« 春日井の福祉の里「だれでもアーティスト」 | トップページ | 第7回長野マジッククラブ発表会に参加 発表会にて② »

2014年6月26日 (木)

第7回長野マジッククラブ発表会 前日友を訪ねて①一

 6月22日は長野マジッククラブ発表会に行ってきた。30代の子育て真最中の頃、夫の勤務の都合で長野市に3年程住んだことがあり懐かしの地でもある。

 当時の友人を訪問する約束がしてあったので、前日例会であったが午前のみ参加で、午後一足先に13時の「しなの」で出発して16時長野へ到着した。

 駅に迎えに来た彼女は、当時と変わらぬ暖かい雰囲気のままでお互いに再会を喜んだ。先ずはご自宅に案内を頂き、夕方はスーパー銭湯で温泉入浴をし、生まれて初めての経験であったが「あかすり」をたのんだ。

 1人30分3240円で、私には恰幅の良いにこやかなブラジル人の女性が担当となった。ゴシゴシと特製の手袋でこすった。今までの?十年の垢がぼろぼろとコンクリートの床に落ちるのが見えた。我ながら気持ちが悪ーい。

 しかし、終わってみれば何と、足のかかとがツルツルとなっていた。これは凄い!!!。かかとがザラザラで、日頃悩んでいる主人に勧めよう。きっと効果てき面と喜ばれるに違いない。そして少しはダイエット効果もあったかな?

 彼女は、昨年ご主人が他界されてとても寂しい日々を送っていた。まだまだ心は癒えず、過去の思い出の中に浸っているようであった。2人は同室で就寝、夜が更けるのも忘れて、夜半までこれからの人生について話し合った。

 しかし、数時間後翌朝は目覚めも良く5時に起床した。強い雨ふりだったが二人は長靴に傘をさして、周囲を散歩した。その辺りはフルーツパークそのもので、リンゴ、ぶどう、ネクタリン、もも、梨、杏等、枝もたわわに実っていた。

 都会では見られない田園風景に感動した。朝食の食材は、只今収穫したばかりのキューリ、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、レタスなど、食卓は野菜オンパレードの健康食が美味しかった。

 朝食後も雨天だったので、外出することなく今までの子育てや両親の介護の事、懐かしく思いだされるままに時間の経つのも忘れて語り合った。

 これからの関心事は「自分の人生の後半をどのように生き抜くのか」その1点であった。「健康であればこそ充実した人生が送れるのではないか」、やはり「健康第一の生活が目標」と落ちどころはそこであった。

 軽い昼食にお汁粉を食べ、それから2人は、マジック会場の若里ホールへ向かった。既に到着の名古屋華グループの仲間と落ち合って彼女を伴い会場へ入った。                             

                 続き 

                                  (M・O)   

 

 

 

 

|

« 春日井の福祉の里「だれでもアーティスト」 | トップページ | 第7回長野マジッククラブ発表会に参加 発表会にて② »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日井の福祉の里「だれでもアーティスト」 | トップページ | 第7回長野マジッククラブ発表会に参加 発表会にて② »