« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

小学生のスマホ所有者増加に驚く

 

日曜朝のNHKニュースの特集で、小学校児童のスマホ問題を取り上げていた。驚いたのは、小学校児童の携帯電話保有率は50%を超え、スマホは33%にもなるということだ。  


 携帯電話を使うには、私のような最低の使い方――電話は掛けない、ショートメールのみ――というのでも毎月1600円位は払っていた。小学生とはいえ、そんな使い方はしないだろうから、おそらく毎月5~6000円以上になるのではないか。

 私は今はIphone 5Cを使っているが、使用料は毎月6500円余りになる。それも定額のパケット代が主で、電話は家族割などのものやLINEだけなので殆どかからない。

 仮に小学生が同じ使い方をしていたとしても、月々の使用料を負担するのは親だから、親の金銭負担は大変である。
 以前、中学生の携帯電話使用が月に2万円を超えると聞いて驚いたことがあったが、携帯やスマホにのめりこむとそういうことになるのは当然である。

 神戸のある小学校での授業風景が放送されたが、先生が「携帯電話を持っている人?」と尋ねると、あちらからもこちらからも一斉に手が挙がっていた。

 その小学校で調べたら、毎日1時間以上携帯やスマホを使うという子供がたくさんいたそうだ。中には4時間以上という子供もいて先生たちが驚いていた。  

 問題はのめりこむ使用時間にもあるが、いじめがもっと問題だという。LINEなどを使って、友達とグループを作り、グループトークをするのだが、メッセージに対して「既読」はマナー違反とされるのだという。「既読」は読んだときに自動的に掲載されるが、読んだらコメントを書くべきだというのだ。  

 私もグループトークをしているが、確かに抜け出すのが難しいと感じる。返事やコメントをすると相手が返してくる。するとそのまま「既読」では悪いように感じるのだ。 そういうことで子どもの場合は、いじめにあうのだ。

 また、ある例では「ペットの○○ちゃん、かわいくない」というメッセージを送るとき、たまたま「?」をつけるのを忘れたために、否定されたと受けたられいじめを食ったというのだ。

 音声の場合は語尾を上げて発音するので判別できるが、文字の場合は「かわいくない?」なら「かわいいでしょう?」となるが、「かわいくない」だと文字通りの意味になってしまうのだ。

 その他にも、インターネットゲームで悪口を言われたという事例があった。ネットでつながると顔が見えない相手に何を言われるか、されるか分からない怖さがあるのだ。  

 これだけ小学生に携帯やスマホが普及すると、出会い系サイトなどで不純異性交遊をする者も出てくる。先日も新聞にそんな記事があった。

 私などはスマホの電話番号やアドレスを教える時は慎重にしているし、ネット接続も細心の注意をしている。小学生や中学生がスマホを持つ時代になったことに驚きを禁じ得ないが、同時に親や教師などがその使用についてきちんと指導しなければならないと思う。
              H.S

| | コメント (0)

2014年6月27日 (金)

第7回長野マジッククラブ発表会に参加 発表会にて②

 名古屋華マジカルグループからは、総勢5名参加させていただきました。長野マジッククラブは、我がグループより1年先輩クラブとして誕生されました。

発表会は毎年開催されており、今年は第7回発表会でした。毎年開催のその実行力に敬意を表します。会場にご案内を頂き着席したら、周囲にはたくさんのお馴染のマジック関係者が着席しておられました。

 さて、開演の時間となりました。本日のゲストは「KYOKO」さんです。国内外での女性マジシャンとしては、トップマジシャンとして輝いている彼女です。今日は最近になく洋装のマジッックと聞いてわくわくして待ちました。

 会員達はステージ上で、皆輝いていました。つい、一か月前の名古屋華グループの発表会を思い出して、どこか不思議な一体感に包まれ胸の高鳴りを覚えました。

 プログラムの中では、小学4年生の男の子供さんが、初デビューとは思えない演技をされました。聞くところによると、会長のお孫さんで、今まで活躍された野町君の弟さんとかちょっと目立つ存在でした。

 会長ご夫妻は、今年も新しい作品を紹介された。美人の奥様の衣裳チエンジはお見事、どこか笑いを誘うような雰囲気の会長さんとのコンビネーションに、会場からたくさんの拍手が送られていた。

  「バニーちゃんははどこいった?」パソコンの映像使ったマジックは、プログラムの中では異色の存在を感じました。若い世代の会員達のなせる技でしょうか。

 ゲスト出演では、「KYOKO」さんが2部のトップと、最後のとりの2回演じられました。どれもオリジナリテイに溢れていました。やはり世界の舞台で活躍されるトップマジッシャンの貫禄を感じました。

 素晴らしかった発表会を終て、打ち上げ会では更に素晴らしいニュースがありました。2部の司会をされた大坪和子さんが、名古屋市に引っ越し後名古屋華マジカルグループに転籍されるとの事でした。 何とラッキーでしょう。素敵な彼女を会員一同暖かく迎えましょう。

 こうして長野マジックの発表会及び打ち上げ会は滞りなく終了しました。山上会長初め出演者、関係者の皆様、本当にお疲れさまでした。そして素敵な発表会を有難うございました。

                        O・M

 

 

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

第7回長野マジッククラブ発表会 前日友を訪ねて①一

 6月22日は長野マジッククラブ発表会に行ってきた。30代の子育て真最中の頃、夫の勤務の都合で長野市に3年程住んだことがあり懐かしの地でもある。

 当時の友人を訪問する約束がしてあったので、前日例会であったが午前のみ参加で、午後一足先に13時の「しなの」で出発して16時長野へ到着した。

 駅に迎えに来た彼女は、当時と変わらぬ暖かい雰囲気のままでお互いに再会を喜んだ。先ずはご自宅に案内を頂き、夕方はスーパー銭湯で温泉入浴をし、生まれて初めての経験であったが「あかすり」をたのんだ。

 1人30分3240円で、私には恰幅の良いにこやかなブラジル人の女性が担当となった。ゴシゴシと特製の手袋でこすった。今までの?十年の垢がぼろぼろとコンクリートの床に落ちるのが見えた。我ながら気持ちが悪ーい。

 しかし、終わってみれば何と、足のかかとがツルツルとなっていた。これは凄い!!!。かかとがザラザラで、日頃悩んでいる主人に勧めよう。きっと効果てき面と喜ばれるに違いない。そして少しはダイエット効果もあったかな?

 彼女は、昨年ご主人が他界されてとても寂しい日々を送っていた。まだまだ心は癒えず、過去の思い出の中に浸っているようであった。2人は同室で就寝、夜が更けるのも忘れて、夜半までこれからの人生について話し合った。

 しかし、数時間後翌朝は目覚めも良く5時に起床した。強い雨ふりだったが二人は長靴に傘をさして、周囲を散歩した。その辺りはフルーツパークそのもので、リンゴ、ぶどう、ネクタリン、もも、梨、杏等、枝もたわわに実っていた。

 都会では見られない田園風景に感動した。朝食の食材は、只今収穫したばかりのキューリ、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、レタスなど、食卓は野菜オンパレードの健康食が美味しかった。

 朝食後も雨天だったので、外出することなく今までの子育てや両親の介護の事、懐かしく思いだされるままに時間の経つのも忘れて語り合った。

 これからの関心事は「自分の人生の後半をどのように生き抜くのか」その1点であった。「健康であればこそ充実した人生が送れるのではないか」、やはり「健康第一の生活が目標」と落ちどころはそこであった。

 軽い昼食にお汁粉を食べ、それから2人は、マジック会場の若里ホールへ向かった。既に到着の名古屋華グループの仲間と落ち合って彼女を伴い会場へ入った。                             

                 続き 

                                  (M・O)   

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

春日井の福祉の里「だれでもアーティスト」

今日は夏至です。一年で昼が最も長い日です。 夏至に新しいことをすると運気に恵まれると昔から言われております。新しくマジックの新ネタを覚えるとか、新しいバッグを購入するとかです。

 私は春日井の福祉の里で「だれでもアーティスト」という催しに呼ばれて参加させていただきました。毎年1回実施されている催しで、自薦他薦問わず、春日井市内で活躍されているアーティストの集いみたいなものです。

 いよいよわたくしもアーティストの仲間入りでしょうか・・ 出演者はマジック、ギター弾き語り、ピアノ演奏、アコーディオン、アカペラそしてバンド演奏等、盛りだくさんです。

 お客さんの前で演技をするということは、どれだけ大変かはステージでマジックをされたことがある人なら理解していただけると思います。

 ナント、アコーディオン奏者は今年、米寿のおじいさんでした。 しかも軽やかに4曲を淡々と演奏される姿はさすが見ごたえがありました。

 本日はJKバンドという、地方では有名なバンド演奏があるということで、ケーブルTVが取材に入っておりました。

 ついでにマジック公演も録画していただきました。 いよいよ私もTVデビーでしょうか。

 放送は7月1日だそうです。たぶん写ってないのかもしれませんが、楽しみです。

 そんなこんなで私の夏至の新しい出来事でした。

                       小澤


Cimg2977

Cimg3018

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

第5回 マジック合宿セミナー2014

第5回 マジック合宿セミナー2014 
 
                             マジック&交流会 
                雰囲気も新たにマジックの交流を深めましょう!! 
グループ以外の方、大歓迎です!!! 
 
   <特別講師>  マイク太田 
            1991年  新潟マジックグループ 設立 
            1995年  (社)日本奇術協会より師範認定を受ける 
            1996年  国際マジシャン協会に入会 
                マジックショー出演、CM、コンサートなど多方面で活躍中!! 
*パフォーマンス&マジックショーそして楽しいディラーショーもあります。 
 
☆タイムスケジュール (日時) 
8月23日 13:55     集合  河和駅 
 名鉄河和線  金山駅発12:45⇒河和駅着13:27 (特急) 
   〃 13:00⇒  〃  13:48 (急行)  
   
  14:00~14:30  送迎バス河和駅出発 ホテルへ   
  14:30~15:00  ホテルにて受付 各部屋確認 
  15:00~17:00  レクチャー&ディラーショー(会議室) 
  17:00~18:00  ディラータイム⇒フリータイム 
  18:00~19:30  夕  食 
  19:45~21:30   参加者交流会 (会議室) 
 
8月24日 
 
   7:30~8:30   朝  食(1F)   
   9:00~11;30  みんなのマジックショー 
   12:00~13:00  昼  食 
   14:00       ホテル送迎バス出発河和駅へ       
 
   名鉄河和線  河和駅発14:36(急行)→新鵜沼行 14:57(特急)→名古屋行 
 
 
 
  日   時・・・平成26年8月23日(土)~24(日) 
          *河和駅迎えバス (14:00) ホテル送りバス河和駅へ (14:00) 
  会   場・・・ホテル ビラ・マリーン    名鉄線河和駅下車 
  費   用・・・15000円 (一泊三食) 外部の方は当日、会場受付でお支払ください 
  持 ち 物・・・シルク(各種サイズ)をご持参ください 
  参加方法・・・詳細については事務局まで御連絡下さい 
  申込み先・・・事務局 
 TEL&FAX : 052-881-4758 
 Eメール  : nagoyakam758@yahoo.co.jp 
 
 
      主  催 名古屋華マジカルグループ 

| | コメント (0)

2014年6月20日 (金)

アミーユレジデンス高辻で手品ショー

 6月15日(日)午後からアミーユレジデンス高辻にて手品ショーを行いました。

 アミーユレジデンス高辻は市バス雁道から徒歩で3分の所にあり、交通の便は良い所です。 介護付有料老人ホームで、一階のスペースを利用してフリーマーケットを開催して、14時から17時入退場自由となっております。

 マーケットは「カラーセラピー」「リラクゼーションマッサージ」「似顔絵&ワークショップ」 「ワンコイン撮影」「カードリーディング」「ハンドマッサージ」「誕生花セラピー体験」「ロザフィの体験ワークショップ」「耳つぼジュエリー」等々でした。自宅の不用品をリサイクルフリマ販売も出来るということで、結構大勢の方が一階のフロアーをあちこち行ったり来たりして、それぞれのマーケットを見ておりました。

 手品はフリーマーケットに囲まれた中央の空きスペースで行いました。

 さて、手品の時間です。大声で「皆さん!!今から手品をしますので集まってください」「皆さん!皆さん!手品が始まりますよ!」と呼びかけスタートです。

 最初に、A4の用紙に「私の名前は?」「ナベちゃんです」「私の欲しいものは?」「拍手です」4枚の用紙を折りたたんで糊つけしたものを1枚、1枚開いて最終的には皆さんの拍手が欲しいことを伝えました。

 次に、シルクからステッキに変化、ロープから消えたシルクが出現、ロープ切り、6枚の大型トランプからカラス(折り紙)と鶴(折り紙)が出現、新聞紙とトランプ、6本リングをやりました。

 ところが新聞紙とトランプの最後のところで新聞の切り方を間違えて失敗です。今まで間違えたことが無いのに失敗をしてしまったのです。会場の雰囲気に負けたとしたら私自身が未熟ということです。今後、失敗しない為の対策を考えなくてはなりません。(一人でじっくりと考えます)

 この企画は、子育てサークル・イエローハート&Yellow Heartで、美容室 「らぶすぽっと」の娘さんが運営しているとのことです。

 企画された皆さん、お陰様で楽しいひとときを過ごさせて頂きました。有難うございました。

Mr.マリック語録より

 マジシャンにとって最良の教師は

          自分自身の失敗なのです。

           M,S

| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

アメリカ旅行記―⑥―

アメリカ旅行記6(ニューヨークの田園調布)

 息子が住んでいる所は、ニューヨークから電車で1時間くらいの、コネクティカット州の小さな町riversideである。隣の町が西のビバリーヒルズ、東のグリーンウィッチ(GREENWICH )といも言われるとんでもない町で、ニューヨークのセレブ達が住んでいる。

 私がいた時話題になったのが、130億円の家を買った人がでたという事だ。この額は、日本ではマンションが数棟建つ額、桁違いの財産で、まだまだ信じがたい事が沢山あることだろう。ここの町の家の平均価格は4億円でけた違いだ。売り物件は沢山あるらしい。興味ある人は下記のホームページを開いてほしい。

http://www.zillow.com/homes/Greenwich-CT_rb/?ztest=sem&gclid=CL751sG5pr4CFeMF7AodUykAtQ

 この町には他に驚くことがまだある。以前資産家が市に土地を寄付した市民のレクレーションエリアがある。広さは普通の町全体位の広さだ。この土地は市民しか使えなく、道路の入口に守衛所があり市民であるかチェックする。私も嫁さんにドライブしてもらい、敷地内に入りいろいろの施設を見た。

 プライベイトビーチは勿論、キャンプ場、ピクニックエリア、散歩エリアetc日本では考えられない特別地域だ。また市全体は西部劇にでてくるような質素な町で新しい物に飛びつかない自分の生き方をしていると感じた。

 マクドナルドetcファーストフード店は一軒もなかった。セレブ人は高カロリーな食事はとらなく、野菜を主とした食事をしているらしい。ニューヨーク街中を歩いていても地元の人か旅人かすぐ区別がつく。ツアー客は大体太っている。中には人間か?と思われる程信じられない人も見受けられる。日本人の体格は全てニューヨーカーだ。

もちろんゴルフ場もあるが、ビジターはプレイできなく多分市民だけのゴルフ場だろう。

 ゴルフは別にここでできなくても周辺に幾つもある。プライベイトゴルフ場はどんな魅力があるか住民に聞いてみたい。¥2000ぐらいで子供から老人までやっていて、珍しがるのは日本人だけ。夜9時ごろまでプレイできるので、やりたくなったら練習のつもりで出来る環境だ。

 アメリカ生活も10日もいると、何一つ不自由はないが日本が恋しくなる。わがままなものだ。平凡な生活と思っているが、日頃の生活を抜きにして人生エンジョイできないことが分かった。今の生活は気が付かないが一番幸福な時と外に出てわかった。今後も毎日、毎日を感謝して大事に過ごしたい。

               馬車馬のNK

| | コメント (0)

2014年6月13日 (金)

6.・7・8月例会スケジュール

 例会スケジュール

 ★6月7日

  午前  特別指導 

  午後  例会  

 ★6月21日

  午前  特別指導  

  午後  例会  

  ★7月 5日

  午前 特別指導    

  午後 例会    

 ★ 7月19日

    午前 特別指導  

  午後 例会  

 ★8月3日(土)

  午前  特別指導 

  午後   例会 

★8月23日(土)24(日)

① 合宿 セミナー

(セミナー&マジックショー&交流会)

 知多半島 ビラ・マリーン(宿泊)

 特別講師     マイク太田さん

 ② 事務局

 Eメールnagoyakam758@yahoo.co.jp

 TEL  052-881-4758

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

アメリカ旅行記5(ナイヤガラの滝)

  ニューヨークからだと450キロの長距離ドライブ、ハイウェイをひたすら走る旅となった。以前デトロイトからディズニーランドのあるオーランドまでドライブしたことを思い出した。

 1500キロの旅で、電気釜を積んで2泊してようやく着いた。地図を広げて測ってみたら北海道―九州の距離。よく一人で往復ドライブできたと色々思い出しセンチになった。

 半日で着いたが、滝のしぶきがすごく、遠くからでも近づいた事が確認できた。

 チェックインした後すぐ滝に行ったが、驚いたことに日本人がほとんどいなくなり、以前と様変わりした感じだ。中国人とインド人がほとんど。今アメリカの東部は人気がないらしい(飛行時間の関係?)

 滝滞在中日本人に会うことはほとんどなかった。今日本人は東南アジアがほとんど、友人からもアメリカ旅行の話は聞いたことがない。

 滝はおきまりのコースで、地上からの見物とエレーベーターで滝の中間からの眺めだ。とにかく落差は100m以下だが水量が半端ではない。地響きを立てて落下しておりすごいの一言。

 2時間程滝を堪能した後、ホテルに帰る途中、ラスベガスに匹敵するカジノハウスに寄った。2つあるみたいだ。中には入って驚いた。街は人がまばらだが館内は1000人ぐらいで混雑している。

 ほとんど老人夫婦、日本の1円パチンコに似ている。1回1セント約1円で出来る。1000円で朝から晩までOKじゃないかな?。

 息子は25セントマシーンを見つけて、私はやるのを見ていただけ。1時間ほどでホテルに向かった。

 翌日は車の中から滝を見た後アメリカサイドより見たた。ここからは距離が少し離れているので、滝全体を見たい観光客でにぎわっていた。

 ここの名物は観光船で、滝つぼの近くまで行くのが有名だが、行った時は周囲はまだ雪が残っており船は丘にあった。

 帰路に就くが日本と違って山また山の単調の中にある高速道路。途中眺める観光地もなく鹿注意の看板が多かった。一回鹿を見た。

 車内で夕食の話になり、どこへ行くか?もうすぐ帰国なのにステーキを一度も食べてない。じゃあということでニューヨークのベスト3にはいる店に行こうと言う事で「Benjamin steak house」をスマートホーンで探したどり着いた。

 本来は正装に近い服装でないといけないが、イースターデイという事でお祭り気分。子供も多く別段普段着であったが違和感はなかった。

 格式のあるレストランでホテルの入口みたい。ドアーボーイに車のキーを預け、車は全てドアーボーイが管理する。帰りは入口で待っているとドアーボーイが車を持ってくるシステムだった。

 ステーキは800グラム?のTボーンステーキ。前菜を食べ、30分程後メインのステーキがでてきた。全てウエイトターが皿に盛ってくれる。

 1口口に入れて驚いた。「なんじゃこりゃ!」松坂牛よりステーキらしさのうまさ。2cmぐらいある厚さでジューシーな肉。

 息子に聞いた。肉の革命だと。息子は日本では売っていない肉。その名は[Aged Steak(熟成肉)]40日位温度管理して腐る寸前を食べるらしい。

 後日陳列してあるものを見たが肉にカビが生えた如く白かった。帰り成田空港のレストランメニューで興味があり探したら「熟成ステーキ」¥2000ぐらいだった。信じられない問題の偽装メニュー?このくらいで

  馬車馬のNK

Photo

P1030654

| | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

手作りフリーマーケットに参加

 2か月に1回ぐらいのペースで手作りフリーマーケット「勝南にぎわい市」が

JR勝川駅南ロータリーで催されています。

 手作り野菜から小物、アクセサリー、雑貨あるいはカラーセラーピーとか整体師なども出店されていて楽しそうなイベントです。

 お客としては行くのですが今回は出店側で挑戦しました。手作りマジックグッズの実演販売です。今回は販売が目的ではなく、マジック実演が目的です。

 しかし、所場代ぐらいは稼がないと赤字になってしまいます。簡単なカードマジックのネタを解説付きで2種類30セット用意して販売です。1セット200円とフリーマーケット価格です。

 立ち寄った人にマジックを披露していきます。いわば、ストリートマジックです。

年配のおばさまは「ほー、へー」と感心していただけますが、それでおしまいです。狙いはやはり親子で来ている子供さんですね。

 子供さんの「不思議」「やりたい」「ほしい」の声で、財布のひもが緩みます。でも、「簡単にできて不思議なマジックは見せ方だけなので、種を知ってしまうとがっかりするよ」と、アドバイスは欠かしてません。

 活躍中のマジシャンで、夜店でやっていたマジシャンの影響でマジックが好きになったというお話も聞いたことがあります。

 今回の子供達のなかから有名マジシャンが育ち、あの時の不思議体験を語ってくれる日が来ると期待しております。

                    小澤

Photo

続きを読む "手作りフリーマーケットに参加"

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

マジックでボランティア

息子の知人に頼まれてマジックのボランティアに出かけた。「ハートピアみずほ」というユニット型の特別養護老人ホームで、このホームはまだ4月にオープンしたばかりであった。


 7階建の大きなビルディングで収容人員は80名だという。2階から6階までは居室が17室あって、10室と7室に分かれていてそれぞれ中央にスペースががあり、フロアがユニットになっている。

 私は、5階のユニットの入所者さんにマジックを見せた。車椅子の人も含めて14人ぐらいの入所者が椅子に座っていて、その外に介護職員が数名いた。

 2時ちょうどに演技を開始した。3つの輪に結んだロープが1本につながるというマジックに、声を出して驚いてくれたので一気に乗ってやることができた。

 3本ロープをやって最後は1本になるというのもやったがこれも驚いていた。観客の中に元気な女性がいていちいち声を出して反応してくれるのでやりやすかった。

 大きなカードを使って昔懐かしい筆巻きに入れてカードを替えるマジックも意外性にびっくりしていた。

 中心は高齢者ばかりなので、良く理解できるように話しかけながら演じた。馬が選ぶカードをやったときは、最初女性のお乳の絵が出たので喜んで男の人が「俺は女が好きだがや」と叫んでいた。しかし、それが馬の目に変ると大笑いであった。

 新聞からシルクを出す古典的な手品も次は「黄色が出るよ」などと予想をしてみている人がいた。出たシルクをチェンジバッグで変えたらどよめいていた。

 私が用意したマジックは、目の前でもやれるものばかりなのでできるだけ見ている人の近くで演じた。リングを見せたときは、どうしてリングがつながったり離れたりするのか本当に不思議だと言っていた。

 元気のいい女性が「4つにできないの?」と言ったが、3本しか持ってないからできないと言った。

 見ている人は元気よく反応する人や眠っているような感じの人もいたが、それは仕方がない。

 後で聞いたら、よそから来てエンターテイメントをしたのは私が初めてだということであった。利用者の中の一人の人が「以前にいた施設の人にも見てもらいたいがやってもらえるか」と聞かれたのでまた日にちを打ち合わせることにした。
 
                     H.S

Cimg8148

Cimg8170

Cimg8192_2

| | コメント (0)

2014年6月 3日 (火)

アメリカ旅行記―④―ニューヨーク

2日間に亘って訪問した。訪れたい所は沢山あったが数回目であった為、年齢を考え歩かないで楽しめる場所をお願いした。まずエンパイヤーステートビルディングをお願いした。

 上るには2通りあり「特急コース」と「一般コース」2種類ある。一般コースを選んでみたが1時間以上の待ちがあったと思う。「特急コース」は2倍の¥5000ぐらいだろう。すぐエレベータ前まで行ける。

 ナイヤガラの滝でも体験したが、タイムイズマネーの国で、お金を払えば特権コースを取得できるシステムになっているところが日本の平等主義とは異なる。

 長蛇の末102階まで上った。天気が良かったのでニューヨーク全体が見渡せ、お嫁さんからいろいろ説明を受けた。国連、自由の女神、セントラルパークetcをまじかに見て、行った気分で記念写真を買ってここを後にした。

 次はクリスマスツリー。子供のころアメリカ留学に奨学金をだして援助してくれた有名なロックフェラー財団が建てた近代美術館MONAに行った。ここではゴッホの「星月夜」と「ゴールデン マリリン・モンロー」が有名だが、私には理解できない絵が多かった。

 館内の中庭の像を見ながら昼食を食べた。フルコースレストランでフレンチ料理を堪能した。すべてが創作料理で、さすがニューヨークと満足して帰って来た。

 翌日もニューヨーク。中華街を散策し、有名なラーメン店で昼食した。すべて現地人で賄っていたが、麺がいまいち。博多豚骨が¥1500ぐらいで繁盛していた。

 その後地下鉄で、セントラルパークにある、世界3大美術館の一つであるメトロポリタン美術館まで行った。複々線なので急行と鈍行を使い乗り換えて着いたが、昔と違ってきれいな乗り物になっていた。

 メトロポリタン美術館は、入場がユニークで、年間会員と一緒だとお客は無料で入館でき、日本語の説明モバイルも貸してくれて飽きさせなかった。家族とはここで別れて一人でゆっくり見ることができた。

 全館を見るには2,3日は必要だろう。とばしとばし4時間ほど見てた。夕食を楽しみに、生牡蠣で有名なグランドセントラル駅に行った。

 カウターに案内され、初めて自分でオーダーしなくてはならないことが分かった。オーダーメニューを渡されたが写真がない。聴く会話力もないし5分間ぐらい悩んだ。

 わかるはずもなく見渡したら、アベックが牡蠣を食べていたので「あれと同じ物」とゆでかにをイメージして「かに(crab)」とつくものをオーダーした。30分ぐらい待ってようやく持ってきてくれた。

「びっくり」牡蠣は3つずつ4種類これだけでお腹いっぱいになる。またかにはワタリガニで、脱皮したばかりの柔らかいものを天ぷらにしたもの2匹とぽろぽろのライスちっともおいしくない。

 隣の席にスーツを着たビジネスウーマンがいたので牡蠣を食べてとお願いしたが断られた。

 もう一つびっくりしたことがあった。カウンター客20名程を1人のウエイトレスが全て賄う。注文から会計まですべてだ。日本人の3倍ぐらい動き回っている。宅配便の運転手感覚。でも体は太っている。信じられない。私が社長だったら表彰ものだと思った。外国に行くと失敗談が多いがこれも愛嬌と家路についた。

           馬車馬のNK

Photo


P1030634


| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »