの行き届いた星野監督のもとで野球をできる選手にも横のつながりが強くなるのでしょうね。ヽ(´▽`)/

投稿: fumiko | 2013年11月 4日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「名月」というおいしいりんご | トップページ | 明和高校37年同期会 »