« 相撲部屋力士激励会に参加して | トップページ | 7、8、9月例会(合宿セミナー含む)スケジュール »

2014年7月10日 (木)

イギリス三座登頂(スリー・ピークス。チャレンジ)

イギリスの山は最高峰と言っても1344mしかありません。日本の山では愛知県の最高峰の茶臼山でも1415mあります。是非一度は行きたいと思い6月に挑戦しました。

6月12日ドバイ空港経由でイギリス第2の都市マンチェスターへ。さっそく14日は、機関車トーマスのような登山電車でウェールズ最高峰スノードン1058mの山頂まで。日本の山と全く違い、麓から山頂まで全く樹林帯がなく牧草地ばかりでビックリ!

 羊が放牧されていて、時々登山電車の軌道でのんびり草を食べていました。山頂からは眼下に一面の芝生のような放牧地と、真っ青な湖が望まれ絵葉書のような景色でした。ここから下りの登山道を足ならしで下りました。

15日はイングランド地方最高峰スコーフェル・パイク978mに麓から登頂。生憎の曇りとガスの中、8時間ばかりかかりました。日曜日で山岳マラソンの競技が催されていて、どんどん選手が駆け抜けていきました。

今イギリスは山岳やロングトレイルが人気で、多くの人たちがトレイルに挑戦しているそうです。山麓にはキャンピングカーも多く駐車してありました。この山もやはり羊の放牧地で、まったく樹木がなく、山頂に近づくにつれ砂礫帯の石ばかりでした。

17日はスコットランド最高峰ベン・ネビス1344mに登頂。1200mあたりから雪渓も出てきました。緯度からいうと日本の北のサハリン辺りでしょうか。

 山頂からの眺めは湖や渓谷の素晴らしい景観でした。どの山も山頂に山の表示がなく、広々とした石だらで、木々が全くないので360度麓まで見渡せました。

 あっちこっちに縦横にトレイルがあり、登山者の姿まで手に取るように見えました。9時間ぐらいかかりましたが、近年イギリスで人気のスリーピークス・チャレンジの三座登頂を果たすことができ大満足でビールで乾杯!

18日は平原のハイキング、色とりどりの草花が楽しませてくれました。

ご夫婦らしきカップルに大勢すれ違い、健康志向のトレッキングが人気で、この国に深く根付いていると思いました。

 イギリスは日本の国土の2/3位で6318万人。国土の90%ぐらいは人が住める平地とか。

 日本の地形と正反対の、草原の丘のような国でした。日の出も早く、4時ごろから21時ごろまでまだ明るく、ミストがかかっているようなお天気でした。

 ついでに古城や湖の観光し、グラスコー空港より20日帰国しました。

                                              YO

Photo

Photo_2

Photo_3

 

|

« 相撲部屋力士激励会に参加して | トップページ | 7、8、9月例会(合宿セミナー含む)スケジュール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相撲部屋力士激励会に参加して | トップページ | 7、8、9月例会(合宿セミナー含む)スケジュール »