« 中部奇術連合ワンデーコンベンション | トップページ | 京都実相寺の紅葉 »

2013年11月29日 (金)

初めてのパソコン教室 その1

 みずほ学習センターのパソコン教室に、11月27日(水)午前~午後と参加した。午前は30分間の個人指導で無料、午後はパソコン愛好会の見学であった。

 午前の部は講師生徒約20人で、私は写真の挿入等の年賀はがきの作り方を希望して教えて頂いた。午後はやはり20人位の参加者で、二つのブースに分かれて、熟練者コースと初心者コースでご指導いただいた。

 最初にパソコンに触れたのは、20数年前に名古屋市立経済大学の計算センター設立時であった。初年度、情報処理の公開講座で、学生と公募の社会人と一緒に学んだのだった。(当時の学生の皆さんには、進度が合わずに随分ご迷惑をおかけした)

 情報処理プログラムのソフトの作成など基本的なのことであった。私は我が家の家計簿のプログラムソフトを作ってレポートとして提出した覚えがある。現在は、プログラマーが仕事としている内容であった。

 パソコン操作は、我流でスタートしたために行き当たりばったりで、その都度問題発生時は、SOSの発信で周囲に支えられて乗り越えてきた。(感謝、感謝)

 最近はテクニカルサポート毎月560円の料金の契約で、その都度リモートコントロールで問題の解決を図ってきたがいよいよ決心、学習センターに問い合わせをして勉強会に参加した。

 パソコン通信やモバイルホーン(携帯電話)等、インターネット類は今の時代誠に便利であるが、我が家の家計に占める維持費の割合は高額である。

 メカにはめっぽう弱い我が家の家族でであるが、年賀状の時期にと重い腰を上げたのだ。「少々、今の時代に乗り遅れの感はあるが、とにかくやるしかない!」

 今日学んだこと、家に帰って先ず復習した。我が家の年賀状は既に定型番で印刷済みではあるが、裏面を自分のオリジナルで出来るのが嬉しい!

 この忙しい季節なのに、午前午後のパソコン教室に通う事にして登録をしてきた。年齢のせいか、もともと頭が悪かったのか、この頃は特に覚えが悪くて閉口している。関心興味の度合いや、必要に迫られてその度合いにもよると思うが今がその時と判断した。

 苦手意識ばかりが先立って、何とかならないものかと長年の悩みだった。一年の締めくくりとして、今回の決断実行のチャレンジ精神を来年につなげ、馬年にあやかって飛躍の年にしたいたいと思う。

                          O・M

|

« 中部奇術連合ワンデーコンベンション | トップページ | 京都実相寺の紅葉 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

PCは色々な機能がありますが、3年前に新しいものを購入しました..前は中古PCで機能に慣れる程度でした。2002年に栄のマツヤ電機店で年賀状作成に向かって頑張りました。楽しかったですが機能の説明書を読んでも頭に入らないのでその電気店の奥で「わかるとできる」という1時間1260円で教えてくれましたのでしばらく通いました。今はその時に教えて頂いた私より14歳下の女性の先生に月1回のみ第3水曜日と決めてもう一人の友人と教えてもらっています。いつでもわからないことをmailで教えて貰ったり携帯で聴いたりしてつづけていますが、すぐ新しいことは忘れてしまいますね。もう頭の中の容量が少なくなってきているみたいです。お互いに頑張りましょうね。

投稿: fumiko | 2013年11月30日 (土) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部奇術連合ワンデーコンベンション | トップページ | 京都実相寺の紅葉 »