« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

名古屋華グループ ・極上の晩さん会?

  9月27日は、かねてより名古屋華グループが楽しみにしていたゲストプロマジシャンレクチャーの日です。ところが都合により来られなくなって、,急遽常任講師の担当のレクチャーとなった。

 この日はレクチャーの後は、ゲストご招待の打ち上げとなっていたが残念、日頃お世話になっている顧問のbirthday誕生日会birthdayと変更して会員のメンバーズクラブへ行った。

  大半の会員達は参加して、一連のセレモニーは賑やかにbarシャンパンbar抜いての乾杯から始まった。最近マジックショップで買った、習いたてのnoteハッピバースデーミュ-ジックnoteを皆で奏でて日頃の感謝に応え楽しんでいただいた。

  会場は満席状態であったが、karaokeカラオケkaraokeに併せてフロアーでheart04ダンスheart04に興じる者やマジック談義をする者、種々様々。日ごろ見られない素顔の彼らを垣間見ることが出来,嬉しかった。

 テンポもよろしく、雰囲気そのまま2次会の誘いに、10人の参加で日頃お世話になったマジックバーに出向き、マジック談義が続いた。          

 折しも当日は、新入会員も複数あったり、事情があっての休会員も久し振りに来られて、懐かしの交流時間だった。現会員2名のコンテスト入賞1位,2位2名の紹介など教室の雰囲気も喜びに湧いて、会員一同一日中終始高揚感に包まれていた。

 マジックが取り持つご縁に感謝、マジック人生に幸多かれ、

 winebeerbar”マジック人生に乾杯。”barbeerwine

                  (M・O)

Cimg5415

 

 

 

 

| | コメント (3)

2014年9月28日 (日)

インチョンアジア大会でバトミントンでの韓国のアンフェア

韓国のインチョンで行われているアジア大会で、日本は数多くの金メダルを獲得しているが、金メダル候補の男子バトミントンは、韓国の汚いやり方で日本は負けてしまったと22日のNHKテレビが報じていた。

 21日の男子団体準々決勝戦で、第一試合田児賢一対孫完虎戦、日本は第1セットは韓国選手を圧倒したのだが、第2セット以降はエアコンの風に邪魔されてうまく戦えなかったというのだ。

 風は韓国の背後から吹き、韓国選手が打つと風に乗り強くなり、日本が打つと風に妨げられて思うような飛び方をしないのだそうだ。コートチェンジをしても風は韓国の背後から吹いたのだという。そのために日本は負けてしまったのだ。

  別のコートで戦っていた他の国の選手たちも、風が異常でやり難かったと言っているそうだ。これについて韓国選手は同じ条件で戦ったから問題ないと言っているそうだ。

  日本バトミントン協会は、この件について抗議するつもりはないと言っていた。目くじらをたてても仕方がないというのだ。

  しかし、エアコンの風向きや強さを自国に有利にして勝ちを収めるという手段は余りにも姑息であり、スポーツ精神に反する。韓国は対抗意識がとても強く、とにかく勝つことがすべてという傾向がある。

  アンフェアと言えば、ロシアでの冬のオリンピックでは、ロシアがアンフェアなジャッジをして韓国のキム・ヨナ選手が苦杯を喫した事件があった。

  正々堂々と戦うべきスポーツの世界で、未だにこのようなアンフェアが行われるのは残念でならない。2020年の東京オリンピックではこういうことが絶対に起きないように運営をしてもらいたいと思う。

  日本は「おもてなし」だけでなく、試合の運営も非常に公正であったと感謝されるようにしたいものである。

                    H.S

 

| | コメント (1)

2014年9月25日 (木)

第7回アルプスコンベンションで第1位獲得

ブログ:マジック合宿の報告「第5回マジックセミナー2014に参加して」と題して次回は飯田マジックコンテストの出場話題を載せさしてもらった。驚くことなかれ「1位」を獲得となった。

 出場に関してチョットしたアクシデントがあって出場を断ったが、大会の当日今から行けば間に合うと会長に打診した。OKとの事、早速ドジョウ、ウナギを買い求め、3時間のドライブをして飯田中央公民館に到着。

 

種々の迷惑をお詫びし出場の運びになった。名古屋華からは会長のゲストショーとコンテストには同僚のTさんもトライした。ブログアップの如く1位,2位独占、この上ない快挙だった。

 これも元先生の創作性を重視した御指導のおかげと応援に駆け付けてくれた皆様の思いやりのおかげと感謝、感謝です。ありがとうございました。

 

演技内容は完成されたのでなくまだまだ改良しなくてはならないことが多々あり、今後もこの改善の連続と満足せず完成度を上げるべく努力したい。

 

次回目標は1025日、地元で「浜松ライオンズマジッククラブ発表会」と称して、名古屋華の大援助出演に助けられ開催の準備をしている。

 

 この発表会は、マジッククラブをつくって1周年での記念大会だ。常識から考えてわずか1年、それも初心者ばかりの集団。関係者から不安がられている。是非成功したい。いや不安だらけだが成功させる。結果を見てほしい。

  

  こんな生活で、タイトロープの日々だ。皆さんのご援助なしでは成立しません。関係者方々のご援助に感謝する毎日です。

 馬車馬のNK

Photo_2

 

| | コメント (2)

2014年9月21日 (日)

アルプスコンベンションで1位と2位!!

 9月18日,東京板橋文化会館ホールにおいてワールドマジックショー、そして19日は中央道にて飯田に移動して、夕方6:00から賑やかにデナーショーがあった。

 翌20日は、飯田市中央公民館にてアルプスコンベンションが開かれレクチャー、コンテストショー、ガラショー等があった。マジックショップも数店出店あり、参加者は群がっていた。

 私も出演者の一人として新作マジック手袋の色変わりや変面マジック、大きな羽根のセンスによる衣装チエンジ等披露させていただいた。プロマジッシャン達メンバーによるマジックショーは実に素晴らしかった。

 特に台湾からマイク・チャオさんのカードと4つ玉、ジミー菊池さんのイリュージョン、矢口美香さんグループのベリーダンス、ブラボー中谷さんのイリュージョンや軽快なMC、MRアガックさんによるイリュージョン等観客を魅了した。

 マイクチャオさんはコロンビア公演から来られたばかりだった。この後、再びインドやコロンビアや諸外国出演予定と聞いたが彼の演技を見て納得だ。実にカードや四つ玉が静かに流れるように演じられ、彼のセンスとアイデア気品が溢れていた。

 名古屋華マジカルグループからは、コンテスタントが「お椀と玉」「どじょうすくい」と2名度胸試しとして参加した。コンテスタント含めて応援隊など11名参加した。

 何と!!!「どじょうすくい」一位、お椀と玉が2位となって賞金を頂いた。夢のような結果に会場が沸いた。ご両人も、努力の結果が報われて達成感に包まれていた。 おめでとうございます。他の会員の皆さん、来年は皆さんの出番です。

 

                            M・O

| | コメント (2)

2014年9月19日 (金)

松本医師と藤田教授の説の共通点

松本医師の「高血圧は放っておくのが1番」と藤田教授の「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」に書いてあることで共通する部分がある。それは、「ストレスがよくない」ということであり、「ポジチブ思考」が大切だということであり、もう1つは「笑いが大事」ということである。

  松本医師の本には第4章「マイナス思考は万病のもと」に述べられており、藤田教授の本には、「30 医者いらずの妙薬はポジチブ思考と大笑い」というところに書いてある。

  藤田教授「ストレスは免疫細胞や腸内細菌の大敵ですが、ポジチブ思考は免疫力を高めます。とくに笑ったり、楽しいことをしたり、ポジチブに毎日を過ごしていると医者いらずの体になることは、多くの研究により明らかにされています。医者いらずの体になるには、1日1回は大いに笑うことです」(P.137)

  松本医師の方には、「1991年に大阪の吉本演芸場で行われた実験が紹介されている。ガン患者19人に吉本喜劇を3時間見て大笑いしてもらい、その前後でガン細胞を直接攻撃する、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性度を調べた。その結果NK細胞の活性化が認められた。その後の研究でたった5分笑うこと活性化されることが分かった」というのだ。

  藤田教授は「ルイ・パスツール医学研究センター客員研究員である伊丹博士が、ガン患者など8人と正常な人11人に吉本興業の公演を見ておらい、NK細胞の活性を調べています。その結果、活性値は3~4倍も上昇していました。

  ただし、免疫力を向上させるには笑いの質も大事です。副交感神経が優位になる『楽しい笑い』そして『大声で笑う』と効果的です。」と言っている。

  この両方の本に紹介されている実験は、多分同じ実験だろうと推定される。この他にも外国での研究例とか糖尿患者を対象とした実験例などが紹介されている。

  松本医師は笑いが免疫力を高める他に、

 ①脳の海馬の容量が増え、記憶力がアップする。アルファ波が増え、脳がリラックスする。

 ②血行を促進し、新陳代謝が活発になる。30秒笑うと3分間散歩したのと同じ運動効果がある。

 ③自律神経のバランスが整う。

 ④幸福感と沈痛作用がある。それは脳内ホルモンの1種のエンドルフィンが分泌されるからだ。

  藤田教授は、「『大声で笑う』と横隔膜の上下運動と腹圧の増減によって内臓が刺激されます。とくに小腸や大腸の蠕動運動が活発になります。血流が促進され、脳の前頭野という部分に興奮が起こります。それが間脳に伝わり、間脳が活発化し、神経伝達物資であるプロオピオメラノコルチンというたんぱく質をつくり、それが無数の神経ペプチドに分解されます。

  この神経ペプチドは、まるで感情を持っているかのように情報の善し悪しを判断し、その判断によって、自分の性質を変える力を持っています。『楽しく笑う』と、その情報はトーパミンやβエンドルフィンなどの「善玉ペプチド」を生み、血液やリンパ液を通じて全身に流れます。それがNK細胞の表面に付着し、NK細胞の働きを活性化するのです。これを『ペプチドシャワー』と言います」(P. 172)

  免疫力を高める笑いの大切さを説明するのだが、説明がまるきり異なる観点からなされているのが面白い。

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

小牧敬老会でマジック

 今日は全国的に敬老の日です。今の、この日本を支えてきていただいた皆さんに感謝です。そう、私もおじいさんやおばあさんがいなければこの世に誕生してないはずですから。

 世間では認知症のお年寄りからお金を取ったり、詐欺をしたりする輩が毎日ニュースで流されていますが本当に嘆かわしいです。

 地域ぐるみでお年寄りを大切にされ、いろんなところで敬老会や老人会が実施されています。いいことです、人間の情もまだまだ捨てたものではありません。

 そんな中、本日はFBフレンドのTさんのご紹介で小牧敬老会でマジックをさせていただきました。ボランティアでマジック披露していますと、いろんな方からお声がけいただきありがたいことです。

 中部大学教授の講演があるから早めに来て聞いてみては、とのお誘いで講義を拝聴させていただきました。

 やはり、お年寄りで一番怖いのが「転倒」だそうです。転倒で骨折したり、頭を打っ て寝たきりになる場合が多いそうですね。

 防止には日頃の運動が大切だそうです。「バリアフリー」ではなく「バリアアリー」がおすすめだそうです。昔は土間とかがあり、トイレも外にあったりして上り下りが日常的で足腰が健康に保たれたのだそうです。

  

     散歩も平地を漠然と歩くのではなく、傾斜を選んで歩き、運動していると自分に言い聞かせて歩くことがいいのだそうです。ためになりますねー。

  さてさてマジックですが、いつものギャグっぽいマジックではなくて、まじマジックをさせていただきました。

  お年より相手のそこそこマジックではなく、ガッツリマジックのご要望があったからです。

 子ども相手の時とはやはり反応が違って、「へー」とか、「ほー」とか、ホント感心していただけました。

 健康のためにはもっと、笑いのあるマジックが良かったかも入れません。次回は笑い系で頑張りますので、それまで皆さんお元気でお過ごしいただきたいと思います。

 

 

                 小澤

Cimg5199

Cimg5195

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

石田天海50年の歩み  ③

 日本の奇術の位置であるが、当時までは奇術は寄席の一番組か、浅草の小屋掛け程度と娘手踊りと一緒に蔑視の扱いを受けてきた。

 それが、松旭斉天一が浅草文楽座で60日間のロングラン興行に成功してから、劇場進出の道が開かれ名古屋でも格式の高い御園座に奇術の興行として、ついに天一が明治38年帰朝第一回興行はヒノキ舞台の御園歌舞伎座で開催された。

 私の記憶では名古屋きしめんが一丼九厘ほどのところ、天一一座の歌舞伎座公演の入場料が、一等席一円、二等席が七〇銭、三等席五〇銭、特等席(4人入枡)一円二〇銭だったというから見当がつくと思います。

 思えば日本の奇術も明治開化と共に舞台が大転換し、一大飛躍をしたわけである。天一は得意の水芸や鏡抜けの大奇術で満場の目を奪い、一枚看板の天勝はその妖艶な容姿ときびきびした小奇術で、みるものの心を奪った。

                             M・O

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

9.10.11月例会スケジュール

例会スケジュール

   ★9月13日(土)

   午前  会場の都合で特別指導はありません

   午後  例会  レクチャー

  ★9月27日(土)

   午前  特別指導  

   午後  例会 ふしぎ良さん レクチャ-

        打ち上げ会 メンバーズ三奈

  ★10月 4日(土) 休講日

    教室予約の都合上、午後のみとなっていましたが、25日の振り替え

    として休講日とさせていただきます。

  ★10月11日(土)

   午前  特別指導

   午後  例会 レクチャー

   ★ 10月25日(土)

   浜松ライオンズマジッククラブ 友情出演 手伝い 観賞(全会員参加)                         観光バスで移動 (NTT金山ビル前8時出発)詳細は後日ご案内

   ★11月 1日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

  ★11月22日(土)

     午前  特別指導

     午後  例会 レクチャー

| | コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

上飯田福祉会館の夏まつり

  今日は上飯田福祉会館の夏まつりイベントに名古屋華マジカルグループが参加です。

午前中、屋外ではどこでもマジシャンの私がパフォーマンスです。野外ということで出し物が限られたりしますが、炎を使うマジックなどは、やりたい放題です。

 

  昨年は四日市で野外マジックをしていた時は1時間ぐらいやっていましたが、なんと酔っぱらったおじいさんが乱入してきて一時中断になったことがありました。今日はお子様連れが多く、アルコール販売もなかったので安心です。15分限定ということで2ネタぐらいしか出来ませんでしたが、楽しんでいただけました。

 

  午前中に前座での予告マジックをさせていただきましたので、午後からのメインステージは満員のお客様です。

  名古屋華MGの大御所4名による夢のような演技が繰りひろげられました。 もう、このままハリウッドでショーが開催できるようです。というか、福祉会館のステージがそのままハリウッドになったかのような感じでした。

 

  お昼には会長の心づくしのおにぎり&お惣菜で元気百倍です。今度は大御所と一緒に演技をさせていただける日が来るのを夢見ております。

                     小澤

Cimg5014

Cimg5074

Cimg5082

Cimg5087

Cimg5127

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

ホテルの祝賀会でマジックショー

 9月3日Hホテル28F最上階の間にて、長年区政の要職についておられる方の祝賀会のアトラクションにマジックショーをやってほしいと主催者から頼まれていたので行ってきた。

 当日会場へは早めに出掛けたが、既に主催者の方々はいろいろ準備にかかっていた。 御挨拶させていただきびっくり,88歳とは思えないような出で立ちに、日本の高齢者の健在ぶりをまざまざとみせられた。

 以前にも何回か同ホテルで、クリスマス会等のアトラクションに出演依頼を受けたことがある。その時の1回は怪我をして出演することが出来ずに、代役を立てたことがあったが今回は楽しみにして出掛けた。

 やはり、「パーティのアトラクションには、マジックが一番」と嬉しいお言葉でした。マジックがお好きなんでしょうね。セレモニーの最後で花束贈呈にと、私も用意していった。私も含めて7人もの女性たちから、花束の贈呈を受けて満面の笑顔で応えていた。高齢化社会に生きながらも、人生最高に幸せな瞬間ですね。

  そして、マジックショーの時間です。「手袋の色変わり&衣裳チエンジ&仮面マジックショーを演じた。今日は金屏風の前でのマジックショーです。特設ステージも広く作られていてとてもやり易かった。そして、たくさんの拍手を頂き気分も絶好調。

 久し振りにフランス料理のフルコースです。主催者の彼らはとても「ワイン通」でしられているが、今回もヒルトンにワインのお持ち込みを了解いただいたと聞いていた。一流ホテルでも、持ち込みはあるんですね。勿論、持ち込み料のお支払いはばっちり!でしょう。

 日頃アルコールの嗜みはないが、以前に市国際交流委員会クリスマスパーティの折に、イタリア大使がお土産に持参された白ワインがフルーティで香り高くとても美味しかったことが未だに忘れられない。それ以来ワインは美味しい!とワイン通?の仲間入りです。

 ホテルの28階から名古屋市内を眺めながら、美味しいワインやシャンパンに、フルコースのお料理に酔いしれた時間は瞬く間に過ぎて、解散の時間となりました。ほろ酔い気分ながら、きらめく夜の甘ーい夢の世界よりマジックが解けて普段着姿の我に返る。マジックとの出会いと、我がマジック人生に乾杯!

                          M・O

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

石田天海・奇術50年の歩み ②

  ある時、広小路の東の今の7軒町のあたりにあった楽天地に、お化けの見世物小屋がかかった。何でも夏の事で、友達を誘って見物に出かけた。

  覗いてみると石碑に搭婆、破れ提灯の灯がスーと消える。その後、たちまち提灯が骸骨に変わってしまう。あっと息をのむうちに、それが又元の提灯に変化するのだ。

 これが奇術のからくりだとは知らなかった。余り不思議なので、二度三度と見世物小屋に通うようになった。しまいには、どうしてもそのからくりが見破りたくなり、体の小さいことを幸いに前の方からもぐりこんで、とうとうその種を知ってしまった。

  さあ、それからが大変、ミカンの空箱を集めて板硝子をはめ込んだりカンテラをとりつけるやら苦心惨憺の末、小型の見世物小屋が出来上がった。

 幸い姉の「えい」が豊竹の浄瑠璃と西川流の名取りで家に稽古場があり、夜になるとその稽古場に近所の友達を駆り集めた。そして、力作の変化箱の披露に及んだが、友達が目を白黒して驚くのを見て、我ながら悦に入ったものだ。

  この仕掛けは、後述する幻茶屋」というもので、フランスのパリで流行したものがアメリカに渡り、続いて日本にお目見えしたのだった。 当時としては、「世界無比、奇々妙々、不可思議のお化け屋敷]、として人気を集めたものだ。

  その頃、名古屋御園座では地球斎イルマンと称し「ノアの箱舟」の大奇術で、その箱舟の中から人と動物を出す奇術を公開していた。かれは、「切支丹魔法術」の看板を掲げ,耶蘇服を身につけ宣教師イルマンを気取った。

                      M・O

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »