« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

東京アマチュアマジッシャンズクラブ発表会

 11月26日(日)は東京アマチュアマジシャンズクラブの発表会であった。例年ご案内を頂いているので行ってきた。各クラブの発表会に参加させていただき、マジック界の皆様との交流が、何よりの楽しみである。また、今後の名古屋華亜グループの発表会の為の演出や照明、出し物など間学ぶべきところが多い。我が名古屋華グループ発表会にも、多くのTAMC会員さんがこられるのも光栄に思う。

 特に東京アマチュアマジシャンズクラブといえば、他のマジッククラブの草分け的な存在で、一味も二味も違うその歴史の重みを感じさせるものがある。聞くところによると、クラブ員を構成する組織を一つとっても、男性クラブ員100人余と聞いてている。

 会員さん達は高齢者が多いとか。これは全国的珍しいことではないが、TAMCには角界の著名人が多いことに驚く。メディアに登場しておられる「頭の体操の多湖輝先生」も矍鑠(かくしゃく)と重要なるメンバーとしてその存在が光っていた。

  さて、マジック演目では、ダンスのステップリズムに乗って、若い会員さん達、そして、会長さんの鏡のマジックは、演出が面白かった。私自身もレパートリーに入れているので身近に感じてとても興味深かった。

 演出劇での二人羽織がこれまた面白かった。イリュージョンあり、中国まで行き習ってきた変面あり、笑天マジックも会場の爆笑を誘っていた。例年トリを務めておられたヤマト屋は今年は南京玉すだれの歌い手として、十数人の演技の先導役に変わっていた。90歳を間近に控えて尚、皆さんの注目の的でした。

 今年もマジックが取り持つ縁で、多くのマジシャンの皆様とたくさんの交流があり、今後の舞台に取り入れたい箇所も多く印象に残った。帰路はあれこれ感慨に浸りながら、心豊かな気分で帰路に就いた。主催された関係者の皆さま、お疲れさまでした。

                        ( M・O )

 

| | コメント (1)

2014年10月30日 (木)

第1回浜松東ライオンズマジック発表会を終えて

 名古屋華マジカルグループの皆さんご協力大変ありがとうございました。例会振替へ変更を取って頂き、皆さんの絶大なるご協力を得て盛大に終わることができました。

元先生の熱烈なるご指導の賜物と思っています。感謝!感謝!です。ビデオを見ての感想ですが、マジッククラブ発足1周年記念の第1回の発表会としては風呂敷を広げすぎでしたが満足で自画自賛しています。裏方の協力が予想以上の出来で成り立ったと思いました。

 とはいっても反省点は沢山あったと思います。反省会納会、アンケート、100枚以上集まったと思います。見に来てくださった方々の生のお声もお聞きしながら次回につなげたいと思います。

 大会の共通点としての反省点は10月開催の失敗でした。行楽シーズンと重なって旅行、子供の運動協力、自治会での催物etcがあり300名程度の観客でした。やるなら12月がベストと思いました。

 発表会の内容はプログラムを下記に載せましたが、我々の出演は1/3ぐらいで、他は名古屋華マジカルグループ、浜松奇術連合会の賛助出演で行いました。

 マスコミの報道は新聞、ケーブルテレビがあります。ケーブルテレビで放映されたのはYouTubeに載せるつもりです。是非見てください。

 

 とにかく終わってホッとしています。次回もご協力の程よろしくお願い致します。

 浜松東ライオンズマジック発表会実行委員長

 

 

         中山憲司

 

  タイトル 出演者 会員名
オープンニングセレモニー 浜松東Lマジッククラブ全員 浜松東Lマジッククラブ
実行委員長挨拶 中山憲司  
1部    
1 インザムード 中村より子 YYマジッククラブ
2 ミラクルボール 水谷早智子 名古屋華マジカルグループ
3 カメレオン 武藤勝彦 浜松東Lマジッククラブ
4 チャップリン 伊藤みほ子 名古屋華マジカルグループ
5 マジック教室 大塚永由、杉山淳一,渡橋桂子 浜松東Lマジッククラブ
6 剣の舞 篠沢繁雄、水野ゆかり 名古屋華マジカルグループ
7 かくれんぼ 滝本幸男 浜松マジッククラブ
8 不思議な箱 森脇すみ子 浜松東Lマジッククラブ
9 連理 渡辺将美 名古屋華マジカルグループ
10 不滅 小栗 寛 浜松東Lマジッククラブ
11 人間浮遊 吉田徳雄、西原美保 名古屋華マジカルグループ
12 はなは咲く 大場文彦 浜松手品愛好会
       
