« 色のバランスを考えよう (すみえ先生著書から) | トップページ | ホテルでマジックショー音のハプニング »

2014年3月29日 (土)

色を使いすぎないこと(すみえ先生の著書から)

 お洒落のつもりでやっているのに意外と効果が薄い、というケースをよく見かけます。そういう場合は、出したものを誇張したり、ポーズや演技でアピーるすると言った見せ方も大切です。 私の場合は、赤いシルクから赤い花を手元で出すのでなく、ポーンと上に飛ばしたりします。

  ステージ上にバーと華を散らかしますから、手元に持っているよりも効果があるのではないかと思います。そういう風に派手に演じれば、赤いシルクから赤いものが出てもOKだと思います。

 ステージのバックが黒のカーテン{黒が一番無難)の場合は演技が引き立ちますが、ベージュのようなカーテンの前では、白っぽい衣裳を着ていたのでは引きたちません。そのような場合は、色のはっきりした衣裳を着たりして工夫すると良いでしょう。

   私の場合は、寄席やテレビに出演するときは、衣裳を2着持って歩いています。前後の出演者の色と同じようにならないようにするためです。

  景気の良かったころは、気を遣って赤っぽい衣装や違った色の衣装など最低2~3着くらい持って行くのが当たり前でしたが、この頃の不景気で、いろいろな人と一緒にやる仕事も少なくなったので、昔ほど持って行かなくなりました。

  かってこんなことがありました。あるイベントに出演した時、たまたま私は衣裳を一着しか持って行かなかったのです。その日は私を入れて3組でした。そうしたら漫才の人が黒のズボンに赤い上着。物真似をやる男の人も黒いズボンに赤い上着。

そして私も、たまたま黒のベルベットに赤いスパンコール。3組が全くだったのです。そこまで揃ってしまえば、まるでパッケージショウ見たいで逆に良かったんじゃないないかと思っています。

                      M・O

|

« 色のバランスを考えよう (すみえ先生著書から) | トップページ | ホテルでマジックショー音のハプニング »

エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色のバランスを考えよう (すみえ先生著書から) | トップページ | ホテルでマジックショー音のハプニング »