« 色を使いすぎないこと(すみえ先生の著書から) | トップページ | 道具の扱い方について    (すみえ先生著書から) »

2014年4月 1日 (火)

ホテルでマジックショー音のハプニング

 3月30日の1時30から30分間、あるホテルでマジックショーの依頼を受けて、講師のS氏と二人で出演させて頂いた。

 発表会の出演を1週間後に控えていたので、そのための稽古は進んでいた仮面のマジックを披露することになった。

 4階のマジシャン控室もご用意頂き、先ずはマジック道具の準備を進めてから昼食を頂きいよいよ出番となった。

 ある団体の設立40周年の記念パーテイとなっており、会場は約200名程のお客さまでとても賑やかな雰囲気であった。

 特設ステージで、先ずは講師S氏から出演、私の仮面のステージマジックの番が来た。ステージ上でポーズしていつものように音待ち状態で始まった。

 ところがイントロの音楽は鳴ったが、次の音が出てこないのだ。何回かチャレンジしていたが上手くいかない。

 昨晩まで自宅で使用していたMDであったが、困ってしまった。何度試してみても音楽にならないのだ。諦めて、指導者S氏の音楽をお借りして演技した。

 私の音楽は、シャンソンやグレダーマンのピアノ曲、或いはレィチャーズ・ブラザーズの アンチエィンドメロデーで編曲されており、雰囲気が全く違う中で演技した。

 お客様に申し訳無い旨説明がつかないような説明をしながら、心から陳謝した。何と、帰宅してテストしたらじ最初から最後まで音が出たのだ。不思議!不思議!

 初めての経験と思っていたが、思えば以前にも主催者側の音響機器の不具合で、似たようなことが熱海の大会でのゲスト出演の際にあったことを思い出した。

 帰宅してから主催者宅にお詫びに伺った。これをご縁に、機会を見てマジックショーのやり直しをしようとなったが、これからは音楽テープを2本携帯する事と決めた。

 思いがけない春のステージの残念なハプニングの報告となりました。

                         M・O

 

|

« 色を使いすぎないこと(すみえ先生の著書から) | トップページ | 道具の扱い方について    (すみえ先生著書から) »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色を使いすぎないこと(すみえ先生の著書から) | トップページ | 道具の扱い方について    (すみえ先生著書から) »