2部オープニングセレモニー 安来節保存会 浜松、名古屋安来節保存会
1 ジグザグボックス 佐野 五 浜松奇術会
2 お椀と玉 竹ノ内明子 名古屋華マジカルグループ
3 ムーンリバー 加藤艶子 名古屋華マジカルグループ
4 水の7変化 岩瀬和稔 浜松東Lマジッククラブ
5 魔法の机 小澤博志 名古屋華マジカルグループ
6 リング 池ヶ谷修治 浜松手品愛好会
7 若狭の水 村瀬さち子 名古屋華マジカルグループ
8 おもちゃが? 藤井靖弘 浜松東Lマジッククラブ
9 ハットハート 奥村ケイ 名古屋華マジカルグループ
10 安来節マジック 中山憲司 浜松東Lマジッククラブ
       
3部 特別ゲスト    
  浪曲マジック 加納勝年 名古屋華マジカルグループ
       
閉会の辞 浜松東LC会長:岩瀬和稔  
       
4 おもちゃが? 藤井靖弘 浜松東Lマジッククラブ

 

Photo

Photo_2

| | コメント (2)

2014年10月28日 (火)

第一回発表会浜松東ライオンズマジッククラブ

 10月25日に浜松東ライオンズマジッククラブ第一回発表会があった。私達名古屋華マジカルグループは、友情出演10名、ゲスト出演1名であった。又裏方も7~8名手伝いとして参加した。他にも3グループ参加して楽しい夢を乗せながら観光バスは出発した。

  第1回発表会主催者が名古屋華グループの会員でもあり、設立の段階から話を聞いていたので、今回はお手伝いもあり、会員全員参加とした。例会に準ずるイベントとして、気合いを入れて裏方なども一手に引き受け手伝った。

 当日は晩秋ながら秋晴れの下、金山ダイエー前に7時45分集合してマジック道具や会員達を載せて8:00出発した。車中ではお茶やお菓子も中にはミカンやお漬物などの差し入れ等楽しみながら満席で移動した。

 どじょうすくいグループ一座も6名ほどご一緒された。そして、ビール一箱の差し入れがあった。ここは飲みたい気分はぐっと抑えて、一仕事終えた帰りのバス車中で飲むことにした。

 予定通り10時ごろに到着。出演者は楽屋に直行、その他の皆さんは会場の中の整備に当たった。間もなく場ミリや、立ち位置、ステージの出入りなど、念入りにチェックのリハーサルも始まり、開演直前まで続いた。、

 会場の観客も半数は埋まってきた。そろそろスタートなのに、主催者側に依頼してあった、名古屋華マジカルグループからのお祝いのスタンドの花が見当たらない。私としては、やきもき。

 結局、一部が終了し、休憩後になっても、未だにスタンドの花が見当たらないのに気が付いた。あちこち探し回ったら、ロビーの受付にそのままあったのだ。二部が始まり照明が落ちようとしたその寸前で、ようやくステージの前の花道に飾ることが出来てほっと一息。

 650人ホールの舞台出演としては上々、皆の日頃の稽古がうかがえた。主催の新入会員達も、中々の出来栄えであった。初めての舞台に取り組む彼らのマジックへの姿勢がとても新鮮に感じられた。

 今回の司会者は名古屋華グループと浜松グループ2名で務めた。初めての経験と言っておられたが、滞りなく順調に終えることが出来た。自前の司会者としては、初めてだったが、これも大切な経験として今後の参考に繋がっていくであろう。

