« 石田天海50年の歩み  ③ | トップページ | 松本医師と藤田教授の説の共通点 »

2014年9月16日 (火)

小牧敬老会でマジック

 今日は全国的に敬老の日です。今の、この日本を支えてきていただいた皆さんに感謝です。そう、私もおじいさんやおばあさんがいなければこの世に誕生してないはずですから。

 世間では認知症のお年寄りからお金を取ったり、詐欺をしたりする輩が毎日ニュースで流されていますが本当に嘆かわしいです。

 地域ぐるみでお年寄りを大切にされ、いろんなところで敬老会や老人会が実施されています。いいことです、人間の情もまだまだ捨てたものではありません。

 そんな中、本日はFBフレンドのTさんのご紹介で小牧敬老会でマジックをさせていただきました。ボランティアでマジック披露していますと、いろんな方からお声がけいただきありがたいことです。

 中部大学教授の講演があるから早めに来て聞いてみては、とのお誘いで講義を拝聴させていただきました。

 やはり、お年寄りで一番怖いのが「転倒」だそうです。転倒で骨折したり、頭を打っ て寝たきりになる場合が多いそうですね。

 防止には日頃の運動が大切だそうです。「バリアフリー」ではなく「バリアアリー」がおすすめだそうです。昔は土間とかがあり、トイレも外にあったりして上り下りが日常的で足腰が健康に保たれたのだそうです。

  

     散歩も平地を漠然と歩くのではなく、傾斜を選んで歩き、運動していると自分に言い聞かせて歩くことがいいのだそうです。ためになりますねー。

  さてさてマジックですが、いつものギャグっぽいマジックではなくて、まじマジックをさせていただきました。

  お年より相手のそこそこマジックではなく、ガッツリマジックのご要望があったからです。

 子ども相手の時とはやはり反応が違って、「へー」とか、「ほー」とか、ホント感心していただけました。

 健康のためにはもっと、笑いのあるマジックが良かったかも入れません。次回は笑い系で頑張りますので、それまで皆さんお元気でお過ごしいただきたいと思います。

 

 

                 小澤

Cimg5199

Cimg5195

|

« 石田天海50年の歩み  ③ | トップページ | 松本医師と藤田教授の説の共通点 »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石田天海50年の歩み  ③ | トップページ | 松本医師と藤田教授の説の共通点 »