« ネタを上手く取る方法―すみえ先生の著書から | トップページ | アメリカ旅行記 その1 (マジック) »

2014年4月23日 (水)

腰ネタは手だけでなく、体も動かして取る (すみえ先生著書から)

 ネタは練習の時に何度も何度も胸や腰を手で触り、無意識にそこに手がいってしまうところにセットするのが良いでしょう。

 そうすれば見ている方も自然な感じで見られます。例えば腰ネタを取る場合、ネタを取るだけの動きにならないように注意しましょう。

 取る為だけの動作と言うのは、絶対にやってはいけません。手だけをそこに持って行くのではなく、体を動かすようにしましょう。

 ネタを取りに行くのに、手が先になってはいけませんネタどりの形になってから手が行くようにしましょう。

 又、真横になるとネタを取りに行くときに手の動きが後ろから見えてしまうので気をつけましょう。

 腰は正面に向けて、上半身を少し斜めに、反対側の肩を出す。つまりネタを取る方の方を引く感じです。

|

« ネタを上手く取る方法―すみえ先生の著書から | トップページ | アメリカ旅行記 その1 (マジック) »

エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネタを上手く取る方法―すみえ先生の著書から | トップページ | アメリカ旅行記 その1 (マジック) »