 ゲストは名古屋華グループ加納顧問であった。何回見ても聞いてもいいもんだ。名調子で会場を沸かしていた。そんなこんなで、いよいよフィナーレだ。設立一周年第一回発表会は順調に終わり、帰路に着いた。

 帰りのバスの中の皆さんの顔は、皆一仕事を終えて充実した笑顔に変わっていた。お待ちかねのビール飲む人、お茶を飲む人等、ワイワイガヤガヤのバス旅行であった。

 本日はバスガイドさんはいなかったが、少しでも雰囲気が盛り上がればと思い、バス旅行のガイドさんの物真似よろしく、往復マイク片手に担当させていただいた。ようやく金山駅に着いた。運転手さん、参加された皆さん、お疲れさまでした。

                         (M・O)

 

 

| | コメント (2)

2014年10月27日 (月)

極上の晩さん会の報告

 先日、手品屋さんのコンベンション及びディナーショーに参加しておりました。マジック大国スペインからすっごいマジシャンが来るとなれば行かないわけにはいきません。キコ・パスツールさんとロマン・ガルシアさんです。2人は実の兄弟だそうです、本当に同じDNAを受け継いでいるのかと思うほど似ていません。

 マジックも違ったスタイルで、でもそれぞれにステキです。スペインマジックの素晴らしさはどちらもしっかり受け継いでいるようで、感動です。迷わず作品集DVDを買いました。まあ本当にお見事ですね。作品レベルが違います。

 コンベンションには、今をときめくKiLaさんもトークで出演されていました。改めて、かっこいいですね。背も高いですが、それ以上にプロ意識がとても高い人で、そら売れるわって感じです。爪の垢を煎じて飲みたいと思ったら、爪がまたピカピカで垢ひとつなくスキがない感じでした。

 KiLaさんの何がすごいかって、テクニックもですが場のコントロール、特に観客のコントロールが絶妙です。コンベンション後の空き時間に、我々若手?のマジシャンにも気軽に相談に応じていただきました。

 どんな相手でもきっちり自分のペースに持ち込んでしまう。その技術においてKiLaさんは日本一でしょう。

 さて、本番のディナーショーですが、今回はスペインの人たちを招いたという事で、コース料理はスペインをモチーフにした料理です。

 ステージはオープニングが将魔さんのイルージョンに始まりました。次の出演はロマンガルシアさんのビリヤードボール手順です。口から出てきたりカラーチェンジしたりシンプルながらも小粋な技でした。

 龍生さんと桂川さんは和のマジックです。桂川さんのカード以外のステージは大変貴重でした。

 キッコロパスツールさんはフローティングリンキングです。思わず見とれてしまいました。
トリは桂川さんのオリジナル作品のピアノアクトで。全員スタンディングオーベイションでした。

 とても夢のような一日でした。

                     小澤

 

 

Cimg6332

Cimg6350

Cimg6370

| | コメント (1)

2014年10月24日 (金)

石田天海 奇術50年の歩み ④

 明治42年甲種合格出兵役となった。この軍隊生活の中でただ一つ忘れがたい思い出がある。それは明治大帝に奇術をご覧にいれた事である。全く唐突な話ではあるが、入隊2年目に明治天皇が名古屋の離宮にお出でになり、その時に儀仗兵として任務に就いた。

 ある日、上官の命令で陛下の旅情をお慰めの趣旨で、何か芸を天覧に備えよとのことだった。今日の時代と違って天子様を見ると目がつぶれると言われた時代だから、命令を聞いただけで体が細かく震えるあり様だった。

 「上等兵一等卒石田貞次郎、只今より手品を始めるであります」最敬礼をして始めたはいいが、無我夢中のうちに終わってしまった。後で、陪席の上官に尋ねると「なかなかの出来栄えだった」と聞いてようやく我に返り冷や汗が引いた。

  ご覧に入れたものは、白紙を剣先型にたたみ、これに火を点じて焼き、一抹の焼け残り空吹流しのテープを数条繰り出す手法である。陛下の御前でなかったら、ちょっと胸を張って「燃え残りましたる白紙、小手のうちにてより上げ、よって貴方へ投ずる時は、美濃は養老山、暫時白糸の滝」見得を切るところである。

 ここまでは良いが、あとは見よう見真似の悲しさで、今思い出しても背中がゾーとして冷たくなる。向こうに投げた白糸を手繰り寄せたのを、素早く丼の中に入れ、上から水を注ぐ。と、たちまち名古屋名物きしめんと早変わり、これを陛下の御前で、臆面もなく箸でつまみ上げて、ツルツルと食べてご覧に入れたのは、まったくの蛇足で失笑物であった。

 

                         (M.O)

| | コメント (1)

2014年10月21日 (火)

春日井まつりに出演

  18日(土)19日(日)は全国的に秋晴れのいいお天気の週末です。全国的に秋まつりが開催されています。

 

この週末は、春日井市でも春日井まつりが実施されています。17日(金)は第38回春日井まつり前夜祭として南こうせつコンサートでした。会場内は年配の方々で超満員です。コンサート最後では皆さん総立ちで合唱ですじじばばパワーおそるべし、あの頃は良かったなー・・・・青春時代がよみがえってきます

 そして18日(土)は、第38回春日井まつりでマジックパフォーマンスです。19日(日)は、あのDAIKIがマジックショーをやるというので、かぶらないように18日にマジックパフォーマンスをしました

 市役所庁舎内1階ステージです。画像を見て頂ければ分かりますが、すごい人です

 約20分間という短いショータイムではありましたが、子供さんに「すごい」と言ってもらえて、とても嬉しかったです

    小澤

Cimg6286

Cimg6301

| | コメント (1)

2014年10月19日 (日)

ロンドン在住の友人との再会を喜ぶ

 ロンドンから主人の高校時代の同級生夫婦が、久し振りに帰国され昼食を共にした。彼らは渡航してから50年、三年に一回はご実家のある故郷名古屋に帰国している。

 友人の彼は親の代から洋服の仕立て屋さんでした。高校卒業後の夢多き若かりし青年は、英国紳士といえばトップファッションの代名詞でもある憧れの本場ロンドンへ武者修行のため渡航されたのだった。

 縁あって元名古屋市長本山さんご夫妻の仲人で結婚され、その後大志を抱き、二人で異国の地イギリスロンドンに渡り居を構えて、洋服仕立一本で永久ビザを取得して現在に至った。

 ロンドンではブレザー一着の御仕立代250000円は、高くも安くもない業界の相場と聞いたことがある。さすが本場、日本では信じがたい値段ですが、彼らはそれだけの修行の中、磨きをかけた腕と技術に誇りを持ってその需要に応えて現在があるのです。

 以前に現皇太子がロンドンへ留学しておられたときに、スーツを仕立ててお召しになっていただいたと聞いたことがある。又、地元ロンドンや日本の一流企業のトップクラスの経営者の方々のご注文が多かったと聞いていた。

 日本から多くの友人知人の子弟が海外留学生としてロンドンへ。異国での戸惑いの中、我が子のようにお世話し、一役を担って多くの親御さんたちから感謝されている。我が家の長女も学生時代の留学時、就職してからの企業内留学や仕事上の出張など、彼らには大変お世話になっている。大切な友人でもあるが、大恩人でもある。

  70代半ばにして年金生活の中、いつ頃永住帰国されるのかと前から気になっていたので、現在の心境をお聞きした。「住めば都」とはいいますが、彼ら二人の息子さん達が東京で就職しておられるのに、やはり地域に溶け込んだ今の生活がベスト、ロンドン永住の決意だった。

 当時、若い二人が相当の決意の下とはいえ、異国の地で生計を立て、軌道に乗るまでは、言語一つ挙げても大変なご苦労があったと思われる。当時はロンドン在住日本人会の代表もしておられたようだ。リタイアして久しいが、帰国してお会いする度に、ヨーロッパのセンスが身に着いた身のこなしや話しぶりについ見入ってしまう。

 以前にロンドンのお宅を訪問した時には、庭に大きなリンゴの木が2本と梨の木があったのを思い出す。彼らのお人柄でしょうか、多くの現地の友人に囲まれてとても幸せな生活を送っていおられるそうだ。

 会話の中の日本語がとても丁寧で、そのお人柄に品位を感じさせるお二人である。「誇り高き日本人として、異国の地で今尚凛と輝いている、その生き様から人々を魅了するのでしょうか」二人で力を合わせて苦難を乗り越えられた素敵な友人のご紹介でした。

 

                     大曽根 みずほ

| | コメント (1)

2014年10月17日 (金)

DAIKIショー

 私事ですが、ベトナムへ6日間行っていました。帰国まじかに台風が来日との事でひやひやでしたが、ナントか台風より先に帰国できました。

  帰国後即、春日井が誇る世界のイルージョニストDAIKIのショーです。台風来襲にかかわらず会場はすごい人です。帰りはたぶんJRもストっプするようですが、そんなの関係ない人ばかりです。

  春日井市民会館へ一歩、足を踏み入れた瞬間、異空間が広がっていました。パフォーマンスラボさん達のクラウンショーがあちこちで開催されていて来場者を飽きさせない演出です。

  そしてDAIKIのオープニングアクトには皆さんが皆さん驚きと歓声です。四角い箱が出てきて中をあらためたかと思うと、箱からカーテンがステージいっぱいに広がったその瞬間、ステージにはヘリコプターと共にDAIKIが出現しました。

 その後も次々とイルージョンの数々です。

 こんな大掛かりなショーはいままで見た事がありません。空中浮遊、人体入れ替え等、素晴らしいの一言です。

                小澤

Cimg6212

1038_2

1038

| | コメント (1)

2014年10月14日 (火)

中部奇術連合会主催ワンデーコンベンション見聞録

 10月12日(日)小牧市民会館に於いて第11回ワンデーコンベンションが開かれた。超大型台風襲来を予想しながらも大勢の参加者があった。プログラムは1.ディーラーショー、2.コンテスト、3.ゲストショーと3つ大きなイベントがあった。

 

  ディーラーショーは22店の出店があり、こんな沢山な出店は私には経験がなかった。各ディーラーの熱の入れ方がつたわる。毎年新作が要求され生き残りの大変さが伝わってきた。でも買いたい物は見当たらず、蜘蛛の糸¥5000だったが必要な為無理をした。

 参考までにコンテスト1位は大阪府の山本洋史氏、2位は東洋大学の杉本公宏氏、3位は大阪市の岩根祐樹氏、特別賞は韓国のコン・インソン君。中学生と紹介された他に引けを取らない演技だった。このままずっと延長線で勉強してもらいたい。世界を相手にする人材と思っている。頑張れ!

  ゲストショーとしてブラック嶋田、幸条スガヤ、キタノ大地、サオリ、ユーホ・シンの5人が出場された。ユーホ・シンはFISMグランプリを取っただけあって完璧な演技だった。この賞で世界を駆け巡り、今回のコンテストでもこのコピーの連続に見えた。その為か感動は薄れた。 サオリさんの2本の「ダンシング剣」は彼女独自の演技で見応えがあった。

 

 今回一般の未経験者と一緒に参加させてもらったが、初めての人は感動して帰った。見る人によってはすごく感激する内容である。しかし8割はマジック関係の人ばかりと思われた。

 

 私は静岡県民で大道芸を毎年見に行っている。4日間で150万人集まる。静岡市のイベントになっており11月は市民も待っている。奇術祭も少しは参考にならないだろうか?名古屋はマジック発展の歴史がある。中部奇連の発展を望む。

 

                               馬車馬のNK

| | コメント (1)

2014年10月12日 (日)

高田小トワイライトスクールでマジック

 8日の午後、名古屋華マジカルグループとして、高田小学校トワイライトスクールに手品を見せに行った。演じるものの準備は家で済ませて行ったのだが、コピーを頼むものがあったので早めに出かけた。

   用意して行ったのは面白いパズル手品だったが、事前に加工が必要なものであった。材料は担当の先生にも手伝ってもらって用意した。見る子どもは予期に反して1年生と2年生が22人であった。3年生以上がいなかったのでパズルは難しいかもしれないと思った。

   子どもが参加する手品や他の人がやってないだろうという手品を選んで持って行った。子どもが早く揃ったので10分ほど早く始めた。ロープ手品2種類、シルク手品2種類、カード手品3種類、その他の手品を3種類やった。

   子ども参加の手品は、馬が選ぶカード、5人が選んだカードを当てる、私の通りにやってごらん(プラッシーの遊び)であった。

   5人のカードを全部当てたのでとても不思議がっていた。また、馬が選ぶカードはユーモアがあって喜んでいた。

   プラッシーの遊びは2人にやってもらったが、そこまでで30分以上使ってしまったので、まだやりたそうだったがやめにした。

   パズル手品の工作はPIT糊が人数分あったので助かった。1年生には上手に貼れない子もいたが助けてもらって何とか準備ができた。パズルはもっと大きい子を予想して持って行ったのだが1年生でもできた子がいた。

   1年生の中に落ち着きのない男の子が2人いたがその他はしっかり見てくれたのでよかった。

               H.S

Cimg9006

| | コメント (1)

2014年10月11日 (土)

嬉しいニュース日本人三氏のノーベル物理学賞受賞

私が最初にLED電球を買ったのは6年ぐらい前だったと思うが、電球一個が2500円ほどした。それでも試に買った覚えがある。今では我が家の照明もLEDに変わりつつある。

  受賞理由は、「明るく省エネルギーな白色光を可能にした効率的な青色発光ダイオードの発明」である。

  中村教授は「LEDを照明に使うと、電力消費量が5分の1になるので、非常な省エネになる。寿命が半永久だから、地球温暖化防止に非常に貢献すると思います」と話している。

  スエーデンの王立科学アカデミーは、「人類に最大の恩恵をもたらした発明」と讃えた。それはノーベルの遺言にぴったりのものであったということだ。

 天野教授はまだ51歳、中村教授は「歳をとった」と言っておられたがまだ60歳である。この対象になった研究の成果をあげたのは20年以上若かったときだ。赤崎教授は85歳で受賞されたが、長生きをされてまだ現役で本当に良かったと思う。

 中村教授は、「LEDの消費エネルギーはまだ効率が50%なのでできるだけ100%に近づけるよう研究している」と言っておられた。地球と人類のためにも期待をしている。

  日本人として、今年もノーベル賞受賞者があったことを心から嬉しく思う。願わくばノーベル平和賞も受賞したいものである。

                                       H.S

| | コメント (1)

2014年10月 9日 (木)

古いパソコンの処理に適切なアドバイスを頂いた

 先日、「古いパソコンの処分」について書いたところ、それを読んで下さった方からご指摘を受け、パソコンの処理について丁寧に説明がしてあるホームページを紹介して下さった。それで今後の参考のためにホームぺージアドレスを記載しておく。

http://www.pc3r.jp/home/index.html

 私のVISTA搭載のパソコンはご指摘の通り処理費用を買ったときに前払いで納めてある。九十九の買い取りセンターに持って行ったときそのことを教えてくれた。九十九電機で買ったので本社に連絡をして証明書を送ってもらいそれを添付して郵便局に持っていけばよいということであった。

 家に帰ってからネットで調べたら、送料向こう持ちで引き取ってくれるところが幾つかあったので、スキャナーなどと共にそちらに送ることにしたのであった。パソコンはリカバリーをしたばかりで大事なファイルはないのでいいだろうと思ったのだ。

 前払いした処理代は4000円か5000円だったと思うが結果的には九十九電機の儲けとなってしまった。

 今使っている2台のパソコンは当然処理代を支払ってあるので今度処分するときには郵便局に持って行こうと思う。

 ※他県の全く知らない方からの有難いメール

 ららさんのブログを毎朝楽しみに拝見しております。さて、先日廃棄されたパソコンについて気になったのでメールを送らせていただきます。 

 私がXPからセブンに買い替えた時、XPはリサイクル法の前に買っていたのでリサイクル料金を添えて協会か?メーカー?に送ったように思います。その時、近くの店で個人情報は有料で消去してもらってから送りました。軽トラで回ってくる業者より安心できると思ったからです。

 ビスタの場合は、リサイクル料は前払いしているので、ただで引き取ってもらえると思いますが、本当はどうなんでしょうか?リサイクル料を取っていながら、販売店は売りっぱなしになっているのではないかと危惧しました。

| | コメント (1)

2014年10月 6日 (月)

大病院は紹介状がないと受け付けてくれないとは知らず

 持病の鼠径ヘルニアが少しずつ悪化し、昨日の朝膨らんだところを触ったら、グルグル大きな音がした。もし、腹膜が破れて外に出てきて腹膜炎にでもなったら大変だと思った。

 急遽病院に行くことに決めた。鼠径ヘルニアの手術は8年前に八事第2日赤でやった貰ったのだが、5年ぐらいたって少し膨らみ始めた。そして2年前に左側も手術をして貰ったとき、医者に聞いたら、しばらく様子を見ましょうということで、悪くなったらいつでも来てくださいと言った。

  八事日赤や市大病院や聖霊病院のような大病院では、紹介状がないと診察を受けられないことになっていたが、以前は厳密ではなく、その病院で手術をしたようなときは再診扱いでやってくれた。

 今回もそれで診てもらえると思って第2日赤の相談窓口へ行ったら、「今年の4月から厳格になり紹介状がないと診ることができません」と言った。担当者のアドバイスでかかりつけの医者から紹介状をファクスで送ってもらえたらそれでもよいということであった。

  早速かかりつけのH医院に電話をし、日赤の人にも頼んでもらったが、1年以上かかってないので紹介状は出せないと言われた。困っていたら男性の職員が「この病院の向かいに内科医院があるからそこへ行って書いてもらったら」とアドバイスしてくれた。

  確かにその方が早いし、紹介状は保険が効くから安いというので近くの内科医院へ行った。紹介状は診察も含めて540円であった。もし、紹介状がなければ5400円の初診料を払わなければならないのだ。

  1時間ほどかかったが10時ごろに終わった。第2日赤に戻って初診の受付をした。八事日赤の初診締め切りの11時には十分間に合った。

  待合室にはものすごくたくさんの人が座っていて、予約の人が次々に来るので何時診てもらえるかサッパリわからなかった。そのうちに係りの女性が来て「12時ぐらいになります」と言った。

  仕方がないので待っていたが、12時になっても表示板には一向に私の番号が出なかった。それで下の売店に行って水を買って戻って来たら、やっと番号が出ていた。

 結局診察を受けれたのは12時40分ごろになった。待つのにストレスがだいぶたまった感じであった。待合室にはまだたくさんの人がいた。紹介状が必要だと厳しくなっても患者は少なくならないようであった。見ると殆どは高齢者であった。

  結論をいうと、大病院で診てもらうには医者の紹介状が必須だということで、急いでいる時は、どこの医者でもよいから診てもらって、紹介状を書いてもらえばよいのだ。なお、急患はこの限りではなく、救急外来で受け付けるそうである。

 肝心の鼠径ヘルニアは、寝転んだ時には引っ込むのでまだ大丈夫だということで、来週鼠径ヘルニアの専門の医者に診てもらうことになった。

              H.S

| | コメント (1)

2014年10月 4日 (土)

「花子とアン」が終わって寂しき秋となりにけり

 毎朝楽しみに見て来たNHKの朝の連続小説「花子とアン」がついに終わった。退職後は連続テレビ小説を毎朝見るのを楽しみにしてきたが、これまで見て来た中で「ゲゲゲの女房」も面白かったが、「花子とアン」はそれよりもよかった。視聴率がいつも22.5%前後あったのもうなずけるものであった。

  吉高百合子の花子は、容貌といい演技といい村岡花子にぴったりであった。夫役を務めた鈴木亮平もよい人柄と雰囲気を出していた。

  花子の両親や祖父を演じた人たち、花子の学校の先生たちなどもよかった。連子を演じて人気が出た仲間由紀恵やその主人を演じて人気が出た俳優も味があった。

  振り返ってみると、中園ミホの脚本が非常に巧みに構成されていた。テンポが速いし、大事なところをピックアップして視聴者が引き込まれるように作ってあった。戦争の時代もこれまでの連続小説とは異なった視点から描いており、戦争について考えさせるものになっていた。

   私が「赤毛のアン」を知ったのは映画が最初であったと思うのだが定かではない。私の教室にも学級文庫に児童向けの「赤毛のアン」を置いた。

  10年ぐらい前にカナダ人の知人を訪ねてノーヴァスコーシアへ行ったとき、その人の家がプリンスエドワード島を望む海岸にあった。プリンスエドワード島は扁平な島でまるで水平線のように見えていた。

  私はアンの緑の切妻屋根の家を見たいと思い知人に案内してもらった。広い芝生や木々や花がいっっぱいのとても素敵な所にああった。そこを訪ねたのはとてもよい思いでとなっている。毎朝タイトル画面に出てくる切妻屋根の家を見て思い出していた。

   ドラマは村岡花子の伝記ではなく、創作部分が多いのは分かっていたが、それでも実際の村岡花子もこんな人であったのだろうと思って見ていた。

  これからは吉高の花子が見られないと思うと淋しくてならない。

                              H.S

 

Cimg0334
Cimg0323


Cimg0338


Cimg0354


Cimg0341


Cimg0030

                  プリンスエドワード島を遠望する

| | コメント (1)

2014年10月 2日 (木)

ハッピーバースデイ合奏メロデーにのって

   

  本日の名古屋華マジカルグループ例会後はいつもお世話になっています顧問の御誕生日会です。皆さん酒豪ぞろいでびっくりです。ビールお酒、ちょっと飲みすぎました。

 

  いつもお世話になっています顧問には、なかなかお礼のしようがありませんが、せめてもの会員の気持ちで開催されました。

 お誕生日会の始まりは大相撲秋場所TV観戦で盛り上がりました。顧問の乾杯の後は、皆さんでハッピーバースデイのマジカルなしゃもじ演奏でお祝いです。さらにお花贈呈式あり、バースデイケーキの○○本のローソク消しイベントがあり、さらにシャンパンの乾杯があり絶好調の盛り上がりです。

 

 次々とカラオケデュエットが演奏され益々の盛り上がりです。会長の生カラオケも聞くことが出来ました。

 その後、会場はダンスホールへと変化していきました。社交ダンスで育った優雅人が多いのですネ。いつもマジックでお客様を魅了する会員とは別の笑顔がいっぱいでした。

 企画していただいた事務局及び会場提供の三奈さんには感謝感謝です。

 

                                              小澤

         

Cimg5437

| | コメント (1)

2014年10月 1日 (水)

名古屋華・ 秋の宴

920日例会終了後、名古屋華マジカルグループは、特別レクチャーの打ち上げ会となっていたが都合により中止となったので,急遽K顧問に日頃大変お世話になっているので感謝として誕生日会を行った。

貢献度は細かくは語らないが列挙したら限がない。その為皆さん都合のつく方大勢栄町でメンバーでもある「三奈」スナックのママさんの所で盛大にお祝いした。20名以上だったと思う。

 

 ここはママの手作り料理が自慢で、ポケットマネーの金額で貸し切り状態、店いっぱい座るところがないくらいだった。

 

 

  あっという間の3時間の宴席であったがサプライズとしてマジック「おしゃもじバイオリン」を皆でハピーバースデイ曲を協奏して祝った。いつも聞かれない方のカラオケが出たり、ダンスShowなど大変だった。

 

K顧問とS講師といえば、何といっても去年御園座でのマジックShow。御園座オープン以マジックShowとしては画期的なものだった。おかげで2013年、年間マジック貢献賞を奇術協会から表彰された。名誉な事だ。

 

今は御園座の再築中だが4年後オープンするらしい。日本のラスベガスとして常時マジックショーをやってもらいたいものだ。そんなこんなで賑わったが2次会も誘われたが、遠方の為参加できず残念だった。来年はラスベガス旅行の計画もあり、マジックに関する夢は果てしない。

 

                                    馬車馬のNK

Cimg5371

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »