« 拍手をもらうコツ すみえ先生の著書から | トップページ | ステージの使い方  すみえ先生著書から »

2014年4月30日 (水)

アメリカ旅行記―②―

 今回訪問の楽しみの一つにアメリカのライオンズクラブ訪問があった。

 ライオンズクラブは、奉仕団体として一般に知られており、モットーはWe Serve(我々は奉仕する)」で世界に貢献している。東北震災では3億円の寄付をいち早く対応してくれた。

 世界のメンバーは130万人ほどで、日本は13万人ほどである。我マジカルグループにも関係した会員が私を含めて3人いる。特徴はみんな仲間で世界どこの例会にも参加できることである。

 私はフィリピンのライオンズクラブに数回参加したが、今回アメリカライオンズクラブ訪問で2国目になる。訪問したライオンズクラブはOLD GREENWICH  LIONS CLUBで、80年の歴史があり、格式の高いクラブである。この町は、ニューヨークのベッドタウンに当たり、ビジネス街まで電車で45分ぐらいの所にある。

 前段が長くなったが、私の訪問は、歓迎、歓迎で大変喜ばれた。外国人は初めてとの事だった。奉仕活動は各国特徴があり、リクエストは「我クラブの活動報告」をとのことで、電子機器がない為、紙芝居方式であらかじめ冊子を4部ほど用意して、15分ほどプレゼンテーションを行った。

 感想としては、活動状況、例会内容が多岐にわたり参考になったようだ。質疑応答は、長男の嫁にほとんどやってもらい言語の壁は全然なかった。

 ある程度経過後、訪問目的はもう一つあるということで、マジックの話をさせてもらい、前回報告のサッカーランチタイム同様「サムチップマジックを孫にやってほしい」と模範演技をやり始めた。

 拍手の仕方が悪いと注文をつけ、バックミュージックを用意して、発表会の如く演出たら会全体に一体感ができ大変盛り上がった。

 演技後は皆さんにサムチップ一式をプレゼントし、やり方を伝授した。昼食を兼ねた例会なので、2.5時間ほどの楽しい交流ができた。

 私もライオンズクラブ発祥に地はどんな例会か興味があり参考になることが多かった。

 中には横浜に孫がいるとの会員もいたし、何か縁があったら又お会いしましょうと記念写真を撮って終了した。次回の例会は、サムチップのコンテストを行うこととなりみなさん宿題をもって帰路に就いた。審査委員長として出席したいものだ。

 追記としてメンバーは35名程だが、昼食会の為仕事を持った会員は出席率が悪いとのことであった。

                        馬車馬のNK

P1030611

P1030609

|

« 拍手をもらうコツ すみえ先生の著書から | トップページ | ステージの使い方  すみえ先生著書から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拍手をもらうコツ すみえ先生の著書から | トップページ | ステージの使い方  すみえ先生著書から »