« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

名古屋華マジカルグループの合宿に参加して

 名古屋華MGの合宿が8月の土日で開催でした。今回が第5回目だそうです。

 

  私は今回が初参加ですが、マイク太田さんのレクチャー&ショーがあるというので楽しみに出かけました。各教室の先生方も多数参加されていました。

 

   朝から大雨です、JR中央線が一時運休状態で心配です。少し早目に家を出ましたが、少しの遅れで金山に到着しました。おなじみの顔ぶれがそろっておりました。

 

  屋外での行事ではないので多少の雨は関係ありません。ホテル到着早々にマイク太田さんのショーそしてレクチャーです。

 

  マイクさんのショーは大掛かりなものではなく、なんと言いましょうか、庶民的で好感が持てます。

 レクチャーも一般的な内容でしたが、そこかしこにプロマジシャンならではのこだわりとか思い入れがあり感心致しました。

  

  レクチャー内容は、・よみがえる薔薇・シルクホルダー・シルクのロープ抜け・縞ハンカチなどです。

 

  夕食の後は鈴木先生のレクチャーがあり、その後は真夜中までマジック談義が大部屋にて続きました。差し入れの梨や葡萄などをご用意していただき本当に感謝です。

  

  翌日は会員による会員のための発表会です。「簡単なものでー」と言われていたのですが、皆さん凝りに凝った演技のオンパレードで、圧倒されまくりです。

 

  会員の皆さんだけでこれだけの演技が見られるならもっと時間を取っていただいたらよかったと思います。

  もう少し早い時間に初めて朝から夜まで発表会みたいな催しもありかなと思います。

 

  楽しくてアッという間の2日間でした。事務局の皆様には本当にお疲れさまでした。

 

  次回はカズカタヤマさんとかゆうきともさん、ジミー菊池さんピエールさんとかプロマジシャン銀次郎さんとかを渋谷慶太さんとかお呼びいただければスゴイですねー。

 

            小澤

Cimg4794

Cimg4806

Cimg4902

 

 

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

第5回マジックセミナー2014に参加して

 私は、いつも紙面を荒らしている浜松馬車馬のNKです。思えばこのセミナーの参加は2回目ぐらいからだと思う。当時に比べると格段に楽しみ方が変わったと思う。2回目は全て会議室での勉強会だった。今はレクチャーの教室とみんなのマジックショーと会場が2か所に分かれ、内容も濃くなり楽しめる場になった。

 

     すべてを報告しても内容に個性がない為、浜松軍団を中心に報告したい。今回のセミナー(823,24日)参加者は浜松からは3台で師崎まで2時間のドライブだ。港町であるため昼食も楽しみに10時に出発。活魚料理店で1部屋貸し切り、2時間の昼食で始まった。初顔合わせの人も多かったがお酒の入った昼食で皆仲間意識ができたと思う。

 

 さて1日目はレクチャー、ディラーショー、交流会、ビデオによるアンコールを得るためのショー、etcで終わった。ライオンズメンバーは創立1年目。マジックで他のショーを見るのは初めて興味津々であったと思う。またディーラーが売っている手品用品もたくさん買ったようで、使い方が分からず、自分の物に使いこなせるように成るには自分も相当お手伝いしなければと思っている。いつものパターンにはまらないよう協力したい。

 

 2日目は「みんなのマジックショー」。初端は浜松軍団、自分は派手な女装をしなくてはならないし、皆初出演なので待機の状態から面倒を見なくてはならない。てんてこ舞い。身内の発表会であるので私も含めてありのままをだせば良いと思い、時間だけを気にして送り出した。でも皆さんのステージ姿は見られなかったが失敗は少なくやった様だ。1025日の発表会に自信がついたと思う。

 

 

  この中で8月入会の人にもやってもらった。練習1回だけで2種目の演技だ。1人独立で出来るわけでないので練習風景をお見せすることにした。すなわち演技者はロボット、私は脇で声を出して「右手あげ」「顔は会場を見て」「笑顔を作って」etc最初より最後まで掛け合いで終わった。これが観客と演技者が身近になり結構受けた。終わってからでも「新しいやり方だ」「大変面白かった」と好評を得た。瓢箪から駒だ。思ってもみなかった。

 

  私は女装でピンクレディの曲を中心にして中華蒸篭をやりまくった。皆さんあっけにとられていた。他の発表会でやるつもり。もっと研究しなくてはと思っているが、メインは920日飯田でのワールドマジック・アルプスコンベンションにドジョウ掬いでコンテストに出場するつもりである。入賞いや優勝を狙いたい。「練習、練習!」良い結果報告が出来れば――――――――――――――――――。では又

                 馬車馬のNK

Cimg8647

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

合宿セミナー参加者の皆様 お疲れさまでした ②

 23日のタイムスケジュールは終わったが、これからが楽しみのプライベートタイムです。私達女性の大部屋に15~16人集まって、ベテランマジシャン3羽ガラスによるテーブルマジックショーです。何と鮮やかな手つきでしょう。テレビ画面を見ているようだった。其々夜の更けるのも忘れて夢中になっていた。

 翌24日の朝食のレストランのガラス窓からは、天気の良い日は遠くに富士山が見えると書いてあったが、残念ながら曇りで見ることが出来なかった。しかしながら、知多半島突端の小高い位置の建物から見下ろす三河湾は、絶好のロケーションでしばし見とれてしまった。久し振りにリゾート気分満喫!!!

 朝食後、舞台付き大広間に移動したが、、既にマジックショップは人だかりで、販売する彼らは説明もままならないような超多忙な様子であった。参加者のお買い物袋は、傍目にも分かるくらいマジックグッズで膨らんでいた。

 今日のスケジュールでは、参加者によるマジックショーである。会館の音響機器を使用させていただいたが、当初は音源が悪いのか、音響機器の調子が出ないのか或いは操作が不慣れなのか、音の調子が出ないので心配したが、しばらくして解決。ハラハラドキドキ!

参加者其々、 演技が続く。ステージ降りてからも数人はあちらこちらから、今やった演技のあれこれちょっと教えてとせがまれていた。実に微笑ましい風景でマジックを通じた交流の場として良き思い出となれば嬉しい。

 最後はゲストショーであった。やはり、プロマジシャン、マイク太田さんご夫妻のステージは、ショップのグッズをテーマ性も豊かに上手く組み立てて、観客の皆を魅了していた。ご遠方からお越しいただき有難うございました。

 不慣れなための反省点も多々あったが、次会までの宿題として全体的に充実した2日間となった。あっという間に、解散の時間となった。参加者は別れを惜しみながら、来年の再会の約束をしながらバスで帰る人、マイカーで帰る人、其々帰路に就いた。

 参加者の皆さま、2日間本当にお疲れさまでした。来年の合宿セミナーは8月22日(土)23日(日)です。またのご参加をお待ちしています。

 notenotenote 来年、またお会いしましょう notesnotesnotes

        名古屋華マジカルグループ                                                                       大曽根みずほ

Cimg8637

Cimg8639

Cimg8644

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

合宿セミナー参加者の皆様 お疲れさまでした ①

 8月23日(土)24日(日),、名古屋華マジカグループ主催の合宿セミナーがあった。特別ゲストは、新潟からマイク太田さんである。参加者の中から、発表会に使えるような品ぞろいのマジックショップの出店の依頼があったので、新潟マジックサービスさんに依頼したのだ。

 当日は早朝から、大雨の天気模様で参加者の出足が気になったが、出発時間の10時ごろには時々日差しもあり、いよいよ合宿気分全開モード。ゲストは遠方の新潟から来られる。昼前後の時間に到着と聞き、ゲスト到着前に出迎えたいと思い11時ごろ出発した。

 ゲストより一足早く到着して、到来を待った。そして昼食をご一緒し、タイムスケジュールの詳細について打ち合わせをした。マイク太田さんとはアルプスコンベンション他のステージでもご一緒する機会が多く、彼らのショップの雰囲気も熟知していたのでお願いした。

 昼食後は参加者が参集する前に、レクチャー会議室を案内してショップの準備に入っていただいた。レクチャータイムスタートの後は、レクチャー、デーラーショー等手慣れたトークでで進行していった

  レクチャー、ディーラーショーは、ボランティアに使えそうなマジックグッズを中心に興味を引くものが多かった。ショップも初日から翌日解散するまで、人だかりで大変賑わっていた。主催者としては、遠方からお出で頂いた甲斐があったと喜んでいる。

 さて、夜の宴会及は、レストラン一杯に貸切であっという間に過ぎた。鈴木講師の世界の巨匠達を紹介したプロジェクタータイムが素晴らしく感動的であった。世界のマジシャンの紹介に続いて、世界の三大テノール歌手のビデオ紹介があった。

 3代テノール歌手の海外日本公演は一回限りだったそうだ。名古屋ドームでのこけら落としでのバヴァロティ、ドミンゴ、カレーラスの公演には、世界から選りすぐりの演奏者によるオーケストラ編成のバックで歌われた。あまりにも参加希望者が多く抽選で一部の市民しか入場できなかったそうだ。

 残念ながら私も彼ら一人ひとりのステージは、テレビやビデオでしか観たこと聞いたことがない。ビデオ放映によると一曲一曲終わるたびに、拍手拍手の嵐に包まれていた。巨匠たちも満面の笑顔で、熱気あふれる会場の雰囲気の中、度重なる観客総立ちのアンコールに応えていた。

 日本の文化芸術の分野で歴史的な事実として、この語り草は末長く後世に伝えられていくことであろう。ビデオであっても、名古屋ドームの3大巨匠たちの共演による高らかな歌声は心の奥底まで響き渡り、目頭が熱くなるような思いがあった。また合宿セミナーの会場の皆様もその歌声に酔いしれ、いつまでも興奮冷めやらぬ様子だった。

                    大曽根 みずほ

Cimg8629

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

第5回合宿セミナ- いよいよ 24(土 ),25「日)

第5回 マジック合宿セミナー2014 
 
      知多半島でリゾート気分も新たに、沈む夕日を眺めrながらマジシャン同志の交流を深めましょう

  レクチャー&マジックショーそして楽しいディラーショーもあります。 

<特別講師>  マイク太田 

            1991年  新潟マジックグループ 設立 
            1995年  (社)日本奇術協会より師範認定を受ける 
            1996年  国際マジシャン協会に入会 
                マジックショー出演、CM、コンサートなど多方面で活躍中!! 
☆タイムスケジュール (日時 
 
 8月23日 13:50     集合  河和駅 
 
  名鉄河和線  金山駅発12:45⇒河和駅着13:27 (特急) 
   〃 13:00⇒  〃  13:48 (急行)  
   
  14:00~14:30   送迎バス河和駅出発 ホテルへ   
  14:30~15:00   ホテルにて受付 各部屋確認 
  15:00~17:00  レクチャー&ディラーショー(会議室) 
  17:00~18:00  ディラータイム⇒フリータイム 
  18:00~19:30  夕  食 
  19:45~21:30   参加者交流会 (会議室) 
 
 8月24日 
 
   7:30~8:30   朝  食(1F)   
   9:00~11;30  みんなのマジックショー 
   12:00~13:00  昼  食 
   14:00       ホテル送迎バス出発河和駅へ       
 
   河和駅発14:36(急行)→新鵜沼行14:57(特急)→名古屋行 
   河和駅迎えバス (14:00) ホテル送りバス河和駅へ (14:00) 
会     場・・・ホテル ビラ・マリーン 名鉄線河和駅下車 
費    用・・・15000円(一泊三食) 外部の方は会場受付お支払下さい  
持  ち 物・・・シルク(各種サイズ)をご持参ください 
参加 方法・・・詳細については事務局まで御連絡下さい 
問い合わせ・・・事務局 
TEL& FAX  : 052-881-4758 
E  メール  : nagoyakam758@yahoo.co.jp 
 
 
      
主    催 名古屋華マジカルグループ 

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

UGMコンベンション2014

今年もやってきましたUGMコンベンションです。UGMコンベンション2014です。毎年楽しみに参加させていただいています。

今回はちょうどお盆最終日の土日に開催です。なんといっても今回はTVや、東京銀座マジックバー「十二時」でご活躍の喜代野さんのマジックを楽しみに出かけました。

一度、お会いしていましたが今回のように20秒もお話をさせていただくことは初めてです。とても楽しく美しい女性ですがマジック公演時の迫力はスゴイです。圧倒されます。

 

喜代野さんのオオトリでのマジックが、心に触れるマジックでした。

    人は2度死ぬ。
   1度目は亡くなる時
   2度目は忘れられる時

お盆でもあり「日本の心」をマジックを通じて届けていただきました。

 今回も土曜日の昼に始まり、夜はキャバレーショー開催です。

総勢20名以上のマジシャンによるキャバレーショーで、ちょうど日付の変わる頃にお開きになりました。

日曜日は朝7時から夕方6時半頃まで、まさにマジック漬けです。

 

今回はクロースアップマジックが中心でレクチャーもたくさんしていただきました。

  ヨーロッパからアルセーヌ・ルパンさん、アメリカからはアルフォンソさんのレクチャーです。

  韓国では知らない人がいないという超有名マジシャン、イ・ウンギョルさんは、そう、魔術師です。他では見たこともないスーパーパフォーマンスでした。やはりスーパーマジシャンのマジックを見ると本当に刺激になります。

  ちょっと本格的な手順を考えてみようかなーなんて思うようになりました。明日からまた仕事に追われるようになり、なかなか初心貫徹とはいきませんが世界平和のためにボランティアマジック続行していきます。

  今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

                       小澤


Cimg4605

Cimg4620

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

8・9・10月例会スケジュール

 例会スケジュール

  ★8月2日(土)

  午前   特別指導  

  午後   例会  レクチャー

 ★823(土)24(日)

 ① 合宿 セミナー

 (セミナー&マジックショー&交流会)

 知多半島 ビラ・マリーン(宿泊)

 特別講師     マイク太田さん

 ② 事務局

 Eメールnagoyakam758@yahoo.co.jp

 TEL  052-881-4758

 ★9月13日(土)

 午前  特別指導 

 午後  例会  レクチャー

 ★9月27日(土)

 午前  特別指導  

 午後  例会 ふしぎ良さん レクチャ-

      打ち上げ会 メンバーズ三奈

 

 ★10月11日(土)

 午前  特別指導

 午後  例会 レクチャー

 

★10月25日(土)

 浜松ライオンズマジッククラブ 友情出演 手伝い 全員参加

 観光バスで移動 (金山駅集合) 詳細は9月に入ってから

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

CrossRoaDマジック大会 を観て

クロスロードとは学生マジシャンと社会人マジシャンが合同で作り上げるマジックショーらしい。810日練馬文化センターで13名のショーが行われた。名古屋華チームは、元先生、会長、Oさんと横浜から一人私と5名で出席した。期待していた我が名古屋華マジカルグループから出演のOさんは、出演少し前にけがをされ立つことが困難とのことで、発表会で行なわれた映像が流された。

発表会内容は、学生と社会人の格差は歴然としている。学生は創作マジック、社会人は市販品応用マジックである。名古屋大学の発表会を見た時も、学生は全てオリジナル。自分で工夫してまとめる文化がある。これが社会人になるととたん発表スタイルが変わる。生活環境のせいだろうか?。

私の目についたのは、関西奇術連合で優勝した向井君だ。半年しかたっていないのに不思議さの表現、演技の完成度が数段上がっており見違えるほどだった。

会場が湧いたのはリンダの「どうにも止まらない」で女装への変身技を駆使して飽きさせない出し物、終わってからも女性に記念写真を迫られ人気者だった。あやかりたい!

技術的には折り紙の鶴の出現、出没が紙吹雪に手の上で変化するのはFISM級だと思った。

社会人の発表は得だ。着物姿の女性はそれだけで映える。カラフルな演技を惜しみなく次から次へ展開し、お金をかけたONパレードだった。それに比べて男性は50代でテーブルマジックを拡大して映像化しコインマジック、トランプマジックなど地味――――――――――――。

感激して終了後、名古屋華東京出張所長?Mさんのアレンジで亜羅仁(アラジン)マジシャンと食事を挟んでマジック談議。アラジンさんはイリュージョン、大型バードマジック を主としたマジシャンで世界一周豪華客船での出演etcで活躍しているそうだ。

毎回マジック談議になると2時間でも話は終わらない。「8時代の新幹線に乗らなくちゃ」ということ東京に向かった。ドジョウすくいマジックは今では古典演芸で、少し出し物をアレンジしてやってはと伺い安心した。

 Oさんの復帰を願い来年も楽しみたい。

 

   馬車馬のNK

4

| | コメント (0)

2014年8月13日 (水)

クロスロード・マジックショー・参加レポート

 8月10日は、東京クロスロードマジックショーを観てきた。アマチュアマジック全国大会「学生と社会人のコラボレーション」として、毎年楽しみのマジックショーである。名古屋華マジカルグループからは、5人参加して楽しんできた。

 私たちグループの太田さんがメンバーとして出演するはずであった。ところが約一カ月前突然のアクシデントに見舞われて、膝を痛めて歩くこともままならない状態となっている。全治3カ月、泣く泣く辞退せざるを得なくなってしまったのだ。

 彼女は毎月の例会稽古に松本から通っている。マジックに対する情熱には、並々ならぬ努力と心意気に心打たれるものがあった。彼女こそ、その結果とその努力にふさわしいステージに巡り合ってあってほしいと常々考えていた。

 7月27日は、大相撲名古屋場所千秋楽の日であった。名古屋華グループ担当の相撲部屋アトラクションが、ホテルで華々しく開催された。彼女は出演者としてとても楽しみにしていたが、こちらも残念ながら涙をのんで諦めた。

 初めての出会いは、あるコンベンションで彼女がコンテスタントスタントとして出演していた時、私はゲストとして「浮世絵物語」で出演していた。その時に彼女から、「和風マジックの相談に乗ってほしい、指導してほしい」と要望があり、それが最初の出会いであった。

 一週間ほど前から天気予報では、大型台風が上陸し、日本列島縦断のニュースが流れていた。予想通り10日は東海関東直撃となり、新幹線が一時ストップやら遅延が続いた。結果私たちは一時間以上の遅れで、東京駅に到着したため、昼食の時間もなく大会の会場には滑り込みセーフであった。

 会場では関係者が、到着今か今かと気をもんで待っていた。名古屋市からは他の知り合いのマジック関係者も行かれる事になっていたが、見当たらなかった。やはり、たくさんの方々から交通手段がうまくいかずに欠席の旨の連絡が入っていたという。

  大会の「学生と社会人のコラボレーション」の大会は開幕し、其々出演者は晴れ舞台で輝いていた。素晴らしいマジックショーであった。しかし、一部のトリとしての出演予定の太田美恵子さんの姿はなく、休憩時間にDVDで放映された。名古屋華グループ応援部隊として引率リーダーとしては寂しい限りであった。

 出演者の中には社会人として、知人のいわきマジッシャンズクラブの作山さんが出演され、舞台一杯の出し物で華やかなステージであった。社会人の出演者では女性が多く、日本調マジックに艶やかな和服姿が目立った。

 学生たちは殆ど男性のテクニシャンが多く、平服に近い出で立ちでステージ上の華やかさは感じられ無かったが、そこはスピード感あふれるテクニックでカバー。若手の中では、一部のトリで出演されたカードから、折鶴が出現するマジックはとても不思議に思えた。観客からたくさんの拍手を送られていた。

 帰宅したら先ず彼女に報告しようと思った。いつか再びチャレンジッしようと。努力、努力の彼女のこと、今よりもさらに成長した姿を皆様に見ていただきたいと思う。主催者の皆様、思いがけない台風に見舞われる対策、又、アクシデントによる欠場などに、いろいろなご配慮に感謝申し上げます。本当にお疲れさまでした。

  M・O

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

お江戸寄席小屋出場報告

8567日にかけて金山屋外ステージに於いて「お江戸寄席」と称して江戸文化を再現させた。主なものとして獅子舞い、ガマの油売り、江戸独奏曲芸、尺八・琴・三味線の演奏プロの中に入って安来節マジックをやらせてもらった。初日には江戸奇術と題して藤山晃太郎師匠による演技は見ごたえがあった。

観客席はテントを張り50名程度長椅子が設置されていた。それ以外は立見となる。1.5時間のプログラム13回公演であったが、ちんどん屋との呼び込みetcで席は最初より最後まで猛暑にかかわらず満席状態だった。

私の出し物は準備が大変で専属の名古屋華メンバー2人に手伝ってもらい大変助かった。特に水槽の水の準備は大変、バケツ7杯の水をステージ上にあげるのに4人がかりで、今後改良をしなくてはならない。

私の安来節の演技は曲が流れると、三味線とリズム感が通行人を刺激しこれだけで集客力があり、終わるときには2重の人垣ができており、満足して演技できた。私の芸は拍手でなく驚きのどよめきを聞くのが快感だ。これも生き物を扱うマジックと感謝している。

生き物は時としてとんだハプニングが起こる。甘くみたのが大間違い。

内容は、こうだドジョウは家では酸素ポンプなしで1週間ほどは水を変える程度で問題ない。他の生き物は酸素管理が必要なためホテルへ持ち帰り特別待遇だ。1つの入れ物に入っているため生き物密度が高い。夜中3時ごろ預けてあるフロントまで行って様子を伺う。フロントのお姉さんが「金魚シャンは大丈夫ですよ!」とのお返事で安心し何とか3日間1匹の犠牲を払ったが無事乗り越えた。

3日目安心していたドジョウを見に行ったら匂いがおかしい。蓋を開けてびっくり全滅だ。これではステージが成り立たない。すぐ大曾根会長に連絡、私はステージ責任者に事情を話し売ってくれる所を訪ねたが反応なし。名古屋に不慣れな私として思案の末「そうだ昨夜夕食でお世話になった和食店に相談しよう!」金山駅前の店で、昼時の忙しいときであったが、事情を話したら、店主がウナギ卸商「山哲」に相談したあと、すぐ104番で電話番号を調べ、かけてみると大中小あると言う。「奇跡だ!」駅から20分の場所運よく入手できた。

その間、肝っ玉会長は、自転車で近所の魚屋やスーパーを駆け巡って手がかりを探したり、数人のメンバーに電話して何とかならないか相談したり、事務局長も関係した所に電話を掛けたり右往左往されたそうで、大変迷惑をおかけしました。御礼申し上げます。

出演を通してまた多くの事を学びました。また上達したつもりです。感謝、感謝です。また元先生をはじめメンバーに多くの応援を頂きありがとうございました。

打ち上げ式では江戸独奏曲芸の柳家三亀司師匠も加わり総勢10名で盛大?に夕食を楽しみました。いつも宴会気分で1時間以上のマジック談議etc、気分よく浜松まで帰ってきました。名古屋華メンバーの方々に感謝、感謝です。

                 馬車馬のNK

P1030672_2

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

金山アスナルでドジョウすくいのマジックショー

そーれ!そーれ!お祭りだ!!ワッショイ・・・ワッショイということで7月頃から全国的に夏祭りが開催されている。名古屋では、金山アスナルで8月5日~7日の3日間、東別院境内で8月23日~24日の2日間(大道芸・マジックショー等)、にっぽんど真ん中祭りが8月29日~31日の3日間、その他各地域でワッショイ!ワッショイ!のイベントが行われている。暑さが吹き飛ぶぜ~~~~

東別院の大道芸、マジックショー見に行こうかな~と思っていたが同日に名古屋華マジカルグループの合宿セミナーが師崎のビラマリーンで開催されるので残念・・・行かれません。

 名古屋華マジカルグループの会員であるNさんが、8月5日~7日の3日間連続で金山アスナルの夏祭りのイベントに出演依頼されました。

Nさんは、演技指導を受けるため浜松より月2回名古屋華マジカルグループの例会に参加している。マジック狂の馬車馬でかわいい奴である。(こりゃまた!!失礼いたしました)

全ての準備が整い、いよいよNさんの出番です。ドジョウすくい(安来節)の衣装を着てさっそうと出てまいりました。観客は70名以上で、最初は「なーんだ、ドジョウすくいの踊りかよ」と思ったのか会場は静かでしたが、Nさんのドジョウすくい(安来節)2段の仕草(演技)を見て会場がざわめいてきたのであります。その一瞬、ザルの中からドジョウが10匹ほど出てきて会場は「わー!」「わー!」の歓声が響き渡りました。1匹は場外に飛び出してしまいました。元気のいいドジョウでございます。そのドジョウを大きな水槽に入れると「ドジョウだ!!」とともにどよめきが・・・また、またザルの中からドジョウが出てきてこんにちわー!わー!の歓声です。安来節の踊りが続いて、いきなりウナギがザルの中に出現し、そのウナギを手で掴み水槽に入れようとするのですが、その仕草が面白いこと、面白いこと、笑いの渦に巻き込まれました。

「浜松から安来節」と書かれた黒幕を水槽に被せ、3秒ほどで黒幕を取り除くと水槽の中のドジョウとウナギが金魚と鯉に早変わりです。ぎょ・・・ぎょ・・・ぎょでした。

Nさん、良く頑張りました。感服しております。これからも馬車馬のごとく頑張ってください。

 Wより

| | コメント (1)

2014年8月 6日 (水)

多治見市文化会館のマジック教室

 今日は名古屋華MG定例会ですが、私は前々から頼まれていた多治見市民文化会館にてマジック教室です。

 夏休み子どもアートひろばの企画で親子向けのマジック教室の開催です。よくよく考えて、30分単位で定員6名の親子様でマジック講習をすることにしました。途中で参加されても中途半端になると思ったからです。

 開始後、 次から次に皆さん来席いただきました。お昼時間は30分空けていましたが、お昼もやってほしいお客様のために講習を実施しましたので、お昼はジャガイモ1個でしたが、皆さん笑顔で帰っていただきました。

 ありがとうございました。楽しい一日が過ごせました。学校でもできる消しゴムマジックなどもレクチャーさせていただきました。

 この企画、本来は子供向けの音楽発表だったらしいのですが、いつの間にか夏休みイベントで、工作など30ぐらいのいろいろなブースが並ぶようになり、学生さんの科学工作から消防・警察のお仕事紹介みたいなイベントまで幅広く実施するようになったらしいです。

 30分間のレクチャーといっても3点ぐらいしか講習できませんでした。マジック好きな方には物足りなかったかもしれません。

 やはり子供さん向けにはそれなりに簡単でインパクトのあるカードマジックが人気でした。ネタは各自が手作りで実施します。手作りがコンセプトのアート広場ですから・・・はさみ、ノリ、黒マジックを用意させていただき工作をしていただきました。

 皆さん、しっかり練習をしてから披露していただきたいですネー。

               小澤


Cimg4097

Cimg40981

104

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

イタリア側からのアルプスハイキング

7月、山々に雪解けとともに高山植物が一斉に開花します。長い冬をじっと過ごした花々は、黄色、赤、ピンク、ブルー、いろとりどりの花々が山の斜面を覆い尽くします。

 

6

             イタリア側からのモンブラン

 

1いた   

2_2

                                 コケマンテマ

5

4_2

               野生のヤギ

 フランスのシャモニー、スイスのツエルマットなど日本の観光客もいっぱい押し寄せています。

今回は北イタリアのミラノから入りモンテローザの展望地シャンボリュック、マッタホツン、グランドジョラス、モンブランのイタリア側から大展望のチェルビニア、そしてクールマイユールを拠点に10日間、ハイキング三昧の毎日でした。そして主人も一緒でした。

7月11日入梅真っ盛りの日本を飛び立ち、イタリアの第2の都市ミラノへ。 

そこからバスでフランス国境近くまで。

そこは4000m級の山々が聳え夏場でもしっかり滑ることができるスキー場や岩稜の山々と残雪、そして真っ青な氷に覆われた氷河の世界でした。

毎日ダウンジャケットを羽織るほど涼しい世界でした。

7

         マッターホルンの裏モンテデェルビーノ

8

      山小屋のまわりで日光浴の登山者

9

         

 最終日ミラノの街を観光と、観光と、{最後の晩餐}を鑑賞しましたが、それが一番、人並みにもまれ暑さで疲れました。

   やっぱり自然の中を歩くのが一番。     YO 

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

伊勢が濱部屋千秋楽打ち上げ式参加

 暑い名古屋場所も千秋楽を迎えました。結びの一番、横綱対決は大一番になりもう少しのところで日馬富士に土が付いてしまいました。残念でした。

 夕方からは伊勢ケ濱部屋千秋楽打ち上げ式でした。名古屋華MGのマジックショーや横綱日馬富士をまじかに見られるのが本当に楽しみで、時間早くに名古屋クラウンホテルに到着してしまいました。

 千秋楽打ち上げ式に参加できたことを名古屋華MG顧問及び会長に感謝です。

 親方をはじめ後援会長、議員等皆さんの有意義なお話しを拝聴しました。後はお待ちかねの名古屋華MGのマジックショーです。

 ステージ前は多くのお子様がかぶりつき鑑賞です。最初は愛嬌のあるチャップリンからスタートです。「えーーなに」と皆さん乗り出して見ていました。

 続いては大人顔負けのパフォーマンスです。山上兄弟を超える超マジックに「すごい」と拍手いっぱいでした。

 そしてステージは鈴木先生のマジックで佳境に、みずほ会長の演技でクライマックスを迎えたのでした。

 親方も横綱もかなりなマジック通と聞いております。今日はそんな両者をもうならせる名古屋華MGの横綱クラスの演技がまじかに見られて感動です。

 パーティーはさらに盛り上がっていきます。横綱と写真も撮らせていただきましたし、なんとあの大村崑さんにもお会いすることが出来ました。だいぶお年を取られたと思いますが年齢を感じさせない感がありました。

 やはり秘訣があるのでしょうね、お聞きしましたところやはりありました。秘訣は「オロナミンC」だそうです。私も負けずに、秘訣は「マジック」です。と言える日が来るように精進していきたいと思いました。

            小澤


Cimg3968

Cimg3973

Cimg3992

Cimg4019

Cimg4043


| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »